Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18110701 | main | 18111001 >>
18110801
アイデア探し。

ヒント。
* 経済と詩の対立
* 冷酷なことをしなくてはならない運命にある優しい人物

主人公を強者(自分の思う通りに生きている自由人)ではなく弱者だととらえられないか。
私の主人公のナカヨシはたいてい強者だ。
しかし、私自身は社会に適応するためにいろいろ苦労したし、恐れていることもある。無職になることとか、しんどい仕事を回されることとか、キツイスケジュールで残業が続くとか。
過去の人生でも精神的な危機は数回あって、すべて現実世界との適応が問題になっている。



なので生存のために本来の自分とは別に社会に適合するためのペルソナを構築してきているはずだ。誰もが。

我が主人公も、生存のために構築したペルソナがある。で、それはそれで本人的にも模索しながら苦労して自分に快適になるようなモノを作り込んできたはずだ。
それがなんらかの不測の事態によって計算とは異なる展開になってくる。
例えば会社なりマフィアなりの組織でいいポジションを得ているとする。
本来組織行動は嫌いなのにもかかわらず。
* 収入のため
* 無能な上司に苦しめられた経験があるので自分が上に行ったほうがマシだと思った
* 職場の待遇改善のため(部下が働きやすいように)

なんだけど組織のトップが不慮の事故で死んで、トップが交代する。すると組織全体の方針が変わり、主人公が許容し難いような組織体制になっていくとか。

主人公は決して自分の人生をコントロールできているわけではない。そこで、ペルソナと本質との間に矛盾が生じ、戦いに従事せざるを得なくなる。

うーん。

具体的なアイデアがまだないが。今日はここまで。
| マンガについての考えごと | 00:41 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES