Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< [プロット]遭難者の話 | main | 18121801 >>
18121701
遭難者のお話もモチベーション上がらず。
なのでプロットとして一旦出力しておいて、いつか使うかもしれないしいつかなにかのヒントになるかもしれない。
マンガにまではならなくても少なくともプロットは考えたよということで最小限の出力とみなす。
モチベーションがいまいち低空飛行の時は「後のためにプロットをいろいろ作っておいて」みたいな方針でやっていると解釈すればそれはそれで悪くない。

じゃあ次のプロットを考えよう。
プロットをいくつか作っているうちに描く気が喚起される鉱脈を見つけるかもしれない。

最近は真面目系のをいくつか考えてどれもいまいちモチベーションが臨界点を突破しないので、エンタメ寄りで考えてみよう。

自分のモチベーションを刺激してくれがちなもの。
* 私が「こういうのやりたい」と感じる主人公
* 自分の好みのヒロイン
* ふたりのやり取り

最近自分が「こういうのやりたい」と感じるものは?
ふたつあるな。
* ドニー・イェン主演の映画イップマンシリーズを見たので、カンフーの達人をやりたい
* フォールアウト76でストレスが溜まったので、ファンタジーのゲームの僧侶/ヒーラーがやりたい

カンフー映画を立て続けに見ていたので、「自分がカンフーの達人描くならこういうふうに描きたい」というイメージが出てきた。
* カンフーの内容は防御的な柔拳
* 勝ち負けにはこだわらず、争わないことを重視する

フォールアウト。FO76は面白いんだけどストレスも溜まる。
* ライフルで戦いたいのに銃弾がすぐ尽きる
* 魔法だったらMPが自然回復するだろうから弾切れ気にしなくていいのに
* 荒廃した世界で銃持ってミュータントを殺戮して回るよりファンタジーの世界で癒やしの魔法を使いたい

さて。
しかし今ちょっとカンフーの達人を描くイメージをしてみたところ、そんなに盛り上がらなかったな。私はいまバイオリズムが下降してるのか?
僧侶的なジョブは描いていて心地よい。だから特に意識しなくても主人公は自然と僧侶的なジョブになっていくだろう。これはモチベーションを高める要素というよりは前提要素になってくるな。

やっぱりヒロインだな。
こういうヒロインを描いて主人公にはこう関わらせたい、というのがあるはず。

最近気になってる女性キャラ。
* 艦これの長門さん
* FGOのお竜さん
* 艦これの松輪ちゃん

私はこども好きなので松輪ちゃんはこども枠。
長門さんはなんか面白い。
艦これ、以前の私だったら好きになりそうな艦娘というと瑞穂さんだろうと思う。おしとやかで丁寧語な美女。しかし、最近はそうでもないというか、型にはまっててつまらないという印象が強い。よくある風味だし薄味であると。

で、長門さんは歯ごたえがあるし、男性の相手に媚びることを主要な機能にはしていない。そこが良い。

FGOのお竜さんはなんか面白い。でも彼女は基本的に坂本龍馬にベタベタくっついてるキャラだな。でもなんかマイペースでドライな感じだ。そういうのが良い。



私の艦これマンガ、世間の艦これ二次創作マンガに比べて艦娘たちが提督にデレデレする度合いが弱いと思う。
どうも私は自分の分身キャラを作中に出したいとは言え、別に作中で女の子にモテモテになりたいという段階ではなくなったらしい。魔王バラーやアイスミルク描いていた頃は作中で女の子に好かれることを目当てにしたマンガを描いていたように思うんだけどその欲求は低下していってるように感じる。
ベタベタする必要はなく自然に信頼のある関係であれば良い。



艦これマンガでもいくつか描いたネタの系統に、「松輪ちゃんを心配して面倒見る」というのがある。これ掘り進められる鉱脈ではないか?
長門さんと提督で組んで、松輪ちゃんのために気をもむみたいな。これはこどもの心配をする両親の心境だな。

待った。長門さんがいるとして、私だったら正直どうしたい?
仲良くなれれば良い。
うーん。
いまいちお話にまでつながる発想に至らないな。

お話というのは構造。問題があり、それを解決するというのが最小のセット。どういう問題か。やはり、何か倒して終わる。イップシーフーの登場する映画『グランドマスター』を見たんだけど、クライマックスがバトルではない。だからお話がつまらなかった。ドニー・イェンのイップマンシリーズは毎回ちゃんとバトルがクライマックスに来る。構造がわかりやすく、戦いで盛り上がるのでスッキリする。戦いがあるお話は基本的に良い。

何だけどもっとこう沙耶の唄みたいにぶっ飛んだお話もいいなあ。


こうダラダラ考えると、自分の内側に「これを達成したい」という欲求がないのが問題だなと感じてくるな。それがない限りは無限にアイデアを出してもどれも選び取れない。

うーん

ヒーラー的発想で「ここにケアルが必要だ」路線で行くと遭難者と船のお話になったはず。
他に要求はないか?
なんかこう、哲学的な主張とか…

ぱっと思い浮かぶほど強いものは無い気がするな。

いろいろ機が熟してない気がするが、こうやってダラダラと机に向かって考え事することがパワーの蓄積になるのだ。

寒いし今日はここまで。
| マンガについての考えごと | 00:09 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES