Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 19050201 | main | 19050601 >>
19050301
平成ライダー振り返り続き。


## 仮面ライダー鎧武
ユグドラシルコーポレーション。若者たちを利用して人類救済・削減計画『プロジェクト・アーク』を極秘裏に立案・遂行しようとしている。
「悪い大人」「独善的な大人」の象徴と言える。
Wikipediaにも「メインライターの虚淵玄は、会社や組織が視聴者である子供たちの恐怖の対象になるであろうという考えからユグドラシル・コーポレーションを設定した」とある。ということは仮面ライダー鎧武の基本構造は「こども対大人」で、ガンダムZZと同じ路線なのか。

ヘルヘイムの森は生態系を侵略する外来種で、時空を超えて全宇宙どころか全並行世界中を侵略している。象徴性を読み解けるかな?
うーん。異文化…? 移民…? ちょっと違う気がする。
ヘルヘイム設定からメッセージ性を抽出しようとするよりはユグドラシルコーポレーションに注目すべきだな。悪い大人。悪い大人に利用されまいとする真っ直ぐな心を持つ仮面ライダー。構造はしっかりしている。


## 仮面ライダードライブ
ロイミュード。機械生命体。
蛮野博士が作ったアンドロイドたちが自我を持ったもので、そこまで悪という感じではない。実際中心メンバーであるハートはとてもいいやつだった。
この作品の場合ロイミュードよりは蛮野博士に注目すべきかな。マッドサイエンティスト。いや、普通のエンタメ悪役か。
機械生命体とも最終的には友情を結ぶことが出来たので、種族ではなく心の中身を問うというようなテーマなのかもしれない。


## 仮面ライダーゴースト
途中で視聴挫折したライダー。
主人公は死んでから蘇ろうとしている。神話的モチーフかもしれない。
眼魔は異世界の住人。Wikipediaによると科学が進んで交配した地球でない惑星とされている。
ラスボスのグレートアイは進化した知的生命体の集合意識だという。アーサー・C・クラークのSF小説『幼年期の終わり』におけるオーバーマインドみたいなものか。
眼魔設定には特に象徴は読み取れない…?
むしろ蘇りや幽霊だな。主人公は生き返ろうとする。うーん。
よくわからない。スキップ。


## 仮面ライダーエグゼイド
ゲーム病。バグスターウイルス。
ライダーは医者で、病気を治す。
レベルアップしていく。
ゲームが病となるということは素直に考えればゲーム批判なんだろうけどライダーでそれをやるとは考えられない。やっぱりただのマーケthングの都合に過ぎないか。
病気を治す仮面ライダーくらいの意味あいかな。


## 仮面ライダービルド
パンドラボックスを巡って日本が3つに分断されて相争っている。
エボルトがラスボス。惑星を滅ぼしてそのエネルギーで生きているという星喰い存在。マーベルでいうギャラクタスみたいなものか。
仮面ライダーの軍事利用が争点となるから、科学と軍事とかそのへんがテーマなんだろうか。



平成ライダーを振り返ってみての感想。
全体的に象徴性は薄い。これはおもちゃのマーケティングの都合が先行しているからで、それぞれのそもそもの企画は象徴性を考慮していない。
象徴性が現れるとすれば企画を受けて内容を作っていく段階で脚本家や監督が設定や展開に盛り込んでいっている。作品全体から言えば末端のオマケ要素として取り入れられているのに過ぎなくて、必須ですら無い。

その中で注目に値するなと感じたのが以下のライダー。
* 仮面ライダー555: 進化した人類としてのオルフェノク。それとの共存。
* 仮面ライダー響鬼: 荒ぶる自然とそれを鎮めるシャーマンとしての仮面ライダー。
* 仮面ライダーオーズ: 欲望を象徴した敵と、無欲なゆえに無限の欲望の器となりえる主人公。


で、私としてはどういう内容が象徴されていると嬉しいか。
抑圧が悪として描かれていると嬉しい。
Xメンがまさにそうで、センチネルがミュータントへの抑圧の象徴的表現として優れている。共存路線のプロフェッサーXと武力闘争路線のマグニートーというミュータント内での立場の対立も現実の反映が強くて素晴らしい。
平成ライダーにはそこまできちんと現実を反映した象徴を試みたものは存在しないように見える。

最近は地球温暖化の影響からか自然現象による災害が多いので、それを鎮めたいという願掛けとして響鬼があると解釈することは可能だけど、別に社会批判になっているわけではない。おまじない的なものだ。

欲望を取り扱うオーズも社会批判ということではない。もっと普遍寄りの、哲学的内容だ。

するとオーズが一番象徴文脈では味付けが濃いと見るべきかなあ。オルフェノクは人間の延長である。それを敵とみなすのか共存すべき隣人とみなすのか。また、自分自身がオルフェノクになったりオルフェノクであった場合はどう考えるべきか、など、現実世界に照らした考え事に最も向いている内容だと感じる。
けどライダーシステムが個人と結びつく度合いが弱いからライダーとしてはそこまで好みではないんだよね。ギアがあっても一般人は変身できないし(適合者じゃないと使えない)。うーん。


だったらオリジナルの仮面ライダーを考えるべきではないか? 自分の好みの設定でありつつ、かつ、象徴性をもたせたい。
| マンガについての考えごと | 11:31 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES