Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20101102 | main | 20101202 >>
20101201
雑記。

在宅勤務なので運動不足予防のために日課で近所の神社に散歩に行く。
神社から、近所の乗馬クラブの看板が見える。
私は乗馬に興味がある。
で、「目覚め」が訪れた。人生一度きりなんだから興味のあるものはどんどん体験すべきだ。

憧れがあるけど体験するのは現実的ではないなと諦めているもの。
* 詠春拳
* 乗馬

乗馬よりも詠春拳のほうが「やりたい」度は高い。
ちょうど今週の水曜日有給休暇を取得しているので、詠春拳の単発レッスンなんかを受けられないかと検索してみた。
私は過去にカポエイラをやろうとして教室に通いはじめて2回位で辞めたことがある。はっきり言って教室に定期的に通わねばらない習い事は自分には現実的じゃないなとその時感じた。
しかし、例えば映画館に映画に行くという行動を例に取ると、定期的に行くと決めているわけではないけどトータルではかなりの回数行っている。映画に行くという個々の体験は単発なんだけど積み重ねで見ると意外と重なってる。
そういう感じで、定期的には続けないことを前提に、気が向いた時に単発で参加できるようであれば自分のスタイルで積み重ねられるのではないかと考えた。

結論。
習い事系のアクティビティは原則として教室に定期的に通うことが前提になるので「単発積み重ね」という目論見では無理。
入会費と月謝を払うようなのが教室の原則なので、一回いくらで参加するような枠はない。
なので詠春拳に関しては映画やYou Tube動画を見て脳内でイメージを膨らませて真似事して遊ぶ程度の、つまり今までと同じ程度の関わりしか持たないだろう。
書籍が出ていれば良いんだけど入手可能な書籍はないらしい。イップマンの映画がヒットしたんだから今こそニーズがあると思うんだけどね。

じゃあ乗馬はどうか。近所の乗馬教室、単発レッスンのコースがある! 水曜日の予約を取ろう!
と思ったんだけど、今週水曜日はもう枠が埋まっていて取れない。来週なら取れる。私は未来の予定を立てたくない人間なので一週間以上前に申し込んでおかないとできないアクティビティというのは現実的ではない。
要するに乗馬もダメだ。

ということで、結局今朝の神社で得た天啓は無駄に終わった。何も変わらない。

最近興味を持ったソロキャンプだったら、私の行動スタイルでも現実的な気がする。ちょうど、日曜日に少しキャンプ用品を買ったので、水曜日の有給には近所のキャンプ場に行ってみよう。

しかし、私の生活スタイルに完全にマッチしている趣味はマンガ制作だなと再確認した。アイデアがないときは活動しなくて良い。アイデアが湧けばいつでもその場で実施して良い。自宅でできるので行き帰りの交通時間なんか気にしなくて良い。格闘技と違ってひとに教わらなくていいし自分一人で活動が完結する。作ったものは死ぬまで残る(なんなら死んだ後も残る)。

マンガ万歳ということだ。ありがとうマンガ。君は裏切らない。
| 雑記 | 19:03 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES