Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18112801 | main | 18120101 >>
18112901
戦うマンガなら悪は金持ちの権力者の抑圧者であるのがよい。

『邪竜の翼』のときも念頭に置いていた映画『ジャンゴ 繋がれざるもの』が、やはりこの構造だ。ドクターキングシュルツといい、この映画はどうも私向けの要素が多い気がする。

ゾンビは金持ちの権力者の抑圧者の象徴にはできない。

金持ちの権力者の抑圧者を象徴するのに向いた題材があればそれを描けばいい。
最近見た映画『スパルタカス』もこの構造だった。そんなに珍しいジャンルではないはずだ。

日本の時代劇はどうだろう。
忠誠が美徳だと描かれる場合はこの路線ではない。むしろ権力に従うことを是としてしまう。
一揆みたいに支配者に抵抗する内容だったらこの路線だ。そういうほうが好きだ。
そう考えると侍も忍者も「権力の犬」という点で私の好みとは合わないということになるな。支配者と被支配者との対立構造がある時、被支配者の解放のために戦うのが好きなのだ。

あるいは、『かっぱの子作り』のときは「もし子作りが苦痛だったら」という着想から描けたものだったように、なんだか出所がよくわからない着想が浮かべばそれを描けば良い。

何にしても一旦また視界を広げてコンセプトなりテーマなりの根本から探り直すと良さそうかな。
| マンガについての考えごと | 01:09 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES