Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18041402 | main | 18041502 >>
18041501
アイデア考え。

考えるべきこと。
* 主人公はどうやって助かるか。
* ヒロインはどんなキャラか。
* 敵対者はどんなキャラか。


主人公はどうやって助かる?
最初の行動の動機として「自己の保全」があるのでなんらかの危険にはさらされている必要がある。
毒を飲まされる/吸わされるのパターンで、解毒薬が必要だと思わせて実は毒を摂取してなかったというのはどうだろう。仕掛けが必要だが。最初に宝物庫に忍び込んだときに長時間水に潜っていられるアイテムを盗んでいて毒ガスを浴びたときにそれを使って息を止めていたとか。

命の危険にさらされている→それの回復ではなくて、巨大な報酬→その獲得というふうに利益で釣ってはどうか。
いや、逼迫度が小さすぎるな。読者としても別に心に引っかかる要素にならないだろう。
主人公に決定的に欠けている要素があって、主人公はそれを得るためなら何でもするみたいな感じであり、それが提案されているというのなら判る。
でも今回の主人公設定にそういうのはなかったな。
主人公の過去や設定に絡む個別の理由よりも、読者にも自分を重ねやすい一般的なシチュエーションのほうがいいだろうな。無実の罪を着せられるとか閉じ込められるとかの。匿名的なキャラクターで再現できるシチュエーション。

スーサイド・スクワッドのように死刑が宣告されていて、恩赦がほしければ竜のとこ行って来いと提案される?
これも切迫度が低い気がする。死刑囚を放ったら逃亡されちゃうじゃんと言うような。映画『スーサイド・スクワッド』では囚人たちには首に爆弾が取り付けられていたな。

竜の支配を狙う勢力は支配好き。盗賊も支配すれば良い。しかし洗脳や催眠だと任務に必要な繊細な判断力が失われる。やはり脅迫が良い。首輪や鎖というのが彼らの使いがちなアイテム。ならば盗賊にも拘束具がいいんじゃないか。まあ首輪だろうな。爆弾付き。
竜に首輪をつけてこいというのがミッション。
同様の首輪の人間版を付けられている?
マッドマックス怒りのデス・ロードみたいに、物語の途中で拘束具は外されて主人公は自由になっているというのでも良い。主人公の安否を読者の関心の対象からさっさと外してヒロインにフォーカスさせたらどうか。しかし、主人公がリスクを犯してまで竜に肩入れするというポジティブな要素は失われる。うーん。

主人公が竜に親切にすることで主人公自身の危険は解決する。お話の残りの部分はヒロインの行く末に集中できる。どうだろう。
爆弾の仕掛けられた鋼鉄製の首輪をはめられる。外すには鍵が必要。しかし、竜の腕力なら無理やり壊して外せる。するとその時点で、主人公にとっては別に自分にメリットがあるわけではない事業になる。それだけでもう行動は詩的な段階に入る。いいんじゃないか。主人公の行く末はそんなに重要ではないからサラッとした内容で良い。


ヒロインの動向が重要なのでパワー掛けるべきなのはここ。
ヒロインはどんなキャラか。
今のイメージだとキレイすぎる気がする。ダリフラのゼロツーの特徴はキレイじゃないところだ。つまり、不機嫌で攻撃的で不安定。この造形は学ぶべきだ。
ヒロインが自由を欲しがっているというのを表現するとする。
洞窟の出口から外を見て空飛ぶ鳥を見てため息をつく、みたいなしおらしい表現ではそぐわない、
結界を引っ掻き、体当りし、出口のすぐ近くの岩を掘り、というふうにむやみにぶつかっていくほうがふさわしい。
寂しさの表現。母の骨とぬいぐるみ。ぬいぐるみはべつのところで布石に使えないようなら母の骨と役割がかぶるのでカットして良さそう。
母の骨に抱かれるような位置に寝床がある。すると親の愛情に飢えているという表現になる。
だから主人公と一晩明かすとして、主人公の手足に包まれるような位置に潜り込んできて眠る。主人公への信頼を表現する。

この竜のヒロイン、親からの束縛でがんじがらめになっているこどもを象徴するのならそんなに反抗的であるよりは親の顔色をうかがうようなビクビクしたキャラであるほうがいいのではないか。ガァガァしたキャラのイメージなのはダリフラ13話の幼少ゼロツーのイメージに引っ張られすぎている。
なんだけど、自由を奪われた怒りというのを素直に表現しているのだと解釈すれば感情移入も難しくない気もする。ゼロツーのパクリになるのは良しとしよう。ガツガツぶつかっていくキャラ。


主人公は盗賊なんだから鍵開けくらいできる。鍵付きの首輪をつけられる→自力で外す。でも盗賊に鍵付きの首輪するか?

小道具に眠り薬と毒薬を使うなら薬品というのがキーワードになってくる。

魔女は「支配欲」の象徴。これは魔女よりも女王がいい?

主人公を僧侶にして、教団の方針として邪竜を狩るべしとなっていて、主人公は竜を退治する使命を帯びてやってくるというのはどうか。すると竜を邪悪ではないと判断した時点で話が終わる気がするし、竜を抑圧しているものが曖昧になるか。教団が世間の象徴になる? これなら魔女や女王を敵対者にしたほうがいいな。

一旦区切り。
| マンガのアイデア | 12:14 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES