Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20070602 | main | 20071001 >>
20070701
マンガの考え事を略してマンガエゴトとしてはどうか。

哲学的なテーマで描けないか。
手塚治虫のマンガに、主人公が突然窓から皿を投げると割れる音がしない、という始まり方をする作品がある。
「この世界は目に見える範囲のすぐ外側で誰かが操ってるんじゃないか」という仮説に基づく作品だった。たしか蝶が出てきた。
この世界の当然のあり方を疑う哲学的作品だった。

哲学的な着想でなんか描きたいものあるかな。
… ない!
この話題はここまで。

何も考えつかないし映画を見るには遅いのでうちの本棚を物色して目についた手塚治虫の『ブッダ』を読んでいた。
どうも私は「僧」という存在がとても好きらしい。
* 「求めているもの」がある
* 基本的には善に属する
* 哲学的である
* 思想に基づいて生きている

僧侶に思いを馳せることでアイデアにつながらないかな。そういえばグラブルでも最近取得したモンクばかり使っている。いかに僧的存在が好きかという話。
| マンガについての考えごと | 00:53 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES