Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19122601 | main | 19122701 >>
19122602
スターウォーズの考え事。
知り合いと三人でスターウォーズについて語る会を催すことになった。そこで語るべき内容をリストアップしておこうという魂胆。面接準備のときと方法論が同じだな。

エピソード9についての話がメインでありつつスターウォーズ全体について語る会になりそう。

EP9… 前回感想書いてからなんか新しい感想浮かんだっけ。
以後ネタバレあるかもしれないので未見の方は注意。

ええと
基本的に批判していたので、褒めるべき箇所を探すべきだ。
いや、違うな。今後持ち直すことを祈りたいねみたいに言うべきか。EP9はだめな感じだったけど俺はスターウォーズ全体を見捨てはしないよみたいな。

スターウォーズ全体の話の方に重点を置くべきだな。
私としては主要な主張としてはスターウォーズはジャンルになるべきであって正統な歴史を手放すのがいい。パラレルワールド的にしちゃう。バットマンやスーパーマンの映画のように個々の作品はそれぞれ別の世界の話ということが可能なようにする。で、各監督に作家性を発揮してもらう。

ではスターウォーズというジャンルを貫くスターウォーズ性とはなにか。
スターウォーズ性をどこに定義するのかというところからその作家の作家性が発揮されるのだろう。だから統一的な定義は多分要らない。ジェダイやフォースに求める人もいるだろうし帝国やディストピアのひともいるだろう。宇宙のベトコンとか未開の種族というのもあるだろう。

スターウォーズは鏡のようなもので、結局その作家自身を映す。そういうようなものになっていけばいい。

特筆すべき話…
フォースの扱いじゃないかな。実はフォースって別にそんなに大切な要素ではない気がする。なんなら新作からはオミットすらしてしまっていい。
なぜならフォースの専門家であるはずのジェダイがたくさんいたのに共和制は倒れて帝国が誕生する。役に立たなかったということ。
フォースが出てくることで話に余計な抽象化がされてしまって入り込みにくくてどうでもいい感じになりがちだと。

それよりはスターウォーズ世界で住むということのディテイルを補完してくれるような要素がほしい。その世界では人々はどんな仕事をし休日はどんな趣味をして過ごす?

新しい考えはあんまり思い浮かばないな。明日にでもEP6を見直そうかな。スターウォーズの原点。

眠いのでここまで。

| 映画 | 01:03 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES