Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18102501 | main | 戦争とジャーナリズムについて01 >>
18102701
ダークファンタジーでアイデア探してたけど、モチベーションを刺激する別のテーマを見つけた気がする。

ジャーナリストの安田純平氏がテロリストから解放された件についてだ。



安田氏の行動を是とするか非とするかで意見が分かれると思う。
私は是の立場だ。
で、自分の考えをまとめるために調べ物をしていていろいろ知った。
* 渡航禁止というのは注意勧告に過ぎず法的に禁止されているわけではない
* 身代金が払われたという事実は政府は否定している

https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201810/24_a.html

価値あるニュースというのはそれを隠蔽したがる勢力のいるニュースのことだというのは映画『ペンタゴン・ペーパーズ』かもしくは『大統領の陰謀』かで語られていたことだ。あれ?ちがうかも。

視点。
* 正義を行おうとして失敗した者を責めるのと、不正を行おうとして行われた不正を責めるのとは違う
* 権力=正義ではない。権力に逆らってでもなそうとされる正義がある。アメコミヒーローのビジランテがそのテーマ。
* 国は国民の自由を守り(海外渡航の自由を保証している)、危険に陥った国民を助けている。国けっこうちゃんとしてるじゃんという側面。
* 存在しない身代金を妬む人々。自分の信じたいものを信じるという側面。
* 書きたい記事のために事実を捏造したくなる誘惑。私も「身代金は払ってないという公式発表」を探しててどうも見つかりそうもないと感じた時(結果的には見つかったんだけど)、これは事実は捏造して記事(上記のマンガ)を書いちゃいたいなという誘惑を感じた。

アイデア探してみようね。
| マンガについての考えごと | 13:36 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES