Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 戦争とジャーナリズムについて02 | main | 18110301 >>
18110101
レッド・デッド・リデンプション2ばかりやってないでなんか考えよう。
その前はフォールアウト4やってたし。マンガモードから離れてゲームモードになってるらしい。

少しはマンガに脳を使おう。

レッド・デッド・リデンプション2ではなるべくひとを殺さないようにという目標でやってるんだけどシステム的にそうも行かないところもあり、また、私も安易に銃を撃ってしまう。
例えばならず者に遭遇したとして投げ縄で制圧できる可能性がある時でも相手が投げ縄の射程範囲内に行ってしまうと銃を取り出す。
殺したくないが殺したほうが手っ取り早いなというジレンマを感じながら遊んでますね。

ストーリーでは主人公はギャング団の一員なので罪のない市民の家に忍び込んで財産を盗んだりする。
所持金が増えて嬉しい半面、やはり心が痛む。
いっぽうで、ミッションに関係なくうろうろしていると突発遭遇イベントで人助けをできることがある。
* 毒蛇に噛まれたひとに薬をやる
* 馬が事故で死んじゃったひとを馬に乗せて街まで送る
* 野生動物に襲われてるひとを助ける

良いことができた際は気分が良い。

フォールアウト4では…レイダーやミュータントの頭をビルの屋上からライフルでふっとばしている印象が強い。殺さないように工夫しようとか善行をしたとかの経験は思い当たらないな。

あー

マンガのヒントの文脈を思い出そう。

* ダークファンタジー考えようと思ってあんまりモチベーションが高まらなかった。
* 邦人ジャーナリスト解放を巡るネットでの賛否両論の現象に興味をいだき自分の考えをマンガの形にできないかと思ったけどそこまでモチベーションが高まっていない。
* RDR2で善人プレイすると満足度高いのでそこからなにかヒントを得られないか。

うーん。どれもこう、強いモチベーションに結びついていないな。
ドラマのデアデビルシーズン3が面白いのでちょこちょこ見てるけどマンガに結びつくような刺激はやっぱり得られていない。

まだインプットのターンかな。投げ縄もって西部に行くか…

| マンガについての考えごと | 00:20 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES