Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20082201 | main | 20082901 >>
20082801
考え事。

弟に誘われて始めたApexレジェンズにハマったので、Apexネタで数枚描けた。
オチがなく、ゲーム内の話題のみ書いただけのものでハードルが低い。「ハマっているものの楽しさをマンガによってブーストする」という使いみち。いい感じ。

兄弟3人でチームを組んでバトルロイヤルを戦うのを通して、いくつか発見があった。
私は3人の中で最年長だからか、指揮を執るポジションをやってる。しかもそれがかなり好きらしい。戦闘部隊の小隊長。
次に移動する場所を指定したり、迂回路を指定したり、敵が寄ってきそうで危ないからと移動を提案したりしている。高所を取ろうとか、こちらから襲いかかろうとか、有利を目指して行動を組み立てるのが好きらしい。
また、これはフィギュアヘッズでもEvolveでもガンダムオンラインでもそうだったけど、私は索敵への関心が高い。何よりもまず第一に索敵が気になる。
だからキャラクターは索敵の能力が高いものを好んで使っている。

一方で、実際の戦闘は下手だ。闘争心がない。

で、これマンガに活かせないだろうか。3人位のチームの戦闘員の話で、自分の投影キャラは指揮者になる。しかし戦闘の腕は他のメンバーのほうが高い。
3人でわいわい相談しながらプレイするのはかなり楽しい。その感じをマンガに導入する。

うーん。

真面目な短編マンガにするとすると、マンガの側が求める構造にマッチさせないといけない。メッセージ性とか象徴性とか。
3人チームでの戦いが何を象徴するのか、とかそういうことを考え出す。予感としてはどこにもたどり着かずにマンガのカタチには成就しない。
だったらApexネタはApexのみで完結するネタ畑だと割り切ろう。プレイ日記的なものまで。

あー

ヒーローズアンドヴィランズみたいに主人公がチームで戦う場合の描写に活かせるかもしれないな。主人公は作戦立てて指示するポジションで、仲間に戦闘に優れたメンバーがいる。
すると主人公にはぜひ索敵をして欲しい。そういう能力を持たせたい。

うーん

しかしゲーム的発想すぎてマンガ的には構造が弱いな。象徴性…

今はゲーム脳であってマンガのお話を考えるパワーが薄まっている。ゲームのことだけ考えるか。


実際の戦闘でもう少し生き残りたい。
戦いが始まると世界がカオスに包まれてしまうんだけど理想としては戦闘を構造的に構築したい。
戦闘のシチュエーションは今の所3種類あると思っている。
* 乱戦:戦闘の大部分がこれ
* 突入:敵チームが立てこもってる建物に突入する
* 立てこもり:建物に立てこもって外の相手と戦う

で、乱戦はカオスの世界なので構築できない。各々が動物的直感を閃かせて生き延びて欲しい。
突入と立てこもりのシチュエーションは構造化できるのではないか。
今考えているのは「援護射撃」で、突入シチュエーションで実践したい。つまり、突入口を打ち合わせて決め、ひとり(というか自分)が少し遠くの遮蔽物からその出入り口を狙撃できるようにして、立てこもり側がその出入り口から顔を出すのを叩く。その隙に突入係がその出入り口から突入する。仲間が突入に成功したら自分も突入する。これをやりたい。プレイしているとこういうアイデアが次々に湧く。それを実践し、ネタにしたい。

やはりいまはApexをプレイしたいな。しかし、兄弟のタイミングが合わないとプレイできない。ソロでできるゲームではないし、仮にソロでできてもソロでのプレイでは楽しさを感じにくいだろう。
| ゲーム | 23:55 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES