Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18120102 | main | 18120202 >>
18120201
アイデア考え。

アメリカとイランの1950あたりからの歴史を下敷きにして、テロリストが悪の権化なんじゃなくてテロリストを生み出した大きな構造のほうが問題だという内容にしてはどうかという着想。

なんだけど、これだと欧米と中東というふうに、遠い世界のことを題材にしている。
日本にはもっと身近に大問題がある。
* 入管での人権侵害
* 外国人労働者研修制度を悪用しての奴隷労働問題

つまり日本では外国人の人権を守ろうという気が全然ない。日本では外国人への差別意識があるということで、これは抑圧にほかならない。
なんだけど、この路線で考えてるとマンガを描こうとしているのか社会運動をしようとしているのかごっちゃになってきているな。あくまでマンガを描きたいわけで、その題材として社会に目を向けている。社会問題に囚われすぎるのも本末転倒だ。

まあでもあれか、身近な問題を訴える「べき」なのではなく、より面白いアイデア・描くモチベーションが刺激されるアイデアが出るならそっちの問題を描けばいいということか。マンガに有利になるなら避ける意味はないし、マンガに不利なら採用する意味がない。

ま、日本における外国人差別問題はすぐに検討しなくてもいいや。でもそのうち題材にはする気はする。興味のある話題なので。
いまは今の考え事の文脈に従って中東と欧米を題材にアイデアを考えるのを続けてみよう。



ヒーロー物かな。いちおうヒーローズアンドヴィランズとは別と考えておく。
* 主人公
* アメリカをイメージしたヒーロー
* 登場時はテロリスト扱いのキャラ(ヒロイン)

あらすじ。
* テロ事件が起こる。
* アメリカヒーローの要請を受けて主人公もテロリスト捜索に当たる
* テロリストを見つけ、対決する
* 実はテロリストは過去にアメリカヒーローにスーパーパワーを奪われた元ヒーローだった
* アメリカヒーローからスーパーパワーを取り戻すために抵抗運動をしている。
* 主人公はテロリストに協力してアメリカヒーローと対決する。
* テロリストのスーパーパワーを取り戻す。

現実世界に置き換えればこのお話は日本が中東イスラム圏側に肩入れして中東から欧米勢力を追い出す、というちょっと現実離れした内容になっている。
んだけど、これはフィクションだし、それくらいめちゃくちゃでちょうどいいのかも。

簡単に言えば中東は欧米に石油(石油による利益)を搾取されてきた。欧米はそれを行うために中東の民主主義を破壊してきた。
中東の石油をスーパーパワーで象徴させる。
民主主義が潰されたのを闇落ちで表現する。もっと言えば「正義の心の破壊」が端的に表現されるといいんだけどな。中東ヒロインからスーパーパワーを奪う際に精神を凶暴化させるという副作用のある薬物を使ったとか?ありかもしれない。
奪われるスーパーパワーをどんな形にするか。それがなくなることによって正義の心が損なわれるというものだともっと話が早い。精神の安定をもたらすことが連想されるもの…
たとえばクマのぬいぐるみ型の変身アイテム。ぬいぐるみによるいやし効果を持っていて、それが奪われることで精神が不安定になる。
アイデンティティに関わるようなモノ。鳥類の亜人から翼を奪うとか。これは邪竜の翼でやったパターンだから避けるべき。尻尾? 角? インフィニティ・ガントレット? ムジョルニア? ムジョルニアはいいかもしれない。
そのスーパーパワーの源がアイテムに集中的に依存しているヒーロー能力で、そのアイテムが奪われる?

一旦ここまで。DVD見て返しに行かないと。
| マンガについての考えごと | 12:03 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES