Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 20012602 | main | 20013001 >>
20012801
雑記。
選考を受けている最中の採用プロセスがなかなか進まない。
三次面接まで通ったので日程連絡するから待っててとのことだったが、その前に電話で確認したいことがあるから平日で電話していい日時教えてくれと求人サイトメッセージが来た。
都合いい日時は返信したけど、これ冷静になると悪い予感がする。

業務的な連絡や質問であればメールで済むはずだ。なぜ電話?
メールで済む話を電話や対面でしたがるというのは、あまり一緒に仕事したいタイプではない。
仮に相手が技術者ではなく経営者や営業の職種なのであれば多少はわかる。しかし技術の会社(ある会社の技術部門)で三次面接というくらいだから上の方のヒトのはずで、技術者なのではないのか?

内容が選考に影響があるのであれば、求人サイトの選考プロセスなどに明記されているべきで、そうではなかったので警戒心を持っておいたほうがいいだろう。

まだ入社意欲はあるのかとか、入社するとしたら可能な時期はいつだとかの事務的な質問であればメールで済む。電話でというところが警戒ポイント。
経験技能の質問みたいな返答内容が選考に関係しそうな話になるのであれば、求人サイトにその記述がなかったのでイレギュラーな選考をしているということであり、そういう会社の都合でゴタゴタしたことをさせる会社だということだから警戒ポイント。
大体、過去二回も面接してるんだから採用に関わるような情報は私から引き出しておくべきだ。今更電話で、ということであれば信用できる会社かどうかの見積もりを低めなくてはならない。

電話での展開をいくつか予測シミュレートしておこう。

メールで済むような簡単な質問。
希望入社時期や希望年収のような。
手短に答える。

会社見学に来ませんか、とか、職場の雰囲気を知るために飲み会に来ませんか、とかの何らかの勧誘である場合。
断る。仮に選考以外の行事に時間割いたとして、その上で三次面接で落とされたら時間の無駄でしかない。
仮にその行事への参加が選考結果を左右するという場合、それは選考プロセスとして求人サイトには書いてなかったので不正である。不正なことをする会社なのであれば職場として信用するに値しない。
職場見学なら仮に第三次面接が終わって採用が決まってという段階であれば意味がある。採用が未定の段階で採用プロセス以外で時間を割くのは意味がない。

イレギュラーな依頼の場合。
これは具体的には内容が予めはわからないが、以前似たようなことがあってそのたぐいということを言おうとしている。
レゴのロボットのプログラミングを通してこどもにプログラミングを教える教室、の求人に応募したことが過去にある。こどもにプログラミングを教える講師の職種だった。
で、この時、面接にその会社の社長があらわれて、「システム開発ができるならうちの会社の業務システムを作ってくれないか」と言われた。
その発言から感じたのは以下の通り。
* システム開発費をケチって、給料の安い講師職として雇った人間にシステムを作らせようとしている
* 自分は講師をやりたくて応募してるのに、その意図を汲んでない
* 仮にこれを受けたら、講師の給料しかもらえない上に講師の仕事だけでなくシステム開発の仕事までやらされる
つまり都合よく使おうとしているだけだなという邪悪な意図を感じた。
なので断った。
こういうふうなケースである可能性もあると思う。
その場合は断る。


と、いうふうに今回の「三次面接前に電話」という流れは悪い予感を感じて警戒している。
杞憂で済むのが一番良い。上記のシミュレートのどれにも当てはまらず、たしかにそれはチョット電話で確認するのが一番ですねというものであって欲しい。


昨年の12月の頭に応募したので選考期間がそろそろ二ヶ月になろうとしている。長いし遅い。大きい組織らしい。大きい組織では万事こういうふうにトロトロとめんどくさいのかもしれない。その点も警戒ポイントだね。

---

空想(猜疑心)が刺激されたのでもう少しシミュレートしておこう。

内容が第三次面接の日程の調整以外のテーマであれば警戒すべき。
メールではなく電話というところに猜疑を向けるなら、会社(人事部)に知られたくない行動をしようとしているのではないか。
例えば求職者へのスカウト。
電話してくる人物が実は独立起業を考えていて、うちに来ないかという勧誘とか。
もしくは知り合いにIT企業の経営者がいて人材不足で、そっちに横流しするとか。
人事部には「電話で入社意思を聞いた結果辞退するってさ」と伝え、求職者を別の求人に移し替える、みたいなね。

ま、そんなことはないと思うが、仮にあったら面白いのでこのケースの対応を考えておこう。
重要な点。即答せずに「考えてからメールで返答します」とする。
* 求人サイト経由でやり取りしているメッセージの流れに該当の電話の内容を載せる
* 時間をおいてじっくり考え、失言を防ぐ
* 意思表示を文書に残す(知らないうちに辞退扱いされないように)

あるいは、社内ベンチャーに興味ないか?という質問だったらどうか。これは別に、大した質問じゃないな。というか入社後なり面接時なりに聞けばいいことでこのタイミングで電話で聞く意味がゼロか。じゃあ想定質問としては意味なさそう。正直に答えればいいか。できればやりたくないと。でも業務命令として命令すればいいんだからやっぱりナンセンスか。

どんな組織にもたいていやばい人間はいて、組織が大きくなるに従ってやばい人間の入る確率や人数は大きくなっていく。今回がその遭遇でないとは限らないということだ。備えよう。

---
気づいたんだけど会社側に知られたくないような内容だったら人事を通さず(求人サイトのメッセージを経由せず)連絡が来るはずなのでその線は無いことに気づいた。なんにせよサクサク進んで欲しい。しかしこういう選考に時間かかる会社は定職に就きながらじゃないと受けられないね。
| 雑記 | 19:55 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES