Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 詠春拳体験レッスンを受けてきた | main | 20101702 >>
2020101701
雑記。

マイブームが格闘技で、見てるよりは自分がやりたいという欲求が強いらしい。
どうせやるなら詠春拳がいいよなあ… でも習える場所が遠いし…
ということでこのマイブームは自然収束していくだけかなと思っていた。

なんだけど、惰性でYou Tubeで格闘技動画をいくつか見て心境が変わってきた。
異種格闘技戦は面白い。詠春拳の使い手が他の格闘技の格闘家と戦う動画をいくつか見た。
そこで気づいたのは、異種格闘技戦では詠春拳はあんまり強くないということだ。

というよりひととひととが普通に戦おうという場合、スタイルがひとつに集約していく。ボクシング、キックボクシングや総合格闘技の構えになる。つまり相手に対して半身になって両手で自然にガードを固める構え。
詠春拳の異種格闘技動画を見て感じたのは、フットワークの違いだ。詠春拳の通常の構えだと相手に対して正面を向けて脚を内股にして立つ姿勢になる。相手の攻撃を待つ構えになり、フットワークで細かく相手との距離や位置取りを調節するということをしない。
ボクシングスタイルの、つまりごく自然な格闘の構えだとフットワークで彼我の位置関係を調整するのは普通のこととして自然にできる。

異種格闘技の他の動画も見てみる。空手、カポエイラ、カンフー、合気道…
どれも共通しているのは、異種格闘技の世界(総合格闘技の世界)に来ると、ルーツがどの格闘技であってもみんな構えも技も同じレパートリーに収束していくということだ。ボクシングの構え。パンチとキックで戦う。キックボクシングの動きのレパートリーと同じものだと思う。
で、その戦い方は私が中学の頃に同級生相手に格闘ごっこをしていた時と同じ系統だ。実際私は当時、「この戦い方は普遍的なものだな」と感じた。

詠春拳とかカポエイラとか(どちらもレッスンに一度だけ行ったことがある)、キックボクシングのスタイルから遠ざかるに従って戦闘技術としての普遍性から離れるんじゃないか。

で、だったら人間の普遍的な戦闘スタイル=キックボクシングでいいじゃんというふうに心境が変わってきた。詠春拳などの特定の推し拳法にこだわらず。
ボクシング、キックボクシング、総合格闘技、空手は教室の数がかなり多いので通いやすい。

ということで近所にそれらの体験ができるところはないかなと検索したところ、なんとアパートから徒歩五分くらいのところにあった。総合格闘技。一応サイトにはキックボクシングもできると書いてある。
そこで早速さっき練習に参加させてもらった。
ところが土曜日は柔術のクラスらしく、私が興味のある立ち技の技術は全くやらなかった。総合格闘技のグラウンドの技術=マウントポジションやディフェンスポジションでの攻防のみをやった。
真面目に取り組みはしたしかなり勉強にもなったけど組技や寝技には関心が殆どないのでその点は残念だった。
足も少しひねって軽く捻挫してしまった。

しかし、道場はとてもいい雰囲気で、こども相手の教室も兼ねているためこどもの参加者もおり、いいところだった。敷居の低さを感じた。
キックボクシングのレッスンは水曜日の夜だということなので捻挫が治った上でまだ興味が持続していたら行ってみよう。この近さなら何なら週イチで通ってもいいかも知れない。相変わらずやりたいのはパンチやキックへの防御。

しかし疲れた…

---

詠春拳に惹かれたのはディフェンシブなところだ。暴力性が低く感じられ、柔らかく感じられ、防御に優れている。
じゃあボクシングやキックボクシングでいいのか?と最初は感じたんだけど、これも動画をいくつか見て考え方が変わった。
格闘技自体にそういうニュアンスがあるわけではない。使い手がどう使うのかによる。

例えばモハメド・アリなんかは防御に優れたボクサーの代表なのだそうだ。
詠春拳でも、映画『グランドマスター』ではかなり攻撃的な技術として描かれていた(ので私は好きではない)。

つまり、ボクシングやキックボクシングや総合格闘技や詠春拳や八極拳が攻撃的/防御的なのではない。
防御的で柔らかい技術が好きなら、どんな格闘技であれ自分のスタイルを防御的で柔軟な方向に寄せればいいのだ。だからこれは何なら格ゲーやFPSにすら適用可能な考え方なのかも知れない。
で、さらに言えば、私は頭では防御的で柔かいスタイルが好きだと思っているが実際にやってみて見えてくる自分に適したスタイルはまた違ったものであるかも知れない。モハメドアリなどのボクサーも実践を通して自分のスタイルを見つけていったはずだ。
実際に自分でやらなければわからないけど逆に言えばやってみれば判るかも知れない。ここにはかなり興味がある。

まあなんにせよ捻挫が治るまで運動は控えよう。マンガの作業にパワーを向けるべきだ。
| 雑記 | 15:23 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES