Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18020401 | main | 18021801 >>
18021201
モンハンワールドのネタが浮かんだのでこの5日間位で10枚ほど描いた。

http://loveandcomic.com/comic/mhw/01.php

一例


今回つかんだコツ : 「連想×シュール」

ゲーム系のを代表として、1ページギャグマンガは浮かぶときと浮かばないときとがある。浮かぶときはどういう脳の回路を使っているのだろうと探った結果、ひとつにはこの「連想×シュール」と言語化したコツに沿っているといえる。

ゲームの内容に即しすぎたネタではどうもつまらない。例えば今作ではランスには飛び込み突きやパワーガードというアクションが増えたんだけど、「飛び込み突きはモンスターの腹の下に潜り込むのに便利です」とかという知識の説明だけじゃひねりもオチもなくてつまらない。
「過去作のモンハンに比べて回復薬飲むのが遅くなっていらいらする」みたいなあるあるネタも、やはりひねりもオチもなくてつまらない

ゴッドイーター系のマンガでは、NPCにしっかりしたキャラ付けのが多いのでそのキャラをネタにして描けた。

けどゴッドイーター並みにNPCの充実したゲームじゃないとその手は使えない。


オンラインゲームで他人のキャラをネタにする場合、まずそういう面白いプレイヤーと接点がないといけないし、装備とか取材して描かないといけないのでめんどくさい。


「過去に描いたゲーム系のマンガで気に入ってるもの」で想起したのがドラゴンズドグマでの次の一枚だった。


で、このマンガを生み出した際の脳の回路の働きを言語化したのが「連想×シュール」というもの。

これを念頭に置いてネタ出ししたところ、そのコツをつかんだ直後で10個くらいモンハンワールドのネタが一気に出た。

なので、これは使えるコツになりそうだ。マンガに限らずポエムーンのような創作1ページマンガやpixivファンタジアのような企画ものマンガでも活かせると思う。
| マンガについての考えごと | 00:00 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES