Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

19061203
ぎゃああ

やはり短いスパンで1ページずつ描けるマンガフォーマットが欲しい。今日のようにちょっと時間があるぜ、短編のネタはまだまだ構想中だぜ、でもなんか描きたいぜ、というときに描けるフォーマットがほしい。
最近このテーマで考えたときにどこまで考えたんだっけ。
宿命的に仲の悪い一対のキャラを出して仲の良い様子を描く。
別の角度から攻めよう。
今のようにとにかく1枚描きたいときに描けるエターナルな感じのフォーマット。
今のような気分のときに常に脳に去来する心象風景とか無いだろうか。
いちおうポエムーンというシリーズがこの目的で最もゆるい汎用的フォーマットなんだけどあのフォーマットだとキャラ性がなくなる。
いやしかしこのテーマでいつも考え進めると最終的にポエムーンに行き着くんだよね。

あー

伝統芸能のようなものが参考になるのではないか。
夫婦漫才…
面白いネタを披露しようという共通の目的を持つ二人がおり、描くたびに取り上げるネタだけが変わる。うーん。

私の目的:
なんか一枚描きたいというときにスムーズに描けるようなネタが思いつけるようなフォーマット。
ナンパな動機としては自分の投影キャラと自分好みのヒロインとの仲の良い様子を描きたい。
しかし1ページマンガの核であるネタの部分は必ずしもヒロインの好感度を上げるような内容でなくて良いというかそういうもののほうが少ない。
仲の良い様子が描かれ、しかし特にヒネリやネタが無いアイデアの場合、1ページ漫画にするのに値しないと感じる。

ということは矛盾した目的を抱いたまま考えているから前進しないんだな。
* ポエムーンのような固定キャラのないフォーマットで満足せずにちゃんと作ったキャラにしたいのは、仲の良い様子を描きたいから
* 1ページ漫画ではヒネリやネタが必要なので仲の良い様子が描かれるとは限らない
* 仲の良い様子が描かれつつ且つヒネリやネタのあるマンガをサラサラ描けるフォーマットが欲しい

両方合わせればいいのか。「仲の良い固定キャラ」「ヒネリやネタの作りやすい設定」。

ふたりの固定キャラがいて、仲がよい。仲が良いからこそ協力したり阿吽の呼吸があったりする。その協力の方向がヒネリやネタ。つまり彼らはやはりコメディアン、漫才師なのでは。
この路線で考え事するとかならず「夫婦漫才」というワードが出る。でもそれを描いたことはない。やってみるべきなのはこれかな。

既存の有名作品でぱっと思いつくのは『聖☆おにいさん』で、あれも二人の人物が主人公でギャグ漫画。でも実は中身読んだこと無いな。

超常的な存在?
普通にコメディアンや漫才師のようなテイで描くとその業界の職業マンガのニュアンスになってしまう。ひょっこりひょうたん島みたいに抽象的な設定だといい。
天使と悪魔とか魔法と勇者とかの作り物存在が良い。
いや、やっぱりスタンドアップコメディのテイがいいのか。それだとこれは舞台上の芸を模したマンガだとすぐに通じるのか。


最近の話題でネタになりそうなもの。
* タピオカミルクティブーム
* タピオカミルクティを胸の上に置いてハンズフリーで飲む所業
* 香港のデモ
* 働く言葉


これをたとえば、ステージ上にいる二人の芸人という体で扱うなら、
「最近タピオカミルクティがブームですね」
「私もよく飲みますよ」
あたりのやり取りが導入になる。
漫才は会話主体でマンガには絵的な面白さがあったほうがよくそのギャップが気になるがまあ今はいいや。

やっぱりこの路線で考えていくとより柔軟に運用できる汎用フォーマットであるポエムーンがいいじゃんとなるな。
| マンガについての考えごと | 18:51 | - | - | permalink |
19061202
アイデア練り。

冒険者ギルド体制を叩き潰さねばならないという状況を作る。
ストーリー開始時点で多くの自殺者が出てるんだからすでに問題なのでは?

もっとわかりやすく出来ないか。
ドラクエ1だったらローラ姫がさらわれているので救出に行く。
冒険者ギルドに何かしら奪われたものがあり、具体的にそれを取り戻す?
冒険者ギルドには抑圧のための巨大な暴力装置があり、怨念怪獣がそれを打倒する?これだとわかりやすい。
たとえば冒険者ギルド私設軍隊があり、冒険者ギルドの意向に沿わないものは軍事力で抑圧する。すると怪獣ではなくゾンビのほうがいいかもしれない。ゾンビの軍団が私設軍隊を蹴散らす。いや、そうすると殺人になってしまうか。
冒険者ギルドアイデアは就活業界を風刺しようとしている。
現実の就活業界のなんらかの特徴を抽出してマンガ的な「解決すべき具体的な問題」を作り出したい。

---

散歩してきた。

着想。
* ヒロインが怨霊の依代になって怪獣になってしまう? 怪獣問題を解決しないとヒロインを救出できない
* 冒険者ギルドの親玉が市長選に立候補しており、当選した暁には冒険者ギルドを通さずに結成されたパーティを違法化しようとしている?
* 転職エージェントに相当するパーティ結成エージェントがおり、これを通さないとパーティを組んではいけないというルールがある?
* 冒険者ギルドの親玉がすでにこの街の市長になっていて冒険者に様々な規制を課している?


怪獣を解決するのではなく怪獣によって解決するべき。
するとヒロインが怪獣に取り込まれてしまうというのはそぐわない。
冒険者ギルドによる抑圧が行き過ぎて怪獣レベルの暴力になっていると考えるべき。
冒険者ギルド癒着システムによる抑圧をどう描くのかを考えるべき。そこに打倒すべき具体的な武力がいるといい。
冒険者ギルドの親玉がその都市の市長をやっていて私設軍隊を持っていて、その秘密兵器がメカゴジラ。こうかな。

一旦区切り。
| マンガのアイデア | 14:38 | - | - | permalink |
19061201
スケブで好きな絵柄のプロの絵師さんに自分のキャラを描くのを依頼したいと思ってグズグズしている間にお目当ての絵師さんの依頼枠が停止になってしまって非常に悔しい思いをした。

アイデアを考えよう。

着想。
怨念が怪獣になって冒険者ギルドをぶっ壊すとして、この怪獣はヒロインが召喚するのではなく自然に発生するのでどうか。
この怪獣を「解決すべき問題」として、主人公とヒロインはこの問題解決に取り組む。

怪獣が現れて街を破壊する。どうやって解決する?

最初に怪獣が出てきて、その原因を探るうちに冒険者ギルドの癒着が原因だとわかってくる?

怪獣を解決する案
* 怨念が正体だから聖なる力的なもので浄化する
* 別の怪獣なり巨人なりを呼び出して戦わせる
* 眠らせる
* 封印する
* 街が壊されるのはしょうがないので住民を避難させる
* 怨霊を小さくする

作者としては冒険者ギルドとその癒着システムは破壊して欲しい。
主人公やヒロインも同じことを思うんじゃないだろうか。
すると、怪獣を倒す方向ではなく存分にやれという方向になる。
ただ、ひとが死ぬと困るので避難させる必要がある。
するとヒロインの能力は危険察知能力?

作品全体を怪獣モノとするか、クライマックスの部分だけ怪獣出すか。

怪獣モノというジャンルに魅力を感じる。
でも怪獣モノのラストっていつもどうなるっけ?
* 初代ゴジラ: オキシジェンデストロイヤーで芹沢博士ごと死ぬ
* モスラ: モスラたちを怒らせていた愚行を人間がやめる
* ラドン: たしか阿蘇山の巣に帰ってるところで出入り口の穴を塞いじゃうとかじゃなかったかな
* キングコング: 近代兵器に倒される
* ゴジラVSシリーズ: ゴジラが敵怪獣を倒す

人間の愚行を戒める。モスラタイプか?
その場合、就活業界にたとえられる冒険者ギルドがなんらかの神的存在を冒涜するというシーンが必要。すると焦点がずれてくるな。そういう余計な要素を入れなくても就活業界はそのままで非難に値する。だから犠牲者たちの怨念ということでいい気がする。
怨念を糧にする怪獣がいて、巨大な怨念に引かれてやってくる?

自然に対する冒涜なのではなく人間社会に対する冒涜だと言うべき。だからモスラとちょっとちがう。
いわば人間の中に怒らせてはいけない怪獣がいた、というべき。
やはり怨念、復讐…
ゴジラ英霊説というのがあったな。太平洋戦争で亡くなっていった人々の怨念がゴジラを動かしている。
ゴジラ就職挫折者怨念説のようなもの。
するとゴジラが東京を破壊するように、冒険者ギルド癒着体には象徴的な建物なりオブジェクトなりがあり、それを壊す。
すると怨念を餌としてやってくる怪獣というのだと違う感じだな。それだとシステムの破壊が目的ではなく副産物になる。
怨念により動く巨神兵? マッドサイエンティストが「人間の強い感情」で動く巨大兵器を作ったがそれを動かすだけの膨大な感情エネルギーを見出しかねていた。そこに、挫折冒険者たちの怨念の渦巻く街を発見し、この怨念がエネルギーに使えるとわかる。怨念により動き出す兵器はその制御も怨念によって行われる。

冒険者ギルドを崩壊させることで問題が解決するとしてはどうか。
冒険者ギルドのやり口がエスカレートし、抑圧感をさらに強める。現状維持自体が破滅に向かうことになり、これを打倒せねば未来がないという状況に追い込まれる。どうやって冒険者ギルド体制を打ち砕けばいいだろうか。怪獣だ!という流れ。
すると冒険者ギルドの行き過ぎたやり口を考えないといけない。
政界進出?
冒険者ギルドが人々を支配する世界?ディストピア的な。

冒険者ギルド打倒で解決する問題。うーん。

一旦区切ろう。今日は有給で休みなのだ。
| マンガについての考えごと | 09:53 | - | - | permalink |
19061002
冒険者ギルドの着想をもう少し練る。
ヒロインは怨霊使い。
主人公がヒロインに優しくする様子が具体的に脳内映像になってくればモチベーションがかなり高まるはず。

ヒロインは抑圧された状態で始まり、主人公が出会うことで救われる、というのが良い。
ヒロインは就活(パーティー加入)に躓く。就活スタイルにマッチしない自分を無理やりその枠に入れようとしている。被抑圧。
ヒロインは作中で成長する。ここでいう成長は「本来の自分になる」こと。
怨霊使いになるのでインドアで暗い感じのキャラが良いと思う。霊感が強い。不思議ちゃん?

価値の選択の要素を入れたい。主人公は価値を選択する。すると本作のヒロイン以外にパーティを組む候補がいて、そっちのほうが目に見えるメリットがあるんだけど、しかしヒロインを選んでパーティを組む、というのがいい? しかし現在の構想では主人公はヒロインと出会ってその場でパーティ組む流れ。最初に冒険者ギルドを蹴るシーンが有り、これが「仕組まれた就活市場を拒む」という選択になる?


最近はダクソ2ばかりやっていてアイデア練りも片手間になっている。今日はここまで。
| マンガのアイデア | 00:55 | - | - | permalink |
19061001
冒険者ギルドのアイデアに追加が思い浮かんだのでメモ。

ヒロインの魔法使いが冒険を重ねてレベルが上っていくと、適性が幽霊や怨念を扱う方向であることがわかってくる。
その方向の上級職に転職する。
冒険者ギルドの街には強い怨念が渦巻いていることに気づく。
主人公とヒロインの共通の友人がおり、その人物が冒険者になろうとしたがパーティー応募に挫折して自殺未遂を起こす。
ヒロインは怒り、街の溜まりに溜まった怨念を実体化させる。
怨念は怪獣となり、冒険者ギルド一帯を破壊し尽くす。
冒険者ギルド体制は崩壊する。


---
抑圧から救われた存在が最強になるの法則でヒロインにパワーをもたせる。
抑圧体制は被抑圧者の復讐を受ける。
人間の愚かさに罰を与えるのは怪獣がふさわしい。
もしくはゾンビが蘇ってきて、というのでもいいかも。すると挫折した冒険者たちのための墓地がある。
| マンガのアイデア | 07:11 | - | - | permalink |
19060903
就活業界をを冒険者ギルドに例える着想もモチベーションがいまいち刺激されない。
まだ具体的なアイデアに入っていく段階ではなくて概要的なことを考える段階なのかもしれないな。

『邪竜の翼』のときはアニメ『ダーリンインザフランキス』に刺激を受け、モチベーションが刺激された。

「こういうのを描くべき」みたいに理屈から攻めて考えたネタはモチベーション面で不足が起きがち。
でもいいんだな。いろいろ考えてみてモチベーションの刺激されるものが思いつくまで試せばいい。
途中で没になっていった着想はそれ以降の着想のヒントや素材になるので無駄にならない。


考えたいポイントのメモ:
* 自分にとっての楽しさを探す
* お話のフォーマットを定めるジャンルを見出す
| マンガについての考えごと | 00:48 | - | - | permalink |
就活冒険者ギルドのプロット
冒険者ギルドの着想もモチベーション刺激度イマイチなのでストックにしておく。

# コンセプト
* 就職活動をRPGのパーティ編成に例える
* 就活業界を風刺する
* 冒険者ギルドをリクルートやマイナビに例える
* リクルートスーツをビキニアーマーに例える
* 冒険者ギルドとビキニアーマー屋とパーティ応募講座とは癒着している
* 初級冒険者はパーティに入りにくい。即戦力が求められる風潮を表現

# プロット
* 主人公の冒険者が巨大な冒険者ギルドのある街にやってくる
* パーティを組もうと仲介を依頼するが、胡散臭い契約をさせられそうになってやめる
* 街の様子を観察すると、冒険者ギルドとビキニアーマー屋とパーティ応募対策講座とが癒着しているらしい
* 自殺しようとしている初級女性冒険者に出会い、止める
* 話を聞き初級冒険者がパーティに参加できない現状を知る
* ふたりでパーティ組むようになる
* その後、冒険者ギルドを中心とした癒着が冒険者コミュニティの破壊を狙ったものであることが暴かれ、黒幕を倒す


---
追記

ヒロインの魔法使いが冒険を重ねてレベルが上っていくと、適性が幽霊や怨念を扱う方向であることがわかってくる。
その方向の上級職に転職する。
冒険者ギルドの街には強い怨念が渦巻いていることに気づく。
主人公とヒロインの共通の友人がおり、その人物が冒険者になろうとしたがパーティー応募に挫折して自殺未遂を起こす。
ヒロインは怒り、街の溜まりに溜まった怨念を実体化させる。
怨念は怪獣となり、冒険者ギルド一帯を破壊し尽くす。
冒険者ギルド体制は崩壊する。


---
抑圧から救われた存在が最強になるの法則でヒロインにパワーをもたせる。
抑圧体制は被抑圧者の復讐を受ける。
人間の愚かさに罰を与えるのは怪獣がふさわしい。
もしくはゾンビが蘇ってきて、というのでもいいかも。すると挫折した冒険者たちのための墓地がある。
| プロットストック | 00:35 | - | - | permalink |
アンチ・アインランディアンのプロット
没にしたのでプロットストックに突っ込んでおく。

# コンセプト
* 映画『スプリット』をヒントに
* アンチ・アインランディアン思想
* ヒーローとは超能力のことではなく行動原理のことであるという主張
* ヒーローズアンドヴィランズのエピソードとして作る

# キャラクター
* 超越主義者: ヒーローとは超能力を持った超人のことという思想を持つ
* パワーイーター: 超能力をエネルギーとして食ってしまう。コズミックな存在
* 被害者女性: 超越主義者による儀式的犯罪の被害者
* リスナーズのメンツ

# プロット
* リスナーズがハラペコ迷子を保護する。「ごちそうが待ってるからお腹を空かせておくの」といっている。
* 超越主義者女性を誘拐する。これは超人としての覚醒を目的とした儀式犯罪。
* ナカヨシが誘拐女性のSOSを探知する。
* 超越主義者(未覚醒)対リスナーズ。
* 超越主義者が覚醒し、超人となる。時空を超越する能力。
* 覚醒した超越主義者は非常に強く、リスナーズでは勝てない。
* ハラペコ迷子が前に出て、パワーイーターとしての本性を現す。覚醒能力を食うために超越主義者と対決。
* リスナーズは二人の戦いをよそに被害女性の救出に取り組む
* パワーイーターが勝利して超越主義者の超能力を食う。満足して宇宙に去っていく。
* 超越主義者は捕らえられるが、何度でも超越し続けてやると前向き。

# 課題
* リスナーズの役割が乏しい
* ヒーローとは行動原理のことだ、というメッセージが構造にいまいち組込まれてない
* 能力ではなく行動を取るという選択の場面が欲しい
| プロットストック | 23:09 | - | - | permalink |
19060902
アイデア練り。
今朝湧いた着想を吟味する。
この着想の懸念点はやはり動機が攻撃から始まっていること。就活業界やリクルートやマイナビを風刺しようとしている。そうではなく苦しむ就活生の方に注目の焦点を合わせたい。

抑圧するものと抑圧されるものとはセットなので風刺が入る分には問題ないというか必要にはなる。

就活ヒロインに焦点を当てて考える。

冒険者ギルド近くで開いている就活講座に出席して勉強したところ、「パーティ募集主はメンバーの健康や身体能力をチェックしたいため、応募者は女性であれば ビキニアーマーを着用するのがマナーです」と言われ、ビキニアーマーを着ている
ビキニアーマーは冒険者ギルド近くの店で買った。
彼女自身のジョブは… 魔法使い? 現実世界に置き換えると就活スーツなんて着たことないしスーツで仕事するような職種でもないというのがいい。

あまりにも採用されないので鬱になっている。原因は?
ビキニアーマーで見栄えがしないから、というのだと違う気がする。そうではなく現実世界での現象と対応させたい。
応募者が多い? 例えばFF14ではDPSだとシャキりにくく、タンクだとシャキりやすい。
RPGでいうと初級職と上級職があり、上級職が採用されやすい。しかし上級職になるためには冒険して経験を積んでレベルを上げねばならない。パーティに参加できなければ経験が積めない。この辺は新卒でベテラン並みの能力を求めるという余裕のない企業の新卒採用の風刺になるな。
この世界ではジョブにランクがあって上位になるごとに特化が進む。初級ジョブは「戦士系」「魔法系」のふたつしかないので他人との差別化も出来ない。

あっ 髪の毛の色とか肌の色とかどうだろう。ボツ案ではヒロインが犠牲者に選ばれる条件案に髪の毛の色というのがあった。

考えるべき課題。
* 主人公が当初やろうとしているミッションはなにか。初級魔道士のヒロインの協力があれば達成可能な程度のミッション。
* 冒険者ギルド癒着体制をどうやって崩壊に導くか。

主人公の当初のミッション。メンツが二人、もしくは自分と性別の異なる人物の協力が必要?
女性しか入れない修道院になにか届けに/取りに行く? そんなもん訪問して適当に取次お願いすればいいか。
二人同時に操作しないと作動しないギミックのあるダンジョンに取り組む?


最後には冒険者ギルドを崩壊させる?
それとも「社会はこうだけど俺達は無力だよね」と諦める感じのラスト?

魔王的な存在が新人冒険者から冒険の経験を積む機会を奪い、自殺させるためにこの体制を作った?だったら崩壊させようという話になるし。つまりドラクエ的なわかりやすい黒幕を設置するということ。
…いや、なんかしっくりこないな。
悪意をもって作られたシステムだから破壊するというオチに関してはそれでよい。
魔王的な存在がいるというのだとなんかしっくりこない。

一旦区切るか。
| マンガについての考えごと | 16:23 | - | - | permalink |
19060901
アイデアが湧いたのでメモ。

# 仮題「冒険者ギルド」
## コンセプト
* 就職活動をファンタジーRPGにおけるパーティ募集に置き換える
* 冒険者ギルドを就活業界に置き換える

## 内容
* 主人公は流浪の冒険者(僧侶かサムライあたりになりそう)
* 世界最大の冒険者ギルドのある都市に来る
* ちょっと用事ができ、パーティを組む必要が出て、冒険者ギルド「陸路」で
 パーティ募集を依頼することにする
* パーティ募集申込用紙を窓口に提出し、「こんなに高額なのか、ま、必要経費だしょうがない」
 という額の手数料を支払う
* 窓口のひとが「ギルドに事前選考を依頼する」の箇所のチェックが抜けてますよと言われる
* 主人公はそれは不要なのでと言うが窓口はこれに同意してもらわないとパーティ募集を
 受けることは出来ないという
* 主人公は手数料を自分の懐に戻し、窓口を去る
* 主人公は冒険者ギルドに不信感をいだき、調査することにする
* この都市で世界最大なのは冒険者ギルドの規模だけではないと気づく
 * ビキニアーマー専門店の数、規模
 * 棺桶屋の数、規模
 * 冒険者の自殺者の数
 * 冒険パーティーに採用されるためのノウハウ講座の数
* 主人公がビキニアーマー専門店・棺桶屋・ノウハウ講座にそれぞれ適当に顔を出すと、
 冒険者ギルドの窓口のひとと同じ顔の人が常にいる。
 名前を聞くと四つ子らしい。
* 主人公は今まさに自殺しようとしている冒険者見習いに遭遇する(本作のヒロインの想定)
* 話を聞くと、何度パーティー募集に応募しても採用されず、自分はこの世界に不要な存在なのだと言う
* 主人公がちょうどパーティを組みたかったので彼女を勧誘してパーティを組む
* 主人公の当初の目的自体は通常の内容(荷物のお届けとか)なので、彼女と組んでの仕事はすぐ終わる
* 主人公には追加の任務の構想があり、冒険者ギルド及び各種業界との癒着を暴いて
 このくだらない仕組みを潰すべきだと思っている
* なんらかの手法で癒着を暴き、冒険者ギルドを崩壊させる(具体的な方法は未定、要アイデア)

| マンガのアイデア | 08:24 | - | - | permalink |
2/443PAGES | << >> |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES