Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18073001 | main | 18080101 >>
18073101
艦これマンガのアイデアが尽きたのでだらだら艦これ攻略していた。
3-2を苦労してクリアして、ノーマークだった2-5をやってみた。2-5は金剛四姉妹揃って連れてっていいということなのであんまり使ってなかった彼女たちを総動員。強いな金剛四姉妹!


艦これ短編のアイデア続き考えてみよう。
旧日本軍こそ巨悪なんだけど艦娘たちを生み出したのも旧日本軍なんじゃないか問題。

ふたつの方向。
* こどもは親を選べないから別に艦娘に責任はない。
* 旧日本軍があんな感じだったからそのつけを払わされる形で艦娘というものが存在している。


こどもは親を選べない。親の肩を持つ必要はない。軍国主義が艦娘を生み出したのかもしれないが別に艦娘が軍国主義になってくれとお願いしたわけではない。「軍国主義がなかったら君ら生まれてないじゃねえか!」「うるせえ知るか!」の精神。
親とこどもは切り離して考えるべきだと。
こどもはこどもで親に気兼ねなく自身の願いを願って良い。これはだから犯罪者の子孫問題に通じる。凶悪犯のこどもだからという理由だけで社会から迫害されてはならない。
でも別に艦娘たちが軍国主義のこどもであるという理由で社会から迫害されているわけではないな。


軍国主義がひどい内容だったから、そこに生じた悲惨を弔うために艦娘が発生した。
つまり、彼女たちがそもそも必要とされない世界こそが本来は望ましいものだった。
そう考えるとまさにゴジラと同じ存在ということになる。
つまり、艦娘の誕生は「なくなって困る」ものではない。無いに越したことはないものだったと。



どういうお話にするのがいい?
艦娘は象徴力が高い存在。非日常。やはり怪獣映画が似た構造ではないかな。
あと戦争にまつわる映画。戦後を舞台として戦争の傷跡なんかを描くのがいい。ランボー?

どんな加害が描かれるか。
* ゴジラのような怪獣が現れる。
* 日本あるいは世界が再び軍国主義化しようとする。

今脳の一番手前にある着想は、日本が再び軍国主義化しようとする→軍国主義化の象徴としてメカゴジラ的兵器が作られる→艦娘たちがこれを戦う。ウルトラマンアラズのときと着想がおんなじだな。

そういう発想の既存の映画なかったかな。おそらくSF。身内/国/政府が悪になる。主人公ははじめその組織の一員だが組織が間違っていることを確信して裏切る。ガンダムにそういうのありそうじゃない?

鎮守府の上層部が艦娘たちを軍事兵器として悪用するという方針を立てる。
主人公の鎮守府に深海棲艦ではない相手に攻撃する命令が下る。
主人公はなんだかんだ理由をつけて従わない。
なんとかやり過ごす。
新たな命令が下り、今度の内容は決定的に軍国主義的なものである。
主人公は軍部に反旗を翻す。

艦娘というのは人為的に作られた存在ではない。だからその不確定性によって軍部では実は煙たがられている存在なのではないか。期待されている存在ではない。
そこで軍部としてはより本命的な兵器が開発されていて、それが…メカゴジラ? 私の中でメカゴジラの立場がいつもこれだな。人類の悪の結晶。

うーん。
軍部としては艦娘はよくわからない存在で、深海棲艦というやはりよくわからないものが出てきたからしょうがなく使っている。
しかしそんなよくわからない存在に頼らなくても深海棲艦を倒し得る軍事力を自前で持つべきだというのが基本路線なのではないか。
艦娘たちは意思を持つので、団結して軍部に牙を向いたら恐ろしい存在。必要がなくなり次第解体してしまいたいんじゃないか。

この文脈で登場する軍国主義側の兵器の主兵装はミサイルであるべきだな。太平洋戦争のあとに主流になった、艦娘たちよりも完全に上位の兵器。天敵と言っていい。

今考えつくのはこんな程度か。なんか参考になる構造を持った既存の名作映画とか見つからないかな。
| マンガについての考えごと | 00:03 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES