Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19072701 | main | 19072802 >>
19072801
アイデア練り。

ウィークサッカーがしゃべるシーン。
ウィークサッカーは新興宗教のスタートに向けて準備中。
* 建築家に盛り土の山とその上の聖堂との完成を急がせている
* 魔術技師たちに人造神の完成を急がせている

で、ウィークサッカーがどんなキャラなのかがまだあやふやなので考える。
既存の俳優や作品からモデルを取れるといいんだけど今のところピンときたキャラがいない。とりあえず理屈から導き出してみて、それをヒントにすればいいモデルが見つかるかも。あるいは悪役はキャラが薄いほうがいいかもしれず、それだったら特に個性がないキャラでもいいっちゃいい。

仕事を依頼した相手に無茶を要求することから、高圧的で独善的であることがわかる。私の悪役観の基本=権力を行使する抑圧者だ。
竜騎士の立場に立てば競争相手は少ないほうがいいのに、配分を考えずに自分の都合だけでむやみに竜騎士を増やす。金さえ儲かればいいという企業倫理。
つまり私が念頭に置いているウィークサッカーはフィクションの登場人物の模倣なのではなく現実世界での実在の人物の型のトレースなんだな。

フランチャイズを犠牲にしてやまない権力者的悪役。
特撮で言えば悪の組織の幹部で、部下の犠牲を前提とした作戦を立てるようなやつ。うーむ。
この手のキャラが魅力的になるわけがなく、故に印象に残る悪役キャラにはこのタイプがいないのではないか?

権力者系の悪役。
* ギレン・ザビ。長兄や父親まで暗殺していた。



おもいうかばない…

そもそも魅力的な悪役とは?
* ジョジョのディオ
* ジョジョのワムウ
* ジョジョのプッチ神父
* ジョジョの…
* ジョジョのラスボス全般
* シャア
* シンケンジャーの血煙ドウコク
* 仮面ライダーブラックのシャドウムーン
* ダースベイダー
* ダークナイトのジョーカー
* MCUのサノス
* MCUのヴァルチャー

つまり、魅力的な面を持っている。醜悪なだけの存在を魅力的に描いているのではなく、魅力的な存在だから魅力的になる。

ウィークサッカーは現状では悪い面しか設定されていない。だから起伏のない無個性のキャラとしてのセリフしか出てこない。
なにか魅力の側面を追加することができればキャラの厚みが出る。ただし、セブンイレブン本部への風刺という目的は薄れる。
考えつくようなら魅力補充を試みよう。

ウィークサッカーなりの正義をシミュレートする。
資本主義の論理だ。お金を持っているものが強い。勝者がすべてを決める。いや、ありふれた論だな。
ウィークサッカーは類型でしかなく、個人としての固有性を持ってない。

類型であるからこそ象徴的存在足り得ると考えれば個性化の方向のアイデアは要らない。うーん。
類型要素とはかぶらない隙間要素に個性をもたせる?
* 変な帽子をかぶっている
* 言葉遣いが異常に丁寧
* 言葉遣いが漫才風で常に面白いことを言おうとする
* 伝統衣装を来ている
* 最先端のハイテクガジェットを使ってる
* リスペクトしているひとがいてそのモノマネをしている

いや、どれを採用してもそれがあらたな象徴になってしまう。「企業のトップにいたりして自社の利益のために周囲を犠牲にする者はこういう特徴を持つよね」の枠内での追加情報になってしまう。
仮にウィークサッカーに「リスペクトする相手のモノマネをする」という特徴をつけた場合、「企業のトップは先代社長や、世界的大企業のトップのモノマネばかりしている」というメッセージになってしまう。実際がそうであるかどうかは置いておいて。
ウィークサッカーは類型を表現することを目的とするキャラなのでやはり個人化の方向とは相容れない。
なのであれば、該当の類型への検討の精密度をさらに上げて、この類型でのキャラクター性を見出すべきなんだな。
マンガのキャラにするなら結局は口調に何らかの特徴があればキャラクター性の大体の部分は埋まる。

丁寧語か横柄な言葉使いか。
一人称は?
横柄であるべき?
こういう人間はビジネスマンだからマナーだけはいい? 丁寧口調で「私」?
表と裏がある? 記者会見のような公の場所では丁寧口調で、裏では横柄。使い分けがある? すると公とプライベートとの2つの会話シチュエーションを作らないといけない。

一旦区切るか。買い出し行かねば。ウィークサッカーについては個性的なキャラではなく類型的なキャラの路線で、その類型の精度を上げようねというのが目標になりそう。
固有名の竜騎士はどうしようかな。こっちも類型なのか、今後レギュラー化しそうなキャラにするのか。
| マンガのアイデア | 12:15 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES