Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20090601 | main | 20091201 >>
20091001
マンガ脳を刺激すべく考え事。

クトゥルフゲームは今のところあんまりおもしろくなくて進め方もノロノロしている。
Apex代用品としてガンダムバトルオペレーション2をプレイし始めた。このゲームでは支援機が使いたくて、ガンタンク系が本命だがまだ手に入ってない。しかし、ガチャで手に入れたギガンという車輪付き砲台みたいなMSがかなり私の好みの性能をしていていい感じ。ガンタンク系が手に入らなくてもギガンでいいか!という気もする。

マンガの足しになる事を考えたいが。
ZガンダムのTVシリーズを観始めた。Zは劇場版しか観てなく、ネトフリでTV版が見れるのに気づいたので。
カミーユが想像以上に向こう見ずな人間でびっくりした。彼なりに将来設計とかあっただろうに衝動的にガンダムを奪って衝動的にエゥーゴに合流する。アムロはコロニーが襲われて難民と化したから生きるために仕方なく戦うことになったのに比べ、カミーユは自ら志願してアーガマに乗った。どうかしている。

私の場合とにかく主張がなくては描けない。
主張、もしくは解決するべき問題を探す。

うーん。

天晴爛漫。
アニメ『天晴爛漫』が面白い。アメリカ大陸横断レース。スティール・ボール・ランもそうだったけどアメリカ大陸を横断する話は面白い。
面白さのポイントはどこか。
* 主人公の小雨が善い人間である
* 主人公の小雨が強い
* BNWの御曹司や中華娘シャーレンみたいに、レースにおいては敵同士だけど主人公一味の実質的な仲間である連中との関係があたたかくて良い
* シャーレンがお腹を景気良く出す服装で良い

うーん。
アメリカ横断レースの話?
ただ横断するだけでは意味がない。特徴なりなんなり… 私の場合象徴主義者だからアメリカ大陸横断にどんな象徴を関連付けるかの着想が必要だな。
映画『デス・レース2000』では、車で人を轢くとスコアになるという狂った設定が売りだった。ブラックジョークの味付け。
アメリカ大陸横断… やはり「偉大さ」はそこには見いだされるだろうな。過酷な荒野。無限と思われる広大さ。ロッキー山脈。アメリカ大陸を横断すれば人間が次のステージに高められるのではないか。変身? 超人化? イニシエーション? まあもちろんイニシエーションにはなるだろうが。

私が関心のあるテーマというと…
格差の是正。私は政治活動家なのか?
詩的行動。つまり経済の原理にとらわれないこと。

行動の選択。主人公がどういう行動を選ぶのかが予測できない展開。

美挙。美挙だなあ。美しい行動。描く価値がある。具体的な内容は?
やっぱりそのへんはこれまで描いてきたマンガと原則としては変わらない。自分が損をしてでも他人を助けるということだ。


現代的な問題や時代的な現象というと?
* Covid-19
* ヘイトと分断
* 経済格差
* 中国による少数民族や香港への弾圧

現象…
トランプ大統領はやはり時代を象徴する人物だ。時代の危うさを感じさせる。

あー
本。『サピエンス全史』をほんの少しずつ読んでる。
いくつか学びがあった…というかたくさんあったはず。マンガに応用できそうなのあったかな…?
ホモサピエンスがネアンダルタール人など競合の種族を駆逐できたのは、共通の物語を信じることで団結できるという脳の力のおかげ。物語というのは人類を動かすパワーを秘めている。
狩猟採集社会から農業社会になったことで人口は増えたが人々の幸福度は別に上がってない。農業でも科学でも資本主義でも、人類という種を繁栄させるのに役立ってきたものは別に個人の幸福に貢献してきてわけではない。
うーん。あんまりマンガに結びついてないな。


自分だったらこうしたい、というのをシミュレートする。
大陸横断レース…
大陸を横断する。レースでなくていい。いや、レースだからこそ敵との友情が美しいのか。敵との友情が美しいのはレースに限らない。
敵との友情。韓国と北朝鮮との間の国境で南北朝鮮の兵士が友情を結ぶという映画を観て良い映画だと感じた記憶がある。タイトルなんだっけ。
敵との友情。ないし友情。やはり最近のフィクション体験だと天晴爛漫での友情がすごく良い感じなのでこれに注目してもいいかもしれない。するとレース。レースは殺し合いじゃない所が良い。

レースのような競争の場。友情を結べる相手と、社会悪を象徴するような相手とがいる。友情相手と一時的に協力して悪役を倒し、最後の勝者は…誰かわからない。それなりに面白そう。要検討。


あとそうだ。「排除アートは悪」という主張があった。これも伸ばせるかもしれない。要検討。

今日はここまで。
| マンガについての考えごと | 01:24 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES