Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19051102 | main | 19051201 >>
19051103
考え事。

取組中の着想。

超人至上主義のキャラが鍵。

二択。
* 超人至上主義キャラは主人公の相棒で、一緒に問題解決に取り組む。バディもの。
* 超人至上主義キャラがこのお話で対決するヴィラン。

平成ライダーからの学びで、バディものがいいというのがあった。
ヒーロー観の不一致というテーマだからふたりは味方であるほうが良さそうではある。
このテーマに噛み合うヴィランを考えつければ、主人公・超人至上主義者・ヴィランの三人のお話にできる。
超常的な能力を与えるよと誘惑するのがヴィラン? いいんじゃない? 悪へのそそのかしを行うもの=悪魔。主人公はこれに乗らず、超人至上主義者は乗ってしまう。だから超人至上主義者は味方から敵に寝返る存在。
似たような過去作品もある気がする。…ぱっと思いつかないけど。

力が欲しくてヒーロー目指してるのにヒーローは一向に力を与えてくれない、力を与えてくれるものが現れた、別にヒーローじゃなくてもいいんだから願ったり叶ったりだ、こういう流れ。
誘惑者! ヴィラン。いいんじゃない?
「キミは選ばれた存在だ」「この力はキミのような天才にこそふさわしい」「皆はキミのことを理解していない。私は理解できる。」こういう感じ。
主人公と超人至上主義者とはヴィランから同じ誘惑を受け、主人公は全く食指が動かず、超人至上主義者はこれに抗えない。いいんじゃないか。
| マンガについての考えごと | 00:53 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES