Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 17040901 | main | 170401101 >>
17041001
マンガについて考えよう。

焦ることはないな。構想がないなら構想の種を探したり培ったりする段階だと考えればいいのだ。自分は何に興味があるのか。

なにが好きだろう。
怪獣?
ウルトラマン?
巨大ヒーロー?
ロボット?
変身ヒーロー?
ニンジャ?
復讐劇?
エロゲ的なもの?
ゾンビもの?
時代劇?
ディストピアもの?
アクション?
カーアクション?
軍隊もの?
会話劇?

そうだ、会社の近くでよくトンビを見かけるからトンビのヒーローを考えたんだった。
* 上空を飛びながら地上を見張ってる。
* 猛禽類特有の上昇気流をとらえてホバリングする省エネ飛翔術を使う。
* 悪事の現場を見つけたら上空から急降下して駆けつける。
* 上空からの急降下奇襲キックが必殺技でもある。


能力だけでは良いヒーローにならない。それに変身する人物によるドラマとヒーロー能力とが噛み合うことが大切。
MCUではアントマンが良かった。ヒーローだけど現実生活では不遇で貧困に喘いでおり、こそ泥しなくてはならなくなる。

飛翔…
空をとぶのは人類の夢だな。
すると、普段抑圧されている人物が強い願いによって飛翔能力を得る?
あるいはひねらず、自由な精神の持ち主が飛翔する?

空を飛ぶと視野が広くなる。
猛禽類は目がいい。
「見る」というのがキーワードになる?

ヒーローなのではなく狩人なのかもしれない?

トンビマンを見上げる人間が主人公で、トンビマンは天使のような存在?

うーん

しかし、ヒーローを考えるというのはそれなりにしっくり来るな。マンガエンジンを掛けるための経由点としてはいいかもしれない。ヒーローズアンドヴィランズの続きが思い浮かぶようなら描いてもいいし。

我が既存のヒーロー・エスパーのナカヨシ…
不満がある…?
いや、あれはあれで好きなキャラだな。

だから追加キャラを考えるといいと思う。
レゴバットマンの悪役のジョーカーが非常に素晴らしいキャラだった。
ジョーカーと言えばダークナイトのジョーカーもこの上なく恐ろしい悪役だった。
つまりジョーカーというキャラは無限の魅力に満ちた悪役の集大成なのだ。

ジョーカー的なヴィラン…

ジョーカーのすごいところはその構想力、計画実行力、狂気。
金では動かないし女でも動かない。善なる価値観に挑戦する己の衝動のみのために行動する。
しかも、頭がよく、計画的。自身の腕力は大したことないが大犯罪を構想し、プロデュースする。犯罪のプロデューサーでありディレクターなのだ。まさに魔王ではないか。

そうか、ジョーカー的な犯罪プロデューサー。

うーん

腕力は大したことないが偉大な知能を持って狂気の、あるいは哲学的な犯罪を行うという悪役。
むむ、過去に描いたキャラ、手の目(テノメメ)を応用できるんじゃないか。人間の悪を暴いて風刺するようなことをする。

ジョーカーの、というかそのジョーカー的なヴィランの犯罪には主張がある。その犯罪を通して表明するメッセージがある。それはなにか。我々にとっての痛烈な風刺になっているべきだが。

あーまった レゴバットマンでのように楽しい犯罪計画ならどうだ。「富士山を爆発させる」みたいに。なんでも東京に一極集中させやがって! 地方に分権しろ!→富士山を爆発させて溶岩を東京に送り込む。おっ シンプルでいいんじゃないか? 都会嫌いのテロリスト。

うーむ

今日はこの辺にしておくか。構想の序盤だと考えて焦らないことだ。
| マンガについての考えごと | 23:50 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES