Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19061501 | main | 19061503 >>
19061502
アイデア練り。

冒険者ギルドのアイデア続き練ってみるか。
最後どこまで考えてたっけええと…

* 怪獣によって問題を解決する
* 冒険者ギルドは政治と結びついて抑圧を行っている
* 就活挫折したヒロインを元気づけるという大きな流れ

ヒロインは就活に挫折した冒険者。
主人公と組むことで主人公の役に立ち、自分は役に立つことのできる存在であるという自信を得る。
いかんな。やはりモチベーション刺激度が弱い。再度塩漬け。また新しい着想が浮かべばまな板の上に復帰させよう。


香港デモから着想を得られないか考えようかな。
民衆がデモという形で政治に影響を及ぼすという方法。
もしくは、日本人の目から見た香港デモというのでどうだろう。
日本ではデモというと胡散臭い活動だと見られてしまう。
日本では戦後の安保闘争で学生運動みたいなデモ活動は政治に影響を与えられないと学んで民間レベルでの政治活動をやらなくなってしまっている。
香港で民主がデモによって政治に影響を行使しようとしているのを見て、応援したくなるし、日本にはそういう熱さが失われてるなと恥じる気持ちもある。

うーーーん。

一国二体制…
香港のデモは歴史の「大きな流れ」だと感じる。
一方で、日本においてはそういう大きな流れは失われてしまっていると感じる。日本でヤバい法案が出されても我々はデモをしないんじゃないか。
この、民衆の政治パワーが失われている状態を表現する?

いや、モチベーション刺激されないなうーん。

じゃあモチベーション刺激されそうなものからアプローチ。
というか最近はブログは比較的書けているからブログモードなんだろうね。

えー

さっきKomifloで読んだ一ノ瀬ランド先生のマンガ『常陸中さんは断らない』のファンアートを一枚描いた。



コミフロで読んだ作品でぐっときたものがあるとたまにファンアートを描くことがある。
pixivファンタジアでの交流ネタや今回のファンアートのように、特定の個人に向けて描く作品はモチベーションを高めやすい。
すると私がモチベーションを感じる系統に3つくらい要素があるらしい。

* 好みのヒロインを描く
* ひねりのあるネタを描く
* それを読むことで誰かを喜ばせられる可能性が高い

今回のファンアートで言えば、
* 好みのヒロインを描いている
* えろいネタだと予感させつつちょっといい話的なネタにしてる(ヒネリ)
* 作者である一ノ瀬ランド先生に喜んでもらいたい

その後、一ノ瀬先生からツイッターで反応をもらって喜んでもらえたようだった。

ということはどれかひとつを満たせばいいのではなく、それぞれの要素の合計が一定値を超えると満足するのかもしれないな。
好みのヒロインだけ描いてヒネリネタもなく喜んでもらいたいターゲットも不在であるような場合、モチベーションも満足度も低い。モチベーションの高さと描いたあとの満足度とは比例する。

喜ばせる対象という要素を重視する場合、想定読者から発想をスタートさせると良さそう。

哲学やメッセージをマンガの形で表現するという場合、マンガの価値は上がったと感じる一方で実はモチベーション向上にはあんまり役に立たない。
モチベーションは美味しさ、食欲促進要素であり、メッセージや哲学は栄養なのだ。


そうか。料理に例えると、美味しさと栄養。マンガでいうと面白さと…深さ? 面白さと栄養。

私の場合栄養からのアプローチが多い。
美味しさからアプローチできないかな。
想定読者、範囲が狭まるほど具体的に想像しやすくなってモチベーションに繋げやすい。広くなると漠然としてモチベーション上げにくい。人類一般とか日本人とかみたいに母数が大きいとそれ自体をモチベーションにするのは難しい。
香港デモを題材にするなら香港で行われている政治の枠組みをマンガのストーリーに落とし込むのではなくまず香港デモ参加者に思いを馳せて彼らを応援し元気づけるには何を描いたらいいのかという角度で考えていくといいんじゃないか。


あー
美味しさ要素…
私はマンガのどういう要素に面白さを感じるのか。
ロボットや超能力やバトルではないと思う。見る分にはいいけど描く分にはしんどい。

過去に描いた短編マンガでモチベーションに繋がったシーン…
* 『邪竜の翼』で、ナカヨシがピンナに食事を与えたりして優しくする
* 『マッチ売りの少女とデッドプール』でデッドプールがマッチ売りの少女に衣服を着せたりして優しくする

1ページマンガのようなヒネリのギャグを入れにくい短編マンガにおいては主人公が女の子に優しく接するシーンが私のモチベーション刺激指数が高い。

で、この思考を進めていくといつもたどり着くパターンは「読者の象徴たるヒロインに主人公が優しくする」だな。
今回のファンアートもヒロインを喜ばせたいという要素がちょっと入ってる。

この流れで考えていくと…
* 香港デモの参加者の象徴としてのヒロインを作る(栄養)
* ヒロインが抑圧されている
* 主人公がヒロインを助け、優しく接する(美味しさ)

うーん

一旦区切ろう。
| マンガについての考えごと | 16:25 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES