Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18041502 | main | 18041601 >>
18041503
アイデア練り。

ピーターポールアンドマリーの歌聞いてたらモーゼのことを歌った「Man come into Egypt」という歌があって、これが今回の主人公の行動と重なった。モーゼか… なんかヒントに出来ないかな。

ドラゴンスレイヤーのアイデア。
竜には苦手な生き物がいる。カマキリとか。
女王がその該当の生き物をペットに従えている。序盤に出てくる。
これがドラゴンスレイヤーで、武器にも変形する魔道具生物。以前竜の翼が奪われた際に竜を苦しめてトラウマを与えた。
このドラゴンスレイヤーが終盤の戦いでピンチの演出に一役買う。

竜が翼を奪われた件について。
敵役が魔女ではなく女王になったことで、女王自らが下手人であるとは考えにくい。
女王の手下にドラゴンスレイヤー使いの騎士がいて、彼が翼を奪ったがその際大怪我を負って引退した?

あっ。
竜を片翼にしてはどうか。もう片翼を奪われている。
盗賊がはじめて会ったとき、片方の羽で飛ぼうとするがうまく行かなくてあがく。
宝物庫からもう片翼を取り戻そうとすると女王に奪われて女王がそれを装着する。
竜の首輪で逆転!と思いきや、ドラゴンスレイヤーが現れて女王を救出するだけでなくヒロインの残った方の翼まで切り取って奪っていく。
竜の翼をふたつとも手に入れた女王WithドラゴンスレイヤーVS翼を失った竜With盗賊となる。ピンチ!

ヒロインの一人称なにがいいか。
イメージ的にはボクなんだけどダリフラのゼロツーの露骨なパクリになるのでずらしたい。
いつのも私のヒロインに寄せるか? 私?

竜は作中でどんどん成長する。
主人公と初遭遇時、一人称「あたし」。幼女のイメージ。
一晩あけて、一人称「私」。中学生くらいの少女のイメージ。
ピンチ時に覚醒して、高校生くらいのイメージ。

【現状のプロット】

[女王の宝物庫]
* 盗賊が女王の宝物庫に忍び込む。
* 盗賊が女王の宝を物色し、竜の翼を発見する。
* 宝物庫警備の番犬(首輪が特徴)に発見される
* 番犬による攻撃を変わり身の術でかわす
 ※変わり身の術の布石
 ※後半、番犬攻略の布石
* しかし別の罠にかかって結局捕まる。
 ※後半、宝物庫攻略の布石

[女王の城]
* 庭には象や虎といった強力な動物が首輪をつけられて鎖に繋がれている。
* 女王、首輪をつけられたサイかライオンに乗って登場。
* 女王は魔法生物のカマキリ(ドラゴンスレイヤー)を従えている。
* 女王が盗賊に魔法の時限爆弾付き首輪をつける
* 首輪を外したければ竜のねぐらに行って「竜の首輪」を竜に取り付けてこいと言われる
 * 竜の首輪を取り付けられた竜は、首輪と対になっているブレスレットの装着者の命令に従うようになる
 * 以前、騎士団長が同様の任務でドラゴンと戦い、翼を奪ったが大怪我を負って引退した。
* ひとをこえた最強の生物である竜を支配するのが女王の念願である。
* 盗賊は普通にやっても無理だからなんか役に立つものよこせと交渉し、眠り薬を手に入れる。

[竜のねぐら]
* 竜のねぐらに来る
* 竜の洞窟の様子
 * 洞窟でなくてもいい。竜の墓場みたいなニュアンスではないか。
 * 財宝はない
 * 竜の母親の骨がある。これが主要なオブジェ
 * 池がある。水浴びエピソード用
* 竜を発見する。しばらく観察。
 * 竜には翼が片方しかない。
 * 竜が少女の姿になる。小学生くらい。
 * 非常に粗末なものを食べている。ネズミ?
 * 竜が飛べないことを忌々しがる。片方の羽で飛ぼうとするがうまく行かず、荒れる。墜落して泣く。
 * 竜は母親の墓(骨)を大事にしている。
 * 竜が寂しがっていることとが判る。母親の骨に抱かれるような位置で泣きながら眠る。
* 竜が寝静まった頃、「眠り薬いらなかったな」といいつつ近寄ろうとすると、ほんの小さな音で目覚める。
* 警戒する竜。
* 盗賊が少女に話しかけると少女は竜の姿に変身して襲ってくる
* 竜に食われた!と思ったら変わり身の術。この際竜に眠り薬を飲ませる
* 竜が目覚める。特に何もされていない。盗賊が見守っている。
* 竜が寝ている間に盗賊がしていたこと
 * 竜の母親の墓(骨)を掃除し、花を供る。
 * 料理を作る。
* 盗賊「私は君とともだちになりたいのだ」
* 盗賊と竜とが心を通わせるエピソード。世話焼き。盗賊は親のように竜に優しくする。
 * 食事
 * 翼を奪われた件の話を聞く
 * 竜がカマキリを怖がる。ドラゴンスレイヤーの布石。
 * 盗賊の首輪の話。「外したいんだけどはずれないんだ」と説明すると竜が噛み切って取ってくれる。
 * 風呂に入れる(水浴び)
 * 盗賊の道具に興味を示し、吹き矢を使わせてもらう。
  一度目は全然狙いが定まらない。
  主人公が褒めると喜び、もう一度やると驚くほどうまくなってる。
 * 盗賊が横になるとこどもポジションに竜が入りこんでくる
 * 一晩明かす。
* 翌朝。
* 竜がわずかに成長してる。中学生くらい。
* 盗賊「なんかきみ、少しおとなになった?」
 竜「そんな事ないと思うんだけど」
* 竜に、女王から翼を取り戻してきてあげようという。
* 竜は「私も一緒に行く」という。

[女王の宝物庫]
* 前回の失敗の経験が生きる。
* 番犬は吹き矢で眠らせる。竜が吹き矢を使う。すでに名人芸。
* 罠は位置がわかっていれば引っかからない。
* 竜の翼が飾ってある部屋に来ると、翼がなくなっている。
* 女王登場。「どうやって首輪を外したのかは知らんがよくもわらわに逆らったな!許さん!」
* 竜の翼を自らに装着して襲ってくる。

[屋外]
* 壁を破って屋外へ
* 盗賊と竜対女王。五分五分の戦い。
* 盗賊が竜の首輪を女王にはめる。形勢逆転!
* と思いきや、ドラゴンスレイヤーが飛んできて不意打ちで竜のもう片方の翼を切り取り、竜の首輪も破壊し、主人公を斬りつける。
* 女王、もう片方の翼を装着し、剣に姿を変えたドラゴンスレイヤーを装備する。
* 圧倒的な強さの女王。逃げ惑う竜と盗賊。
* 隠れる竜と盗賊。
* 女王が盗賊に提案「竜を差し出せ。そうすれば命は助けてやる。」
* 盗賊「私はこの子のことが好きでね。幸せになった姿が見たいのサ。いい取引とは言えないな。」
* 竜「私があいつをやっつけてやる…」女王に挑み、ふっとばされる。悔しがる。
* 盗賊「きみは偉大な竜なんだから、本気出せばあんな奴ら目じゃない。」とかの台詞で元気づける。
* 竜が脱皮してさらに成長する。女王と渡り合う。
* ドラゴンスレイヤーを奪う。
* 翼を切り取って奪い返し、自ら装着する。
* フルスペックの竜に変身し、ドラゴンスレイヤーを破壊する。
* 竜が女王にとどめを刺そうとすると女王は降参する。
* 竜は盗賊に意見を求め、降参を受け入れるかわりに溜め込んでいる財産と食料を市民に分配しろと要求する。
* 女王は受け入れる。

[その後]
* 竜が盗賊にお礼をいう
* 盗賊が竜を誘う。「盗賊稼業を続けるにあたって助手を募集してるんだが、どうかな」
* 一緒にやろう


ヒロインが救われてさらにものすごく嬉しいというような描き方が出来ないだろうか。演出でも構造でも。うーん。
| マンガのアイデア | 00:34 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES