Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18100701 | main | ディストピアもの 監視ドローン世間様 >>
18100702
考え事。
前回の考え事での着想が「スーパーマン的な最強ヒーローがなにか精神系の攻撃にさらされててピンチに陥ってる」というものだった。

この路線で考えられる?

どういうピンチか。
* 表面の見た目からはピンチだとわからない。
* リスナーズの特殊能力によってピンチであることが発見される。

謎解き要素が入るということだよね。
シンプルに考えると「他人に操られている状態」になってる。しかし工夫がない。
変身させられていて犬とかカエルとかになっている? で、助けを求めていることはわかるんだけど具体的にどういうピンチなのかわからない?

謎解き的にするとつまらない気がする。HUNTERXHUNTERやジョジョでも能力設定やなんかが複雑に駆使されるエピソードはあんまり面白くない。ハンター協会会長の選挙のエピソードで票がどう動くかという話があったけどあの辺の展開はそんなに面白さを感じなかった。

うーん。
今年はマンガが調子よく描けている期間が長かったので忘れがちだが、こうしてマンガのアイデアに詰まることでマンガを描けている状態のありがたみを思い出すことができる。

ちょっと手前に戻ろう。

* ヒロヴィラフォーマット。
* ナカヨシとマーメイドが協力して、誰か助けを必要としている存在を助ける。
* マーメイドが知能を働かせる描写がほしい。
* どんな存在がどういうピンチに陥っているのか。
* 演じるという要素を入れるかいなか。

うーん

PCに向かってブログで考えごとしだすとどうも考え事の射程距離がむやみに短くなってしまう感じがする。
もっとこうマンガの可能性は無限なんだからリミッター解除的な考え事ができるといいんだけどね。

まだ焦って具体的なアイデアを出すような段階ではないな。
最終目的地の予感を探す程度のところから。

あるいはヒントだな。次の作品のヒントになるような要素をストックしていく。

現状のヒント。
* HUNTERXHUNTER36巻のカチョウ・フウゲツ・センリツ
* 昔話の「良いおじいさん」
* キャプテン・アメリカ的ヒーロー
* 倒すべき悪としての権力、ディストピアもの

このへんか…?

なんかしらかモチベーションを高めてくれる刺激に遭遇しないと進みにくいかもしれないな。
ただ、マンガが描けてない時期が長くなるに従って飢えによってアンテナ感度が上がるっぽいから悠長に構えて楽観視していればいいという気もする。

頭も回らぬ。ここまでにするか。
| マンガについての考えごと | 23:11 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES