Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< アンチ・アインランディアンのプロット | main | 19060903 >>
就活冒険者ギルドのプロット
冒険者ギルドの着想もモチベーション刺激度イマイチなのでストックにしておく。

# コンセプト
* 就職活動をRPGのパーティ編成に例える
* 就活業界を風刺する
* 冒険者ギルドをリクルートやマイナビに例える
* リクルートスーツをビキニアーマーに例える
* 冒険者ギルドとビキニアーマー屋とパーティ応募講座とは癒着している
* 初級冒険者はパーティに入りにくい。即戦力が求められる風潮を表現

# プロット
* 主人公の冒険者が巨大な冒険者ギルドのある街にやってくる
* パーティを組もうと仲介を依頼するが、胡散臭い契約をさせられそうになってやめる
* 街の様子を観察すると、冒険者ギルドとビキニアーマー屋とパーティ応募対策講座とが癒着しているらしい
* 自殺しようとしている初級女性冒険者に出会い、止める
* 話を聞き初級冒険者がパーティに参加できない現状を知る
* ふたりでパーティ組むようになる
* その後、冒険者ギルドを中心とした癒着が冒険者コミュニティの破壊を狙ったものであることが暴かれ、黒幕を倒す


---
追記

ヒロインの魔法使いが冒険を重ねてレベルが上っていくと、適性が幽霊や怨念を扱う方向であることがわかってくる。
その方向の上級職に転職する。
冒険者ギルドの街には強い怨念が渦巻いていることに気づく。
主人公とヒロインの共通の友人がおり、その人物が冒険者になろうとしたがパーティー応募に挫折して自殺未遂を起こす。
ヒロインは怒り、街の溜まりに溜まった怨念を実体化させる。
怨念は怪獣となり、冒険者ギルド一帯を破壊し尽くす。
冒険者ギルド体制は崩壊する。


---
抑圧から救われた存在が最強になるの法則でヒロインにパワーをもたせる。
抑圧体制は被抑圧者の復讐を受ける。
人間の愚かさに罰を与えるのは怪獣がふさわしい。
もしくはゾンビが蘇ってきて、というのでもいいかも。すると挫折した冒険者たちのための墓地がある。
| プロットストック | 00:35 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES