Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20050401 | main | 20050601 >>
20050501
アイデア練り。
例によってGitHubを使ってアイデアを整理し始めた。
各種ビジュアルデザインにはまだ手を付けなくていいな。物語を練ってるうちに求められるデザインが変わっていくだろうから現時点で考えても最終的に使えないというケースが考えられる。

主人公に怪人プロメテウスを名乗らせる必要性が無いんじゃないかと感じてきた。説明要素が増える。
オオクニヌシで良い。
ただ、PFAOSナカヨシで使った炎エフェクトの被り物は顔面を描かなくて良くなるのでぜひ使いたい。
顔面が隠れればいいので炎エフェクトでなくてもいい。オオクニヌシ由来でなにかいいものないかな。
神仏習合でスライドするなら大黒天になる。大黒天、大黒さま、オオクニヌシ、他にバリエーションないかな。
…出雲国の神で、出雲大社に祀られている。雲が使える。首から上に雲をまとった姿?
怪人クラウドヘッド?

ちょっと疑問なんだけど国譲りとはなんだろう。オオクニヌシはスサノオの息子(もしくは子孫)なので高天原にとって身内ではなかったのか。少なくとも夷狄ではないはず。なぜ身内の国をアマテラスは取り上げる?

調べたら日本神話の神には「天津神」「国津神」のふたつの系統があるという。
* 天津神 : 高天原にいる神々
* 国津神 : 地に現れた神々

スサノオは高天原出身だけど地に下ったので国津神に数えられる。
スサノオの子孫のオオクニヌシは代表的な国津神。
すると国譲りというのは国津神→天津神に支配者が入れ替わることを意味すると。
天津神の代表が天照大神で、天皇家は天照大神の子孫だから現在の日本政府は天津神の系統であると考えて間違いはない。

国津神であるオオクニヌシが異民族や難民に同情を寄せるのは不自然ではない。


牛久入管の描き方。
最近見つけたネット記事に、牛久入管職員の苦悩を扱ったものがあった。入管職員も日本のシステムに疑問を持ち、苦しんでいるという内容。
だから牛久入管の職員を悪者として描くのはNG。むしろ描くならMOB的に登場させて日本のシステムへの疑問を投げかけるような使い方がいい。


あらすじをまとめてて気づいたのがいまのところオチが曖昧なところ。
怪獣が牛久大仏に倒されて、じゃあどうなる?
* イツマデ… イツマデ… という悲しい響きが徐々に消えていく
* 鹿島神宮に祀られているツルギが折れたことがニュースになる

うーん。
| マンガについての考えごと | 11:51 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES