Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20041601 | main | 20041901 >>
20041801
考え事。

どうもショートショートを考えるという路線は今のところ手応えが悪い。

ショートショート仮説は一旦置いておこう。

自分は物語の構造だけあれば満足なのだからキャラクター要素などなくて良い、登場人物は全部MOBで良い、というのが今の文脈での仮説。
しかし、どうも違うらしい。過去設定や心理描写の濃淡はあれ、やっぱり描きたいのはキャラクターらしい。
ただ、pixivファンタジアなどで他の参加者たちが作るような込み入った過去設定などの設定情報の多さは求めていないということらしい。

例えば藤子F不二雄先生の作品。
* ドラえもんの日常回
* ドラえもんの大長編
* 『カンビュセスのくじ』や『ミノタウロスの皿』といったSF短編

私にはキャラではなくお話が重要なんだからSF短編>大長編ドラえもん>日常ドラえもんの順に目指すべき、かと思ったんだけど、どうも違うらしい。
ドラえもんが欲しい。
すると大長編ドラえもん>日常ドラえもん>SF短編かな。

キャラクターが描きたいというのを認めるべき。

物語が描きたいだけならマンガではなく小説というか文字メディアでいいはずだがマンガにこだわっている。それは文字だけじゃ嫌だからで、絵の要素が必要(欲しい)と感じるからだ。
同様に、物語が描きたいだけならキャラクターは匿名的なMOBでいいはずだが、キャラクター要素がなくちゃイヤなのだろう。
「キャラクター要素のある物語を絵で描きたい」という複数の欲求を持っていると認識すべきだ。


仮説。
むしろ私の場合物語が主ではなく従なのではないか?

以下のふたつの作品があるとしてどっちのほうが許せるか。
* 特徴的なキャラクターが登場するが、何が言いたいのかわからず展開も曖昧なお話の作品
* 登場人物はすべて匿名的な普通の人だが物語の展開が巧みで主張やテーマ性もある

後者だなあ。韓国映画の『パラサイト』『タクシー運転手』といった名作もあえて分類すれば後者だよね

キャラクターがいて物語も良いものと言うと?
* マッドマックス 怒りのデスロード
* ジャンゴ 繋がれざるもの
* ブレードランナー2049
* 用心棒
* 椿三十郎
* ゴジラ

やはりこの路線が私にとっての本命だな。ハイエスト。
「物語」「キャラクター」「絵要素」の3つの車輪、三輪車構造だと理解しておこう。

逆に、あんまり重要じゃない要素もあるということだ。
* 心理描写
* 過去設定
* 音楽
* 動き(アニメーション)
* 世界観設定

では私が「キャラクター」という言葉で想定している概念とキャラクターでないもの(MOB)との違いは何かという話。
結局、程度の問題でしかないのではないか。キャラの濃さによるグラデーションであり、キャラが濃ければ「キャラクター」、薄ければMOB。
たとえばポン・ジュノ監督の映画『グエムル』、主人公たちは超能力者でもない一般人だが「元反権力闘士」「アーチェリーの選手」「ソン・ガンホ」みたいにキャラが濃い。MOBとは言えない存在感だ。

つまり結局、お話においてキャラの濃さは一定量必要であるという程度か。キャラの濃さ。情報量。お話の中で特徴的な行動を取ればそれだけでキャラの濃度が上がる。お話にMOBしか登場しないというとき、特徴的な行動を取る人物がいない=物語自体も弱いと解釈することもできると。


そろそろ具体的にアイデアを考えるべき。
着想の核が必要だ。
PFAOS前に練っていたSFものだと?
つけておいたメモにはこうある。
* 都合のいい美少女ヒロインに対して踏みとどまる
* 胎内回帰願望を断念する
* 主人公がちゃんと成長する
* 恋愛感情を抱かないという心の動きがポジティブに描かれる

ありだな。なう現在これらに熱意を抱けるかどうかは別として。


どんなキャラが描きたいか。
作中で権力と戦ったり弱いものを助けたり美しい行為をしたりして欲しい。
これはつまり、ヒーローだな。ヒーローを描きたい。
キャラ=行動だと言える。
性格は親切で優しいのだけど作中ではやむにやまれぬ事情によって非道で冷酷なことをするという場合、結局そのキャラは「非道で冷酷なことをするキャラ」ということになる。行動がキャラである。
キャラの属性とかどういうキャラかとかを考えるとき、動かない要素・静的な要素を想定してしまいがちだけど、実際にマンガ作品の単位で評価するなら結局どんな行動をしたのかという動的要素がキャラの情報の全てになる。

なんだけど、お話をこれから考えようというときには普通に性格みたいな静的な要素で考えざるを得ないな。その性格に沿って行動を設計すればいだけか。

ヒーローズアンドヴィランズは登場人物が基本的にヒーローなのでキャラが濃い。あの路線が良い。

うーん。
アマビエ様路線は興味が薄れてきた。
同人作家に感想を届ける話も何度か考えた結果ろくなアイデアが出なかったので避けたい。
SFを課題に考える路線に戻るかな。
するとやはり、アンドロイドの人権を認める話になる。自分好みのテーマ。仮面ライダーゼロワンと同じテーマだ。

あとそうだ、最近自覚したのが反権力闘争が好きだということだ。
より正確に言えば思想的団体による活動が好きというべきか。
* pixivファンタジアAOSでの環境保護団体ステライトによる環境保護活動
* FF7のアバランチによる反神羅カンパニー活動
* ガンダムOOのソレスタルビーイングによる戦争根絶活動
* 小説『月は無慈悲な夜の女王』における月独立派による独立闘争
* デトロイトビカムヒューマンにおけるマーカスたちアンドロイド独立派によるアンドロイド独立運動
* 猿の惑星シリーズにおけるシーザーによる猿人の人権保護運動
* スターウォーズにおける反乱軍の闘争。

では、アンドロイド解放団体によるアンドロイド解放運動を描いてはどうか。
もしくは宇宙時代で、エイリアンが社会的弱者として差別されていて、エイリアン解放運動にするとか。

一旦ここまで。
| マンガについての考えごと | 13:31 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES