Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 17051401 | main | 17051403 >>
17051402
アイデア練り。

今ひらめきたい課題。
* 山を味方につけるエピソード。
* だいだらぼっちの力を借りる際の具体的な演出。
* ヒロイン(またはヒロインと少年)が怪獣を倒す際の演出。

怪獣を倒す流れは、
1. 主人公が足止めする。
2. ヒロイン(またはヒロインと少年)がとどめを刺す。
→ヒロイン(と少年)が殻を破って成長する。

なので、だいだらぼっちの力を借りられるとして、ただだいだらぼっちを呼び出して戦ってもらうのでは足りない。
登場人物がだいだらぼっちの力を「借りて」怪獣と戦う、というのがいい。

単純に考えると、巨大化。
主人公が巨大化し、怪獣にしがみつく。
ヒロインも巨大化し、怪獣にとどめを刺す。

ヒロインたちを等身大のままにすると?
怪獣は怨念が仏像を寄り代にして怪物化したものなので、仏像と怨念とを結びつけている結合部があるのではないか。それとトゲか何かの形で表現し、それを抜く。
だいだらぼっちに変身した主人公が怪獣を取り押さえ、ヒロインと少年が怪獣の体をよじ登ってトゲを探し、抜く。

とどめを刺すポイントは外部にあるとしたらどうか。
怪獣の本体はどこかの祠に祀ってあって、それを壊すとか。
今回は仏像に怨念が取り付いてる→本体の仏像が谷底に落ちたまま→それを見つけ出し、何かのアクションを施す。
たとえば仏像は谷底の沼に落ちていて、この沼に怨念が溜まっている。→沼から仏像を引きずり出すと怪獣が消える。
沼から仏像を引きずり出すの、だいだらぼっちがやった方が早いのでは?
→ヒロインならではの役割を演じさせたい。
→兎だから耳がいい、音を頼りに探さねばならないものを探し当てる。

怪獣には本体がいるはずで、それは音で見つけることができるというふうになっていると良い。
仏像、怨念、音…?
音の出る仏像?

音で探せるもの… 鳥や虫の声、空気の流れ(洞窟に閉じ込められた際の出口)、心臓音…

仏像が楽器を持っていて、「私はここだぞ」と教えるためにそれを鳴らしてくれている? 協力的な超常現象。するとその仏像は楽器を持物とするホトケ。


仏の持物(じぶつ)で調べてみると、楽器というのは無いな。
参考 : http://buddha.anavi.jp/?eid=51
一応錫杖というのが音が鳴るアイテムだけど詩的じゃないな。

ヒロインはその仏像を最後に触っていた人物。たとえば仏像を盗んで逃走中、その仏像から音が鳴っていたのを聞いたとか。造形的に偶然笛状になっている空洞があって、ヒュウヒュウ鳴っていたのを聞いたとか。ヒロインの持ち物だった鈴かなにかをその仏像にくくりつけておいたとか(そんなことをした理由も考えないといけないが)。

音を発する仏像…
南無阿弥陀仏と念仏が聞こえるとか。気色悪いな。笛、鈴、太鼓、その他の楽器の音色であるのが望ましい。


うーん、仏像のサイトで如来とか観音とかいくつか調べてみたけど音の出そうなホトケはいないな。
一応、地蔵菩薩が錫杖を持っている。

地蔵菩薩で検索して画像を見た感じ、地蔵菩薩は道端に置かれる石彫のお地蔵様だけではなく普通にお堂に祀られる仏像も作られているな。
これにするか。主人公が運んでいたのは地蔵菩薩の仏像。なので運ぶときも錫杖がシャンシャン鳴っていた。
ヒロインが盗んだとき、シャンシャン音で気づかれる(追跡は犬少年の鼻でおこなう)。

怪獣との戦いで、怪獣の正体が仏像に怨霊が取り付いて産まれたものだと主人公が見破る(見破る方法は未定)。
仏像を探すというミッションがヒロインと少年に与えられるが、すでに何度も探したはずなので見つかりそうもない。
その時地蔵菩薩の持っていた錫杖のシャンシャン音が聞こえてくる。地蔵が自らの位置を知らせているのだ。

一旦投稿。
| マンガのアイデア | 20:48 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES