Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19080301 | main | 19081101 >>
19080302
アイデア練り。

メインプロットとサブプロットの話。
今回の着想はセブンイレブン本部批判でスタートしているとはいえ、フォーマットとしては邪竜の翼の続編というテイをとっている。
ということは活躍すべきなのはやはり主人公であるナカヨシとピンナなのであって竜騎士の役割は空気でいいのかもしれない。
邪竜の翼としての一貫性がまずあり、ひとつのエピソードとしてセブンイレブンを例に取った事件があるという位置づけ。
すると邪竜の翼1からの連続性の考慮があるべき。

ピンナは過去に抑圧を受けていて、ナカヨシによって解放された。抑圧に対して敏感なはず。

気づき。今回のお話、ナカヨシよりもピンナのポジションに立脚したほうがドラマがある。

竜騎士が襲ってくる。自分が竜だというだけで邪悪だと決めつけ抑圧してきたアンドレ神父と同じ。憎むべき相手。
しかし、竜騎士から話を聞くことで、竜騎士たちも抑圧されているということを知る。
「竜騎士たちを許し、竜騎士を抑圧から解放することを決意する」というのがピンナにとっては大きな「選択」になる。物語中の選択要素はこれを採用できるんじゃないか。この選択がピンナにとっての成長になる。


ナカヨシのトピック:
* 翼の受容
* 優先順位: 低い

ピンナのトピック:
* 竜騎士たちを許し、共感する
* 優先順位: 高い

お話全体のトピック:
* 竜騎士たちを抑圧から解放する


出来事としての大きな枠組みは「ウィークサッカーを倒して竜騎士たちを解放する」。
登場人物の内面のドラマとして「ナカヨシ:翼の受容」「ピンナ:敵を許し、助ける」。
竜騎士については今回は内面のドラマの担い手ではない。
するとこのお話のためのキャラたち(ウィークサッカー、竜騎士、百翼竜など)は象徴の役割が重要で個人としての内面は重要ポイントではないという整理になるかな。彼らは類型であって個人ではない。


整理する。
ナカヨシが翼を手に入れて使いみちを選択するシーンの構想はオミット。
竜騎士に襲われるくだりは構成を見直し、ピンナの内面の変化を描く。怒り→竜騎士への共感→許し→竜騎士たちを助けようと決意。
竜騎士は人造神との戦いに特に役割を持たなくて良い。思いつけばちょい役を付け足してもよい(周辺の安全確保や隙を作る囮とか)。


竜騎士との遭遇のシーンを見直す。
いきなり竜騎士が複数現れていきなり殺し合うのでは、竜を抑圧する悪者→実は彼ら自身抑圧されている被害者という推移を表現できない。
まず周囲に空のベルトの散見できる場所に来る。これらはなんだろうという軽い謎掛けになる。
なので、まず一方的にピンナに襲いかかる存在として竜騎士が登場すべき。
次に、新しい竜騎士が追加で登場して主人公ふたり絶体絶命かと思いきや意外にも竜騎士同士で潰し合う。
竜騎士が一人になったらナカヨシが倒して詳しい事情を聞く。
詳しい事情を聞いたことで周囲を見渡すと散見できる空のベルトが竜騎士たちの墓標であることが判明する。


ウィークサッカーの、メインイベント前の行動を列挙。なるべく省きたい。
* 竜騎士を勧誘する
* 新興宗教信者を勧誘する
* ナカヨシとピンナを教団の幹部として勧誘する
* 人造神や聖堂を作る指示出しにおいて無茶を要求する

こう列挙すると、ドラグーンスカウト・ウィークサッカーの行動は勧誘が多い。スカウターだからだ。

お話の冒頭でナカヨシたちはウィークサッカーに遭遇してしつこく勧誘受ける?
「竜騎士になって稼ぎませんか?」
「信者募集してるんですがご興味ありません?」
「お坊さんなら信者よりも布教側のほうが向いてるでしょう。幹部に迎え入れてもいいので教団に協力しませんか」

これらを「街に来るとうるさい勧誘が多いんだな」程度の印象しか与えないように描いておいて伏線にできるといいんじゃないか。
するとナカヨシとピンナが街にいた理由付けが別に必要。それは次の目的地である廃コロシアムの情報集めだろうな。

百翼竜はまだ必要だろうか。
お話開始時の目的:ナカヨシに翼が馴染まないので別の翼と入れ替えたい→翼をくれそうな竜→百翼竜。
再構成を考える。
必要な条件。
* ナカヨシの翼が馴染まないという問題への対処になる
* 廃コロシアムなり廃競馬場なり、竜騎士との戦いにふさわしい場所

例えば仮に、竜の翼の人間への移植の前例があるとして、その該当の人物が存命で、廃コロシアムに住んでるとする。翼を馴染ませる方法をそのひとに聞きに行く。

いやでも、百翼竜悪くないかもな。
竜騎士の被害者という役割。
百翼竜のところに到着すると、竜騎士にハントされた後。
* 死んでる?生きてる?
* 翼が全てもがれてる?
* 翼は付いてるがエネルギーを吸い取られた状態で干からびてる?

竜騎士が登場する。百翼竜をこんなにしたのは竜騎士である。この時点では竜騎士は悪役に見える。ピンナ怒り。

当初の「竜騎士許すまじ」感情を強化するためには、百翼竜は死んでいる方が良い。
事件解決後に再会してワンシーンあるなら生きてるほうがいい。
瀕死でどうだ!? 翼をすべて失って死に瀕している。翼を取り戻せば一命をとりとめられるだろう。ウィークサッカーの野望を打ち砕くと百翼竜も救出できる。
百翼竜が死にそうなのはウィークサッカーが竜の翼のパワーを集めたため。
ナカヨシたちがしゃしゃり出ていってウィークサッカーのビジネスを潰す大義名分が立つ。
竜騎士たちは勧誘されて契約してるのでいわば自業自得が成り立たなくもないが、百翼竜は完全に被害者。
ピンナから言えば百翼竜にもシンパシー感じるし竜騎士たちにもシンパシー感じる。

人造神倒してからの流れを整理。
ナカヨシとピンナがシンクロ飛行の飛翔力で人造神を倒す。
人造神からエネルギー蓄積体を回収する。
ウィークサッカーを追い詰めて竜騎士たちを解放させる。
竜騎士が死なない程度にウィークサッカーをぶっ飛ばす。
シーンが変わって百翼竜の場所。
エネルギー蓄積体から竜にエネルギーを返還する(箱を開けるとかの単純な描写になるか)。
百翼竜が復活する。
百翼竜以外にもエネルギーを奪われた竜はたくさんいるので、地道に返していこうと思う、といって、竜騎士は蓄積体を持って去っていく。
百翼竜復活したのでお礼に翼一枚上げようかのシーンを入れることもできるな。

プロットを更新せねば。
| マンガのアイデア | 20:49 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES