Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 17071101 | main | 劇場版パワーレンジャー感想 >>
17071601
怪獣人間のボスが迎えに来るエピソード。



大した内容じゃないけどかなりかかった。やはり新しいキャラが出てきたり今後の展開に影響する出来事があったりするとページ数の割にパワーが必要になる。

続きを考えよう。
弟にデザインを依頼したメカゴジラ的ロボをぜひ登場させたいというのがしばらくのモチベーションになる。ただし、pixivファンタジアがそろそろ始まるからその期間中はそっちの労力割くので続き描けるのかなり先になりそうだなあ。


最近の考え事。

ウルトラマンジード第一話。
マーベルドラマをしばらく見ていたからドラマパートがかなりきつかったけど戦闘シーンはやはり面白い。ウルトラマンの特撮戦闘シーンはやはりマーベルドラマの実写殴り合いよりずっと面白い。光線技が超かっこいい。
ウルトラマン変身システムが露骨に商業主義なのはやはり残念。
また、怪獣もアイテムで召喚されるので残念。これではなんの象徴性も担えない。自然の権化でもないし人間の愚かさのツケでもないし宇宙から来た異物でもない。悪意を持ったキャラが使うアイテムにすぎない。ウルトラマンという枠の最大の可能性を潰している気がする。
しかし、ウルトラマンベリアルという悪の存在の息子である主人公が父親を超えていく成長物語が描かれるならそのドラマは期待できる。


マーベルドラマ。
デアデビルは夜の街をパトロールするから好きだと以前書いた。
プロフェッサーXやXメンはこれをやらないのではないか。
能力ソースとしてはミュータントが好きなんだけど行動はストリート系ヒーローが好きだ。だからマイヒーローはストリート系行動をするミュータントになってるんだな。


ネットフリックスに入ったのでネトフリオリジナル映画も見始めてる。
* カンフー・パンダ3
* 劇場版BLAME!


BLAME!はどこまで行っても都市という世界観が息苦しかった。同じ作者のシドニアの騎士もあんな感じの世界観だったから作者の心象風景なんだろう。
万能工場が出てくるんだけどそこがすごくワクワクした。万能工場は神林長平のSF小説に出てきたのを読んだことがあるんだけど私は非常に惹かれるガジェットだ。
奥の壁が見えないほど広大な施設として描かれていてかっこよかった。
私はSF描けるほど大きな構想力持ってないけど万能工場は描いてみたいかもだな。一応、ヒーローズアンドヴィランズに出てくる機械知性のゲンナイってのが万能工場持ってる設定なんだけどね。


ツイッターで以下のような記事を見た。



怪獣人間のエピソードは短編のアイデアを練っていたのを没にしたのを元にしてる。
短編のアイデアはプロットをかなりきちんと練ってから描こうとして挫折した。
ヒロヴィラに移し替えて描き始めたときはプロットはざっくりとだけ決めてあとはJAZZYに即興で描こうという方針でやって、それなりに描けている。
描いて前に進むためには即興要素が必要だというのをもっと重く見積もったほうが良さそうだな。ハードルを下げる=前進力を高めるための重要要素。
大まかな地図を用意して、あとは実際に描いてみないとわからないという程度の構想から描き出したほうがいいらしい。
なので作品にメッセージを込めるにはプロットの最小限の構造の段階で仕込んでおかないといけないんだな。末端は揺れ動く要素になるので。
即興で出てくるアイデアにも思想的基づきがあるといい。即興回路を鍛えるなり制御するというのも課題なのだな。


続きを考えねば。
| マンガについての考えごと | 11:11 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES