Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19051201 | main | 19051401 >>
19051202
アイデアを考えよう。

グラブルはゲームとしては結構好きなんだけどなかなかマンガのアイデアが浮かばない。アイマスや艦これの場合は基本的にプレイヤーと対象キャラ(アイドルや艦娘)との間の関係が濃いので描きやすいのかもしれない。グラブルはそこは無くても構わないくらい薄い。だから自アバターを中心に描くのではなくキャラとキャラとの間(例えばランスロットとヴェインのような)の関係を描くのが得意な人向けなのかもしれない。
浮かばない時は無理にはやらない。ピクファンでしばらくアウトプットし続けてたからそもそもアウトプット貯蓄自体が切れてるのかもしれないしね。

グラブルでゲームとして好きな点。
* 主人公がアバター
* 主人公で自己表現できる(ジョブや装備やスキルの選択で)
* ヒーラーができる
* マルチでヒールオールすると他の参戦者のPTも回復できてヒーラー満足度がたかい(どれくらい回復したのかはじつは見えない)
* 色んなキャラがいて楽しい


アイデア考えるべ。
価値の選択の要素を入れられるかな。
現在のゲゲゲの鬼太郎のシリーズは脚本が非常に優れている。どちらを選ぶのが正解なのかの答えのない選択を次々に突きつけてくる。さっきネトフリで見た回は、泥田坊のお話で、「田を返せ」と主張する泥田坊と、地域の産業のためにメガソーラーを作ってる土木事業者とが対立している。田んぼがなくなったのは田んぼでは地域の産業が成り立たなくなったからで、田んぼに戻せばいいというものでもない。しかし、ゴルフ場やメガソーラーなどの開発で自然が失われているのも事実。どちらが正しいのかの答えはない。
そういうのが凄みを感じる脚本だ。海外ドラマの『24』からも感じたものだ。


いま練っている構想で…
主人公はヒーローとしての行動原理を重視して能力を軽視するあまり、問題解決能力の不足という当然の壁にぶつかることになる。
問題解決のパワーを得るために何らかの犠牲はやむを得ないという選択?
ま、いいや。手を広すぎるといけない。この狙いは今回のコンセプトとシナジーがないかもしれない。


主人公と超人至上主義者とは作中でそもそも知り合い?
悪魔的誘惑者にとってふたりは対照的で興味深いワンセットのサンプルかもしれないけど別に彼ら自身が知り合いである必要ない?
知り合いとしてスタートするなら、二人の決裂を描くことになる。
そうでないなら、誘惑者の手引きで二人は出会う。

先行作品にヒントを求めるか。
この二人に似たようなキャラたちというと?

アムロとシャア?いや、ふたりともニュータイプなので違う。
プロフェッサーXとマグニートー。ふたりともミュータントではあるが思想的対立があるという点で似てはいる。

全く共通点も接点もないふたりだったらセットとして語られない。
今回の構想ではセットとして語られる対象的なふたりのキャラであるほうが望ましい。
悟空とベジータ。やはりふたりとも強い。

実力が拮抗していないとセットとして語られ得ない。

例えばZガンダム対サイコガンダムみたいに、主人公もそれなりのパワーを持っている上で誘惑者はさらなるパワーを提案する?

実力が拮抗していないライバルと言えば? スーパーマンとレックス・ルーサー。うーん。対決の軸をずらすことで戦っている。レックス・ルーサーは社会のシステムを上手く利用する。スーパーマンの純真性を弱点としてついてくる。

それこそAKIRAにおける金田と鉄雄? お、彼らはかなりぴったりじゃないか。超能力に固執する鉄雄はコンプレックスの裏返しである。と言っても二十年くらい前に一度読んだきりだ。読み直すべきだな。

先行作品見本探しは一旦置く。

主人公は超能力もないのにヒーロー活動をしている? 無理があると思う。
なので、解決すべき問題があってそれに取り組まざるを得ない立場にいるとすべきか。

あー
事件。
超能力に覚醒する人が次々に出てきて問題を起こし、社会問題化する。
原因を探り、この現象に終止符を打とうとする者がいる。これが主人公のはず。刑事?探偵?自警団?
超能力に強い執着を示し、自分も超能力を得ようとするものがいる。これがライバル。

主人公はなぜこれを調査する?職業?
例えば知り合いや家族がこの現象で犠牲となり、個人的に看過できない事情が生まれたとか?

リアリティレベルの話になってくるなあ。ファンタジーでいいんだったらいつものように僧にしてしまう。しかしそうすると読者にとっての「どうでもいい度」が増す。でも現実世界でどういう設定にすれば私に描ける?

ま、いいや。いろいろ考えよう。理想的に言えば実写映画にできるような現実ベースの設定だといいが私はその系統苦手なのでファンタジーになってしまっても仕方ない。
| マンガについての考えごと | 00:02 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES