Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20082801 | main | 20083101 >>
20082901
Apexやりたくても弟たちとタイミングが揃わないと遊べないので別のことをしていよう。
というかマンガに頭を向けてマンガエンジンの回転を促そう。

直前に持っていた着想というと…
排除アートメイドアンドロイドの話か。
不寛容の思想を、本来価値のある表現に憑依させるという卑怯なやり方。こどもに爆弾持たせるような。
排除アートについて調べるか。そもそも誰がこんなものを考案して設置させたのだ。

うーん

ウィキペディア記事を読んだ程度では大した参考にならないな。
ただ、「社会的弱者の排除を目的としてデザインされた」という邪悪感はパワフルなのでやはり悪役というか解決すべき問題としては向いている。

排除アートをメイドアンドロイドと掛け合わせなくてもいいな。排除アートのままでいい。で、それの破壊なり善用なりを目指すとか。

うーん

排除アートの権化みたいなものを登場させる。大きい構造物が良い。壁とかダムとか橋とか。「阻害する」のが目的だから象徴レベルでマッチするのは「壁」だろうな。
で、それを破壊する。
しかし、悪の本体はその壁を設置した者である。壁は放たれた一発の銃弾に過ぎない。本来倒すべきはそっちのはずだ。
なんだけど、お話としては、主人公たちが戦って壊すのは壁であり、元凶は自業自得で自滅する、というオチがいいんじゃないか。つまり、気づいたら自分自身が排除されていたというふうにする。
悪の元凶はホームレスを軽蔑しきった高齢者だとする。最近膝の調子が悪い。自分が築いた壁が破壊されたのを知って激怒し、腹いせに起こした行動で膝を怪我して身動き取れなくなってしまう。彼は権力者だから高いビルのてっぺんに居る。病院に行こうとエレベーターを呼ぼうとすると、エレベーターが故障で動かない。階段で降りようにも膝が痛くて降りれない。無理に降りようとし、転げ落ちる。みたいな。

ウルトラマンZ見なくては。

---

ウルトラマンZ、今日は総集編だった…
| マンガについての考えごと | 08:55 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES