Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 18011001 | main | 18011401 >>
18011002
トカゲヒロインのキャラを深めて考える。

結局私の作るキャラはどんな性別・どんな種族・どんな職業でも、「どういう考えを持っているか」というところが芯になる。哲学ベースのキャラ造形。

トカゲヒロイン・リズはどんなアイドルになりたいのか。なぜアイドルになりたいのか。
アイドルになりたいというのは憧れなので深い理由は要らないか。私がマンガ描きたがるのにも深い理由はない。憧れがあるだけだ。

アイドルになりたいだけなのではなく、アイドルとして人々を元気づけたい。
それはだから生まれつきの理由でアイドルになれなかったという経験に根ざした哲学であるべきだ。
ひとの可能性を一方的に閉ざす「常識」「社会の枠組み」なんかに負けるなというメッセージ。
「お前なんかアイドルになれない」という言葉・考え方が敵。誰に対して言われるものであれ。
縛られるな、というか、外から縛られても自らを縛るなというメッセージではないか彼女の場合は。

ということはスナフキンみたいなものかな。ルールが嫌い。うーん。
空気を読むのが嫌い。これ結局私自身のことだ。だから以前描いたマンガ「ノーブレイン」と同様で、ヒロインに自分の人格の一部を付与するということだ。
忖度が嫌いなパンクな側面を付与していく。メフィストフェレスも同様の傾向だから彼らは意気投合する組み合わせのはずだ。

萎縮するのが嫌い? いや違うな。ひとを萎縮させるような社会が嫌いなのだな。
それを具体的にはどういうネタとして描く?

ということは彼女の願いは「勇気づけたい」だな。自分はだめだと思いこんでいる人を勇気づけたい。

するとお話としては勇気を出せずに踏み出せないでいる人物を出してヒロインがその人を勇気づけるという展開が向いている。1ページギャグマンガはどこいったんだ。
お姫様が候補なんだよね。お抱えアイドルたちのレベルが高すぎて彼女自身もアイドルになりたい気持ちはあるが初心者の自分に向き合えない。
おそらく姫様と仲良くなるのはトカゲの姿でのほうがいいな。で、こっそり行われる練習に付き合う。

ま、いいや。もし二話目を描く気力が湧けば描けばいい。
1ページマンガのネタが浮かべば描けばいい。その際、そのギャグはヒロインによって行われる。浮かんだネタによってヒロインのキャラ付けがなされていく感じだな。Jazzみたいなもの。
| マンガについての考えごと | 00:17 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES