Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19071601 | main | 19072302 >>
19072301
参院選の影響で政治への興味が特に高まっていて、まだ冷めていない。
個人的に政治の話題がかなり好きで、なんか政治を取り扱ったマンガが描きたいなというモチベーションを感じる。
なんだけど、少し浮かんでいる構想を書き出してみるとあんまり面白くなくて描こうというところまでいかない。
ここでもうちょっと練ってみて描けるネタにならないか検討してみようかな。


やりたいこと
* 自分は政治をこう理解しているという理解の枠組みを語りたい
* 自分は政治をこう楽しんでいるという、楽しみ方を語りたい
* 投票率を上げたい


つまり、ネタがあってオチがあってクスっとできるようなものの系統ではない。
ハウツーマンガみたいなノリになる。

で、脳内ネームを起こしてみると、セリフばっかで動きに欠ける。つまらない。
ピクファンとかでよく使う、セリフ部分だけ入れかえて枚数を稼ぐ形式でやってはどうか。

うーん。

有名な映画やアニメやマンガにおける政治要素を紹介して、「政治がわかるとコンテンツの面白さが倍増するぞ」というふうに紹介し、政治を身近に感じてもらうという構想。
この構想では「投票率が低いのは若い人の政治への理解度が低くて政治に興味が持たれていないのが原因だ」という仮説を暗黙の前提にしている。
しかし、そうだろうか。山田太郎氏が53万票を集めたように、実はネットでマンガを読むようなオタク層はそもそも投票率が高いらしい。だったら投票率を多少とも上げるために漫画を描くという場合、やる気が湧かない。

浮かんでる具体的な構想。
* アメコミヒーローのエックスメンを例に語る。
* アメリカにおける公民権運動(黒人が実質的な投票権を得るための政治運動)がエックスメンの時代的背景にある。
* プロフェッサーXはキング牧師の非暴力闘争主義を下敷きにしたキャラ
* マグニートーはブラックパンサー党のように暴力闘争の方針を下敷きにしたキャラ
* アメコミには政治要素が多くて、映画『スパイダーバース』の主人公、マイルズ・モラレスも「黒人のスパイダーマンがいてもいいんじゃないか」という問題提起から生まれたキャラ
* 映画やアニメも政治の知識があると楽しめる度合いが増すよ!

なんだけど、うーん。
文字の量が多い。
描くのがめんどくさい。

やっぱり保留だな。邪竜の翼2のアイデア練りのほうが大事だ。
| マンガについての考えごと | 22:08 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES