Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19122901 | main | 19123001 >>
19122902
アイデア考え。
前回の続き。

中国政府、香港民衆、主人公という図式。
敵役に胎内回帰願望を持たせたいとう方向。
着想。
香港民衆を象徴するキャラをヒロインとする。
敵対者はヒロインを「手に入れ」ようとしている。これは一国二制度という建前だったのを有名無実にしようとする中国政府の現実での動きに対応する。
ヒロインを手に入れるという行動が胎内回帰願望の表現になるようにする。
たとえば洗脳して惚れさせる。催眠を掛けるように。エロゲヒロインが主人公に無償の愛を捧げるように。
ヒロインに対する洗脳は半分まで済んでいる。これは今の香港政府が中国本国から送り込まれた親中派であることと対応する。
ほとんど吸収されかかっている香港が精神力(民衆の力)だけでなんとか持ちこたえている。
ヒロインが恐れるのは洗脳が完全になって敵対者に吸収されてしまうこと。
主人公はヒロインによる解放のための戦いを手伝う。

中国による少数民族などへの弾圧を「洗脳&自分に惚れさせる」という形で表現する。「ママになる(させられる)」。だからこの敵対者は自身を愛する美女たちに囲まれている。この美女たちは洗脳で作ったもの。洗脳することでママを作り出す、回帰すべき子宮を増やしている。

共産党一党独裁。つまりみんな俺と同じになれということ。これは人類補完計画と同じだ。全体主義だ。だから一党独裁体制に吸収しようというのは一つの巨大な胎内に皆で回帰しようという運動だと解釈できなくもない。

…そうか、グレートマザーみたいなのを設定すればいい? すると敵対者自身が支配者というニュアンスは薄れてしまうな。
最近のオタクカルチャーで置き換えやすいのはやっぱり「催眠」か。エロ同人的な語彙だ。これを使うのが敵対者。ハーレムものラノベの主人公をダークサイド化したもの。
| マンガについての考えごと | 23:46 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES