Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

18070501
やっとマンガが一段落ついたのでゲームでもやるかということでデトロイトビカムヒューマンを買った。
すごい表現力だ。差別の問題や移民の問題をアンドロイドを通して扱っている。
少しずつやろう。

邪竜の翼の反省会を少しやろう。
このマンガのクライマックスは次の2つのページをめくる瞬間。




これはPS2ゲームのICOにおける「橋の切れ目を飛び越えて城に戻る瞬間」に該当する。
つまり、主人公の行動の目的が「自分の生存のため」から「ヒロインの解放のため」に切り替わる箇所で、これ以降の主人公の行動は詩の領域に入る。天使的存在になるのだ。

私が感じる面白さの核心のひとつに「正解のない行動の選択」がある。
よく引き合いに出すのが海外ドラマの「24」で、例えば多数の人質を助けるためには犯人の要求に従って上司を射殺しないといけないみたいなシチュエーションが描かれる。
そういう感じで、主人公は自分のために竜を捕まえるのか竜のために自分が犠牲になるのかの選択に直面しているのであり、ページをめくるまでは主人公が何を選ぶのかがわからない。

今回うまくいった点。
* 敵対者による加害がくっきりしていてわかりやすい
* 主人公に制限時間が課せられていて、読者に基本的な「気になる引っ掛かり」を与えることができた
* いつもより倍くらい長い。この長さだと丁度映画一本分くらいになるんじゃないかと思う。
* 2〜3か月と制作期間がいつもに比べてこれも倍くらい長かったけどしぶとく取り組んで完成させることができた。
* いつもはヒロインだけが救いを求めるポジションだったけど今回は主人公も寂しさという問題を抱えててヒロインに救われた。
* 敵対者が主人公たちの上位存在になっていた。

うまくいかなかった点。
* 竜の翼をつけるとその力を得て死にかけだったのが生き返る、という布石が不足していた。


次回に活かすなら?
今回みたいに加害を明確にできると良い。
主人公も救われる側面があると良い。別に成長しなくて良いので。


まあしばらくはゲームやったり旅行の準備したりかな。マンガ描くにしても1ページ単位のやつかな。艦これネタが浮かべば描きたいが。
| マンガについての考えごと | 23:54 | - | - | permalink |
18070401
表紙できた。





これで完成かな。
3ヶ月位かかったか。

日付変わったら各投稿サイトにUPするとして、サイトに合わせたサムネ作ったりするか。アップして気持ちが落ち着いたら反省会して経験値を回収しよう。
| マンガについての考えごと | 22:38 | - | - | permalink |
18070301
色つけもできたぞ!
表紙無しならもうpixivなりに投稿しちゃっていいんだけど一応この規模の短編には表紙を付けたい。

表紙の構想。
普通に考えればマンガの絵柄や登場キャラが分かるようにするのがいいんだけど、別に金をもらって描いてるわけじゃないんだからそんなありふれた方針無視しても構わない。
好きに構想する。

今回のマンガ、一応、「邪竜」と呼ばれている恐ろしげなものが実は小さな女の子(の竜人)に過ぎなかったというのが驚きポイントとして設計されているので、表紙もその仕掛けに貢献できるようにしたい。
なので、いかにも恐ろしげな邪竜が描かれ、「このマンガは悪の邪竜を倒して平和をもたらすお話なんだろうな」とミスリードさせられる表紙だったら良い。

いかにも恐ろしげで倒すべき存在であることを予感させる工夫というと…?
そういう内容の有名な名画があればその構図をパクれるんだけどなんかあったかな。うちにはあんまり画集はないんだけど探してみるか…
| マンガについての考えごと | 00:20 | - | - | permalink |
18070201
マンガの作業は順調。

息抜きにはワールドオブウォーシップを遊んでいる。

軍用艦が気に入ったんだけどシューティングツクール的なシンプルなシューティングゲームで船をモチーフにしたのはどうだろうかと考えついた。

上からの視点で上スクロールの2Dシューティング。
前方への攻撃は機銃で、威力が弱い。
側面には扇形のレンジに主砲が撃てて、これは高威力。ボタン押しっぱなしでチャージ→レンジ内の敵をロックオン→発射、かな。
真横には魚雷が撃てて、これはロックオンしなくてグラディウスのボム的に射つ。真っすぐ進み弾速が遅いが高威力。

敵を自機の横で捉えることが重要であるようなゲーム性。

まあでも、作らないだろうな。構想だけメモ。
| マンガについての考えごと | 01:03 | - | - | permalink |
18062101
しばらく取り組んでいる創作マンガ、とりあえず下描きは一通りできたのでスキャンしてサイトにアップした。

邪竜の翼

ペン入れと彩色したものを順次入れ替えていく予定。
とりあえずこういう作業中のものでもアップしておくと本データ(紙・スキャンしたデジタル)のバックアップになるし、万一完成前に私が死んでも最低限の形のものはネット上に存在すると。こういうふうにラフを上げていって順次完成度高いものと入れ替えていくという作業の進め方が好きなのだ。ツイッターやpixivで告知するのは完成してから。

艦これマンガがしばらく順調に描けていたし反応も悪くなかったんだけどやはり自分のマンガの本筋はこういう創作短編としたい。
なぜなら、この形が物語の構造が成立するミニマムなものだからだ。
艦これのマンガやガチャ巫女さんシリーズみたいに単発で描くものはマンガであってもストーリー構造がない。しかし私の作りたいものの関心の中心は構造である。

とにかく順次ペン入れだな。表紙はまだノータッチで、本文で53ページもある。
| マンガについての考えごと | 23:09 | - | - | permalink |
18062001
もう二十日か!

5月頭から下描きに入ってた創作マンガ、やっと一通り下描きができた。
数えてみたら50ページ前後あるみたい。いつもの倍だな。
下書きした紙を紛失したら嫌なので一旦ペン入れ前にスキャンしておきたい。明日だな。
後半になるにつれてエネルギー消費を減らすためにどんどんセリフを減らしてシーンも削った。可能な限り省略すると。

---

余談なんだけど最近鎌倉仏教の法然についての本を読んでて、自分も新宗教立ち上げたくなった。

# 教えの要旨

ひとは皆等しく死後に救済される。
「善行を積めば救われる」とか「念仏を唱えれば救われる」とかみたいに条件をつけない。
if (true) { saved(); }
こういう感じ。

救われるということを知るだけでよいし、知らなくても救われる。
それだけ知ればあとは別に深まる教えはない。
で、たしか踊り念仏の時宗が「阿弥陀様に救ってもらえるんだから感謝を踊りで表現しよう」という教えだったと習った気がするんだけど、そんな感じで、余力があれば現世で困ってるひとを助けようねというのを主要な活動とする。

布教は禁止で、教えはWebサイトや冊子にまとめておいて、興味を持ったひとが調べれば見られるという以上のことをしてはいけない。宗教の勧誘ほどうざったいものはないので。
教えの全容を書いてもA4一枚にまとまる程度の簡単な教えとする。

そんな感じ。現実世界で宗教興すことはないだろうからマンガに使えないかな。

| マンガについての考えごと | 00:57 | - | - | permalink |
18060901
創作マンガの下書きがちっとも終わらないのは艦これマンガにうつつを抜かしているせいもあるが普通にページ数が多い!
私の短編マンガは体感では24ページが標準の長さなんだけどどうも今回はページがもっとある(数えてない)。

ま、のんびりやろう。下描きに入ってから一ヶ月以上経ったけど投げ出さずまだ作業してるし。艦これマンガももう30ページを過ぎて好調だし。艦これマンガを描きながら余力で創作の作業を進めると。
| マンガについての考えごと | 18:00 | - | - | permalink |
18052701
メモ。
ゴジラ対艦隊これくしょん。
今描いてる創作マンガが完成してまだ艦これモードが脳に残ってて艦これストーリーマンガが描きたくなった場合のための着想の種。

あらすじ。
日本近海でゴジラが出現する。
艦娘たちに対処させるのがいいだろうという上の決定があり、主人公提督の鎮守府がひっぱり出される。
作戦を立ててゴジラと戦う。
最初の戦いでは勝負がつかないが、艦娘たちに変化が表れる。艦娘たちがゴジラとの間に絆を感じ始める。
戦いを通して艦娘たちとゴジラとが太平洋戦争で散っていった人々の魂を癒す方向に一致していく。

最終的にゴジラと艦むすたちとは集団としてひとつの存在となり…どうする? 日本を滅ぼす? おとなしく海に帰っていく? 何らかの外面的行動として表現したいが。いい結末が思いつくかな。
| マンガについての考えごと | 13:22 | - | - | permalink |
18052501
艦隊これくしょんに思いの外深入りし、艦これマンガは20ページ以上描けたんだけど創作マンガの作業がさっぱり進んでいない。

もう21ページも描いたんだから一旦スタートダッシュは中断して、しばらくは創作マンガの方の作業にパワーを入れたい。
そっちが描き終われば艦これやろうがダクソリマスターやろうが自由なんだしね。

ただ、艦これは、いつもの私のゲームへのスタンスとは変えて、継続的にコミットしていけたらいいなとは感じる。
二次創作文化が盛んなジャンルなので意外な出会いや発展に繋がりそうな気がするので。
艦これ始めてから一ヶ月くらいしか経ってないけど既にふたつのリアルイベントに出て延べ4人の艦これ絵師さんともリアルで会った。ひとが集まるジャンルは活動した際の反響が大きいように感じる。

艦これが不思議なのは、グラブルやFGOのように読ませるシナリオがあるわけでもないのに物語性を感じることだ。これは多分に二次創作文化に拠っている。もし二次創作に触れないでゲームとしてだけ艦これに接していたらすぐ飽きて辞めていただろう。
なので艦これ同人文化黎明期にそれを作り上げていった同人絵描きさんたちこそ想像力に優れていたのだろうと思う。

とにかく一次創作!
| マンガについての考えごと | 00:56 | - | - | permalink |
18051201
脳への浸透力が低いだろうと思って息抜きに始めたはずの艦これが浸透力が非常に強く、平日は艦これマンガばかり描いてしまった。
艦隊これくしょんのマンガ

推しは今のところいなづまちゃんになっています。

土日は創作の作業を進めるぞ!

描くべきオリジナル創作のアイデアを持っている状態でゲームの二次創作を描いてる現状が一番心安らかなのかもしれない。二次創作だけずっと描いてると「でもこれ自分の作品じゃないしな」「オリジナルを考えるべきだ」という思いが強くなっていくので。

でもせっかく創作マンガに取り掛かっているのに二次創作に意識がとられてるせいでオリジナルのクオリティがなおざりになったら本末転倒だ。
ヒロインが登場するところまで下書きが進めばモチベーションが上がるはず。

とにかく作業!
| マンガについての考えごと | 06:50 | - | - | permalink |
2/147PAGES | << >> |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES