Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20050501 | main | 20050602 >>
20050601
アイデア練り。

現状のアイデアだとお話に起伏がなくてイマイチなのでテコ入れを考えている。
活躍する登場人物も増やしたい。

現状のプロットで引っかかりなくすんなり通過してしまう箇所に小規模な「問題→解決」を入れるような工夫になるかな。適度に煩雑化させる。
理想的には「行動の選択」を付け加えることができると良い。

怪鳥イツマデがなぜ現れたのかを謎扱いにしてこれの謎解きの下りを入れたらどうか。

怪鳥イツマデが現れる原因。
* 牛久の入国管理センターに収容されている外国人たちによる「いつまで収容が続くのか」という絶望感
* 同施設の収容者のうち自殺や病気でなくなった人々の無念、怨念

しかしこれは当初は判明していない。
怪鳥イツマデは本来は伝染病で大量の死者が出た時代に死体の埋葬がスムーズに行われず「いつまで死体をほっておくのか」と非難するために現れるもの。今回のケースではこのパターンからは逸脱している。

事件の段階。
1. 怪鳥イツマデが現れる。
2. 周辺の人間がイツマデを目撃したり鳴き声を聞いたりする。
3. 目撃者がSNSに情報を書き込む。
4. オカルトの話題まとめブログとかにまとめが載る。
5. マスコミがニュースサイト・雑誌・テレビなどで報じる。

主人公たちは能動的に情報収集をしている?
その場合、上記の3の段階で情報をキャッチするだろう。遅くても4。

鬼太郎のように依頼が来てから動く?
その場合は上記の流れとは別に主人公たちが用意している窓口が必要だろう。

私の好きなアニメ鬼太郎第6作目ではどうか。
冒頭には色んなパターンがある。
* 依頼の手紙が来る
* 猫娘がネット経由で見つける
* マナちゃんが猫娘にメッセンジャーで知らせる

現在の構想だとオオクニヌシ一味の生活はゲゲゲの鬼太郎のものに似ている。
普段は現実世界ではないところに住んでいて、現世にオカルト事件が発生すると調査や解決に乗り出す。
彼らは神なので普段の住まいは神の世界。神社が出入り口になる。オオクニヌシたちは国譲りによって日本神話世界を追放されているから「常世の国」にいる? 常世の国というと竜宮城。
全国の国津神系統の神社から出入りできる、竜宮城のようなイメージの常世の国に住んでる?

因幡の白うさぎとスクナヒコナの出番を増やしたい。
因幡の白うさぎはウサギ=聴力に優れる。これを出番を増やすためのキャラ付けに活かすと以下のようになるか。
* 情報収集能力に優れる
* 通常は聞こえないものも聞こえる

謎解きをお話に含めるなら白うさぎの活躍のシーンを描くことができるかもしれない。

スクナヒコナは?
現状のイメージ:
* 用心棒。
* 普段は画面に映らないくらい小さくなってオオクニヌシと一緒にいる。
* オオクニヌシが暴力にさらされた際に突然巨大化(通常の人間のサイズ)して戦いを担当するというヒーロー。

作中でオオクニヌシが直接暴力にさらされるシーンを作る?
怪鳥イツマデに会いに行き、遭遇する。イツマデは襲ってくる。スクナヒコナが現れて取り押さえる。悪くない。
タケミカヅチが現れた際、スクナヒコナも出てきてオオクニヌシを守るように寄り添う。ただ、タケミカヅチは作中で直接的に暴力を振るう予定は今回はない。


導入をどうするか。鬼太郎6作目におけるマナちゃんみたいに現実世界とオカルト世界との橋渡しをする人間をいれる?
あっ フレンドプリキュアに出した子なんか良いんじゃないか。フレンドプリキュア(私のオリジナルプリキュア)は巫女がモチーフだったので現実世界と神話世界との中間にいる。しかしそうすると妖怪テノメメがオオクニヌシと役割がかぶる。うーん。

一旦区切ろう。ゲームしたい。
| マンガについての考えごと | 08:55 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES