Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 17122901 | main | 17123001 >>
17122902
アイデア練り。
アイドルモノおとぎ話の着想続き。

お抱えアイドルたちが動けない状況。
アイドルステージが催されないとならない理由。

お抱えアイドル全滅状況はインフルエンザとか軽めの理由でもいいし、その後にステージが開催されないとならない理由とセットになっていても良い。

メフィストフェレスの動機は神への挑戦。
ここでいう神はアブラハム宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)的な唯一絶対神。日本的な八百万神や自然信仰ではない。
おとぎ話にすると宗教観が描き方によって幅が出てしまうのできちんとアブラハム宗教寄りに設定しておかないといけないな。

メフィストフェレスがキリスト教的なのに対し天岩屋戸エピソードが日本的でマッチしていない。
アイドル好きな神がいて、その怒りを鎮めるためにステージを奉納するという場合、悪魔の力を借りたアイドルだったら見破られないのはおかしい。
だから神要素は持ち込まないほうがいいのかも。
アイドル好きの国王がいる。アイドル集積所は国王の施設ではなく民間のもの。国王が特別な要求を出したタイミングで事務所に風邪が流行る。うーん。

お抱えアイドルという着想はわかりやすくて好きなんだよね。家来のスカウト。

一神教要素を基本設定にいれられる?
信仰に篤い国王。
神への捧げ物としてのステージ。いや。
神要素が前面に出ると悪魔の力が見抜かれないのが不自然になるのでダメだな。

国王には大事な娘がいて、誕生日に大ステージを催すことになっている。
いざ当日になるとお抱えアイドルたちにインフルエンザが流行ってしまって誰も出られない。
へそを曲げた娘は自室に閉じこもってしまう。
誰か野良アイドルでステージで歌って踊れる人材はいないか!

別に国王の娘でなくてもいいのか。国王の誕生日ステージ。お抱えアイドル全滅。
いや、このへそを曲げた感じ(天照大神的な)というのは幼い女の子に担当させたほうが似合う気がする。

プロット修正。
* アイドル大好きな国王の治める国。
* 王宮にはお抱えアイドルがいる。
* 国王の家来たちは国中の可愛い女の子を片っ端からスカウトしている。
* 多様な種族の暮らす世界だが、お抱えアイドルにスカウトされる種族は限られている。
* アイドルに憧れるヒロイン。トカゲ人間の少女。
* 自主トレもしている。
* トカゲ人間のお抱えアイドルはひとりもいない。
* もうすぐ国王の一人娘のお姫様の誕生日。
* バースデーステージが開催される予定で、国民はその話題でもちきり。
* お抱えアイドルたちも練習中。
* 誕生日当日。お抱えアイドルたちはインフルエンザで全滅していた。
* 国中に緊急のお触れが出る。我こそと思う者は王宮のステージで歌と踊りを披露するように。
* ヒロインは名乗りを上げるがトカゲ人間はダメだということで断られる。
* メフィストフェレスが現れる。
* 変身アイテムを渡す。
* ヒロインは変身し、再度名乗りを上げる。
* 採用され、王宮に行く。
* 姫はへそを曲げて部屋に閉じこもっている。
* ヒロインがステージを行い、喝采を浴びる。
* 盛り上がりにつられてお姫様も姿を現す。
* 姫はヒロインのステージに感動し、ステージが終わったあとヒロインに握手を求める。
* 城から帰ってくると変身が解ける。
* メフィストフェレス再登場。
* ヒロインはメフィストフェレスに対して悪魔の所業の代償を払おうとする。
* メフィストフェレスが哲学を述べる。
* アイドルを続けて神の反抗し続けろと説く。

いいじゃん! かなり私好みのプロットになった。

次に考えるべきこと。
* ヒロインの造形。トカゲ人間時の。変身後はマッドマックスネタで考えたヒロインをベースに。
* 国王の造形
* 姫の造形
* メフィストフェレスの造形
* 世界観のベース。普通に西洋中世おとぎ話的?
| マンガのアイデア | 21:02 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES