Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18121401 | main | 18121502 >>
18121501
アイデア練り。
沈没船のやつ。

シンプルで良いと思う。
ただ現状の原型のままじゃいまいちモチベーションを刺激されないのでモチベーション刺激要素・つまり私のエゴの要素を入れたい。

要するにヒロインを配置することだ。
船長・船員・遭難者のうち誰かをヒロインにする?
キャラを増やしてヒロインをそこに充てる?

今回の悪役である船長の位置にヒロインが割り当てられることはない。
素直に考えれば
* 船長=今回新規に考える
* 船員=いつものナカヨシ
* 遭難者=ヒロイン

ナカヨシを悪役に割り当てるというのもありか。マッチ売りの少女とデッドプールのときのように。
この場合船員がヒロインだろう。
いや、だめだな。デッドプールのマンガの時は主人公がデッドプールだったからナカヨシという役者が余ったぶん別の役に割り振れたけど今回はデッドプールのように借りてくるキャラを出すわけではない。新規作成のゲスト枠キャラが登場するなら重要な役ではないところに割り当てたい。

じゃあ素直に考えた割当で行こう。
すると想定読者(日本に来てしまった難民)には女性キャラに感情移入してもらいたいというのが私の要望となる。それでいいのか?

自分のモチベーションを考えずに発想するなら、より普遍的に感情移入してもらえるように登場人物三者は動物に置き換えて描くのがいい。
* 船長=権威を感じさせる強そうな動物。虎?
* 船員=明らかに船長より弱い動物。イエネコ?
* 遭難者=泳げなくはないが通常は陸上に住んでる動物。犬?

ネコは他人には無関心というイメージなので船員ネコが遭難者を助けようとするのは不自然かもしれないが、一方でネコは上下関係無視するだろうから船員ネコが船長に逆らうのは自然に見える気がする。

なんだけど動物では私はモチベーション刺激されないのだ。
なんだけど低いモチベーションでも描ける能力を養うという方針もあったはず。

うーん。
心に従おう。動物路線はボツ。エゴの側に寄せる。

つまり、うまく描けたら何らかの方法で実際に難民の人々に届けたいという欲が出るから変な遠慮が出てしまうんだな。そうではなくマンガ優先で作って、それでも内容が妥当なら(具体的に言えばそんなにえろくならないなら)描き上がったものの活用を考えてもいい。活用するためというのを念頭に置いて内容がおっかなびっくりになるなら趣味で描く意味がないと。

遠慮とこだわりは違うのだ。動物にしたほうがいいかなあと考えるのは遠慮(自分のではない要求への忖度)で、設定をなるべく少なくしたいというのはこだわり(自分の要求)。

遭難者のヒロインと船員のナカヨシ。
説明責務が増えるような設定は避ける。

船長と船員とが対立して戦うというシーンはあるだろう。
しかしそうすると遭難者の出番が殆どなくなって、遭難者のお話ではなくなってしまう。
船長と船員が戦っている間にも遭難者が活動しているというのを描写したい。
そこでアイデア。遭難者は泳ぐのが得意。
船が沈没して、浮き上がってくるのがヒロイン一人だけ。これは他の人間出すと描くのめんどくさいというのもあるし、「この人物は泳ぐのが得意だから脱出できたんだな」と予感させることもできる。
遭難者は船長と船員とが争っている隙にその優れた身体能力を生かして船に乗り込む。だから泳ぎだけじゃなくて身体能力全般が優れているとすればいいのか。
しかしそうすると、「難民は優れた能力で自力で生きていけなければ死んで当然だよ」というメッセージになってしまうのではないか?
それは、あると思う。一方で、読者には遭難者に感情移入してほしく、感情移入した相手が優れた人物であるのは読んでいて気持ちがいいのではないか。フィクションの中でくらい救いがあったほうが良い。なので遭難者が優秀な人間であるのは問題視しなくていいや。というか、優れた人間であっても難民にはなる、難民になるのはその人に原因があるわけではなく誰にでも起き得ることだということを表現するのには妥当とも言える。

船員はいつものナカヨシ。最近は青年と初老の2バージョンあるな。どっちがいい?
船長は今回のために新規に作らねばならない。既存の有名キャラなり人物なりをモデルにするとやりやすいが。
遭難者ヒロイン。いつものえりかさん? 特に難民の象徴的ビジュアルを追わなくて良い。人間の女性で人種不明という程度がいい。するとナカヨシと船長とヒロインはみんな同じ曖昧な肌の色(黄色と褐色の中間くらい)をしている服装はTシャツにジャージみたいな記号性のないものが良い。

あー

もう2アイデア分くらい飛躍が欲しいが。

一旦ここまで。散歩行くべ天気いいし。
| マンガについての考えごと | 11:53 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES