Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20101401 | main | 2020101701 >>
詠春拳体験レッスンを受けてきた
昨日、詠春拳の体験レッスンを受けてきた。
レポマンガを描いていた。







定期的に通うのは続かないだろうから単発での参加じゃダメかと問い合わせたんだけどやっぱりダメだった。そりゃそうか。
しかし、体験レッスンで習ったことがまさに私が知りたいレベルのこと一通りだったのでこれで十分といえば十分でもあるな。よく家でシャドーボクシング的に動きを練習するんだけど、今までは正解がわからない状態で我流で理屈で考えた動きをやってたけどこれからは習った動きでシャドー詠春拳ができる。

事前に考えておいた質問はあんまり聞けなかった。質問タイムがあるわけではなかったので。

どの攻撃に対してどういう防御が理想的なのかというのはきちんと聞けなかったけど今回教わった3つの防御から応用すると原則が見えた気がする。

まず攻撃には突きと振りとの二種類がある。
槍で例えるとわかりやすいと思う。

先端を突き刺す直線的な攻撃が突き。ストレートのパンチや正拳突きや前蹴りがこれに該当する。内側と外側という属性がつく。
突きの攻撃に対する防御の原則は「外側から内側に向かって受け流す」。
レポートマンガで言えば「ストレートパンチへの防御」「ボディパンチへの防御」がこれに該当する。

槍を刺すのではなく振り回して柄のところで相手を叩く攻撃が振り。フックのパンチや回し蹴りがこれに該当する。
これは突きと違って受け流しによる防御が基本的にはできない。
なので、振りに対する防御の基本は普通に「受け止める」というものになる。
レポートマンガで言えば「フックのパンチへの防御」がこれに該当する。

防御が終わった時点での彼我の関係を比較すると、突きを受け流した状態のほうが振りを受け止めた状態よりも有利だ。なので多分詠春拳として相手に期待したい攻撃は突きなのだと思う。

突きに対する防御、相手が右手で突いてくるとして、ストレートパンチはこちらの左手で受け流すのにボディパンチは受け流すのにこちらの右手を使う。この違いはなにか。
…図を描かないといけないな…



描いた。
つまり、肘を中心に前腕を回して受け流す動きを形作る場合、肘よりも高い位置に対してなら外→内という方向で実施できる。だから肘よりも高い位置に来る突きに対してはその突きが来るのと同じ側の腕で受け流す防御をする。
肘よりも下の位置だと自分にとっての内→外という方向の受け流しになる。
だから、左右を交差させて受け流しをすると相手にとっての外→内という方向への流れになる。
なので、肘よりも下に来る突きの攻撃は突きを繰り出してくるのと反対の腕で受け流す。

蹴りへの防御は口頭で少し質問した程度で詳しくはわからなかった。
聞いた感じだと、以下のようだった。
* 前蹴りへの防御は、ストレートパンチへの防御と同じような動きをこちらの脚を使って行う(外側から内側に受け流す)
* 回し蹴りへの防御は普通に受け止める

仮にやや高い位置への前蹴りが来たらボディパンチと同じように手で防御できるのではないか。つまり、蹴り足と交差する側の腕で相手の外側から受け流す。


教わったことを忘れないうちにメモ。

突きを出す場合は突く手と同じ脚が前に出る。

脚が前後に位置する姿勢になる場合(突きをした後など)、体重は後ろ足に掛かる。これは相手に近い側の足はいつでもすぐに蹴りを出せるようにするため。
なので、突きを繰り出す際の動きは、
* 手と足が同時に前に出る(同じ側)
* 突きを繰り出したあとに後ろに残った脚を素早く先行した足の方に寄せる。体重はこちらに掛かる。

三種類の防御、動きの構造だけ取り出して枝葉を取り除くと実は全て同じ動きだ。
つまり、手と同じ側の足が同時に出る順手突き。
突きを繰り出さない方の手が三種類の防御を行っているが体全体の動きからいうとこの防御の動きは脇役、おまけのポジションだ。だから体重が乗らない=防御を行う手の側は前に出ない。

つまりパターンとしては、相手の攻撃に合わせて同時に突く。
その際、攻撃に参加しない方の手で相手の攻撃を殺す。

こんなところかな。

マンガに描いた三種類の防御ができれば私が格闘技に求めるものは十分満たされる気がする。防御要素が好きなのもあるけど、技術は少なくシンプルであるほうが好きだ。薬丸自顕流に惹かれたのはそのシンプルさ。

詠春拳体験レッスンの振り返りはこんなところかな。

またなにか書きたいメモが浮かんだら書こう。
| 雑記 | 23:46 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES