Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18121501 | main | [プロット]遭難者の話 >>
18121502
アイデア練り。

あらすじを書いてアイデアを出すべき箇所を見つけていく。

大きな船が沈みつつあるところからスタート。
沈み切る。
人が一人だけ浮かんでくる。
船の破片かなにかにしがみついて浮かぶ。
小型船(はしごとか使わないで海から自力でよじ登れそうな規模で、ボートよりは大きいというイメージ)が通りかかる。
船に乗っている人が遭難者を見つけ、浮き輪を投げようと持ってくる。
すると船長が登場して(ということは最初は船室の中とかの画面から見えないところにいる)、船員が浮き輪を投げるのを阻止する。
遭難者が自力で船にたどり着き、乗り込もうとする。
船長が櫂か何かで叩いて追い落とす。
遭難者は位置を変えて再チャレンジ。
船長が追う。
今度は船員が船長の邪魔をする。
しかし船長が船員をはねのける力が強く、船員による妨害は失敗する。
船長は再び遭難者を叩き落とす。
船員が本格的に船長と対決する。(要アイデア)
* それをどうやって表現する? 抜刀? 銃を抜く?
* 突然西部劇スタイルになり、背中合わせの状態から合図で打ち合う?
船長が勝つ。
船員と船長とが戦っている間に遭難者は船にこっそり乗り込む。
船長は船員を打ち負かす。
勝ちポーズを取ってると風が吹き、帽子が飛ばされ、それをキャッチしようとしたはずみで海に落ちる。
船長はどうも泳げないらしい、。泳げないのを絵で示す必要があるな。
間。読者が「自分だったらこのあとの展開をこうしたい」というのを考えるための呼吸の余地を作る。
遭難者が海に飛び込む。
船員がロープ付き浮き輪を投げる。
二人で船長を助ける。
船長、二人に詫びる。
三人で船で去る。


面白みを追加したい。
構造や象徴にとらわれず。
サメを出す? 海の怪物的なもの。

---

フォールアウトで遊んでいた。続きを考えねば。

現状のアイデアではエンタメに欠けるのでエンタメ要素を追加するという話。
海の危険をサメ的なもので表現する?
船長が転落する際のきっかけが現状では「風が吹いて帽子が飛ばされる」みたいな偶然に依存しているのでここにアイデアを入れて必然性を高めたい。

と言ってもアイデアは無限に出るわけではない。
ぱっと思いつくもの:
* サメ
* クラーケン
* クジラ
* 歌を歌って人心を惑わす系統の怪異(人魚とかセイレーンとか)
* 高波

歌を歌って人を海に誘う妖怪、日本のオタクには通じるだろうけど想定読者にはわからないかもしれない。
クラーケンみたいな巨大な生物だと船に避難しても船ごとやばい。
すると最も安直な発想であるサメが適切ということになるかな。

船長と船員が戦っている間、遭難者がサメから逃げている。

わかった。船の上からサメを攻撃する手段がある。遭難者がサメに襲われてピンチのとき、船上で船長と戦っている船員が船長の隙をついてサメへの攻撃を実施する。これにより遭難者はサメの危険から逃れるのに成功するが、サメ攻撃時に生じたスキを突かれて船員は船長に倒される。
サメ攻撃手段はどういうの?
* 船備え付けのモリみたいなのを打ち出す機械
* モリを投げたり弓矢を射たりする原始的なやつ
* 銃
* 櫂みたいな近接武器(飛び道具ではなく)

船長を救うくだりでは遭難者がこの武器を操ってサメに命中させ、撃退する。船員と遭難者との間に技量の違いがあり、遭難者は達人であるというふうだと良い。

すると単純な手段がよく、技量の上下が出るほうが良い。弓矢かなあ。
| マンガについての考えごと | 00:52 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES