Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

<< 16072501 | main | 16073101 >>
シン・ゴジラを観てきたので感想を
シンゴジラを見てきた。
感想。
以後、ネタバレになるので未見の方は注意してください。
いわゆるハリウッド的なシナリオではない。
序盤は政府の対応の愚かさなんかを風刺的に描いていて、一方で軍事的・兵器的なディテールが執拗に描写されるので、「これはネトウヨ脳で書かれてるな… 三宅隆太氏の脚本教室でいうところの『陸幕系』のだめなシナリオってこういうのなんじゃないか…」と感じ、あんまり面白くなかった。

確かにそういう側面はあるだろうけど、全体を見終わったあとで振り返ると、やはりいい作品だった。

ハリウッド的ではないというのは、ある中心的な人物に沿った人間劇があるわけではないということ。一応中心的な人物はいるけど、例えばハリウッド的な脚本なら外面的な事件と内面的な成長とは一致して描かれる。けどこの映画の主人公にプライベートな側面や抱えている悩みのようなものはない。だから、ドラマとしては弱い。

なんだけど、この映画はドラマを描くというフレームワークではない別のフレームワークで映画を作っているというのを感じられる。つまり、ドラマを描こうとして失敗しているのではなく、ドラマではないものを描こうとして成功しているという感じ。

人間ドラマを描こうとしているのではなく、社会の理を描こうとしているのではないか。
こうあってほしいという社会の姿と、でも実際はこうだよねという社会の姿と、でもフィクションでくらいこうさせてくれよという社会の姿とが描かれている。

私が読み取ったこの映画のメッセージは、以下のふたつだ。
■老害は死ね
■合理的思考こそが正義

序盤でうんざりさせる要素、意思決定力の弱い総理大臣や手続きばかり煩雑な行政といったもの。これらが老害。主人公と視聴者とをうんざりさせる。
自衛隊のヘリが攻撃しようとしたとき、逃げ遅れた民間人のせいで攻撃が中止になるシーンがある。あの時、のろのろと避難していた、攻撃の邪魔になった民間人は、老人だった。老人=邪魔というコンセプトを感じた。

ところが老害要素は中間の折り返し地点あたりで一網打尽になる。そしてそれをもたらすのは今回のゴジラ最大の山場であるゴジラの熱線放射シーンだ。老害はゴジラが殺す。
そして、老害がいなくなり若くて合理的な連中が残ったことで、合理的思考が物事をストレートに前進させるという事態になる。
この映画では、異端の科学者や若いというだけで組織内で発言力を持たされていない実力派の若者やハグレモノなんかが集められたチームが登場して、彼らがかっこよく描かれて、活躍する。その彼らはゴジラによる殺傷をほとんど受けてない(半数が死んだ的なことをセリフでは言ってるけど主要なメンバーがダメージの前後で減ってない)。監督が彼らに同調しているのは明らかで、彼らを貫く原理は合理主義だ。だから間違いがあれば素直に認めて謝罪する。

化学薬品の生成が間に合わないから核攻撃のカウントダウンを止めてもらってくれ、という要求が出たとき、妨害にあわずに実現する。合理的判断が通る社会になっているからだ。
博士の残した謎の図をスーパーコンピュータで解析したい、世界中の科学機関に依頼してくれ、という要求が出たとき、それもすんなり通る。合理的判断が通る社会になっているからだ。
つまりゴジラが旧弊を破壊したことで理想的な社会が登場している。

すなわち、今回のゴジラは若者と合理的思考とにとっての共犯関係にある。老害の敵ではあったけど合理的な若者の味方になっている。
古くて濁った社会を壊してくれる、変革者である。デストロイアンドリビルドだっけ。言い回しは違う気がするけど、作中にも出て来た言葉で、日本は破壊と再生とによって成長してきたという意味のことが言われていた。ゴジラは日本社会をより良くするために一旦古くなったものを破壊してくれるお掃除屋さんの役割を担わされている。だから、ゴジラの放射能熱線による汚染は半減期が非常に短くて復興が出来そうだということになっているのだ。

なので、今回のゴジラは初代のゴジラのような「人間の愚かさが生み出した、人間にその罪をつきつける存在」という要素は薄い。
人間社会の変革を破壊によって手伝ってくれる共犯者、みたいな存在として今回は描かれている。

ゴジラが完全には倒されずに凍結して残ったのはなぜだろうと思ったけど、いま仮説が思いついた。
それは、今若者である世代がゴジラが破壊したあとに新しい社会を作ったとして、その社会も古びると老害化する。
その時ゴジラは溶けて動き出し、再び老害文明を破壊するのだ。そういうサイクルを示しているのかもしれない。

老人=邪魔のコンセプトとはいえ、臨時で総理大臣の席を補った農林水産大臣は、ぱっと見使えないおっさんだったけど実はやり手だったので、あの人だけは歳をとっているけど例外的に活躍したな。というか、若い世代に道をゆずるようなキャラだったからこそゴジラに見逃してもらえた、といえるかもしれないですな。
| 映画 | 01:05 | - | - | permalink |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES