Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

17060302
特撮秘宝で名前を知った映画『大怪獣モノ』をレンタルで見たんだけど、おもしろくなかった。
葛藤を覚えるほど駄目な感じだった。
つまり私は町山智浩氏や高橋ヨシキ氏に多大な影響を受けているので映画秘宝経由の情報はかなり信用している。
なので大怪獣モノも「普段の自分の基準では絶対借りないような邦画だけど映画秘宝(特撮秘宝はその別冊)で紹介されてたから借りた、面白さを見いだせるに違いない」というスタンスで向き合った。

そういう、かなり映画に対して好意的な態度で観始めたんだけどダメだった。

特撮アクションを撮ることが目的でそこに工夫が集中しており、それ以外はどうでもいいという態度を感じた。
で、私の鑑賞態度はまさにそのかなぐり捨てられたであろう部分にのみ集中しているので、相性が悪かった。
つまり、特撮アクションは良かったんだけどストーリー・脚本がダメだった。
演出もテンポが悪かったり不要なシーンが多かったりということはあったけどもしストーリーが受け入れ可能であれば気にはならない程度だったと思う。

この作品の脚本から感じたのは不真面目さだ。
作品全体がコメディなので真面目くさった内容でなくてもいいんだけど、コメディにも真面目なコメディとふざけたコメディとがある。
ただこの意見、私の考えが硬すぎるのかもしれない。私のスタンスがクソ真面目なだけかもしれない。真面目なコメディで思い浮かんだ作品がチャップリンの『独裁者』だったから、そりゃ低予算バカ映画で『独裁者』目指さないよ!ってことかもしれない。

そうか、ゴジラシリーズもウルトラマンも、基本的にはクソ真面目な態度で作られているものが多い。だから怪獣物にはクソ真面目であってほしいという態度が染み付いているんだな。


ネタバレ有りの感想。

物語る態度に一貫性がない。
大怪獣が登場して序盤に、怪獣が現れたのは人間のせいなんだから怪獣を攻撃してはならないという主張の平和団体が現れる。その代表者が怪獣にパクっと食べられる。このシーンは平和活動団体への風刺の意味を持っていて、有り体に言えばそういう思想を馬鹿にすることを目的にしている。怪獣映画なんだから難しいこと考えずに怪獣との戦いを愉しめばいいんだよ!という態度。
それはそれで良い。
なのに、この映画の結末は、怪獣の卵を怪獣に返却して地底に返すというものなのである。倒さずに決着つけるなら平和活動団体をコケにするシーンと矛盾するじゃん!!

それとか、途中で怪獣を倒すためにウルトラマンレオのように滝を切って特訓するシーンがあるんだけど、それによって身に付けた技が怪獣に通用しない。じゃあ特訓の意味なかったじゃん! 特訓の意味が無いということは特訓のシーンのために費やされた尺が要らないということで、無駄なシーンを見させられたってことじゃん!

結局、大怪獣モノとの戦いで逆転要素になったのは「悪の遺伝子」だった。しかし、モノが悪要素を弱点としているという描写はそれ以前にはなかった。悪の遺伝子が強力であるという説明もない。ただ博士が少しセリフで触れる程度だ。だから、意味のなかった必殺技の特訓のシーンを削除して、その代わり悪の遺伝子についての伏線となるエピソードを入れるべきだったのだ。

それに大怪獣モノが人間で言えば老婆であることが判明するというのも伏線が弱い。「皮膚を分析してみます」というだけ。いや、毒蝮三太夫の落語のラジオだけが入るというのが伏線だったのか。ならそこはきちんとしていたのかもしれない。でも老婆と毒蝮三太夫とが関連性あるというのは視聴者は前提知識としては持ってないんじゃないか(私は持ってなかった)。

細かく言えばギャグのネタがいちいちサムい。無い方がいい。
* 巨大化細胞の開発者の科学者の趣味が女装コスプレ
* 文化人類学者の博士がキャバクラの常連
* 怪獣退治に協力させたければ一発芸勝負をしろというくだり
etc

このバラエティ番組のように見ているのが苦痛なシーンがあるから邦画は見たくないというのがむかしからあった邦画への悪い印象なんだけど、そういう「邦画の悪いところ」が恐れていたとおりに(と言うかきっと無いだろうと期待していたのが裏切られた形で)ふんだんに盛り込まれていたので、途中から早送りで見ていた。

おそらく製作者としては「予算がふんだんにあればもっといい特撮アクションが作れたよ!」と言いたいのではないかと思うんだけど、むしろ特撮アクションのクオリティは私にはこれで十分なのである。
そうではなく、ストーリー、と言うか物語るということについての態度のところが私にはうまく噛み合わない映画でしたとさ。
| 映画 | 23:46 | - | - | permalink |
シン・ゴジラの不満点
シン・ゴジラを正しく批判することは可能かということに興味がある。
ということは私は前提として以下のことを念頭に置いているということだ。
■正しい批判・正しくない批判の区別がある

シン・ゴジラはオタク界隈で褒められすぎていて批判しにくい空気があり、それに反発してみたくなるという気分もある。
以下ネタバレ含むので未見の方はご注意ください。
続きを読む >>
| 映画 | 14:27 | - | - | permalink |
16081102
シン・ゴジラについての解釈がまた思いついたのでメモ。ネタバレ有りです。

ゴジラ英霊説。
冒頭で行方不明になってる博士はゴジラの一部になっていると思うというのは前回書いた。
ゴジラの一部になっている人間はたくさんいる。彼らは英霊である。彼らには共通点があるんじゃなかろうか。すなわち、無能な上層部の犠牲者。
英霊というのは太平洋戦争で無くなった日本の兵士のことだ。GMKゴジラではもっと広義に民衆を含めた戦争犠牲者だったけど、っていうかそれでいいのか。広義の英霊でいいのか。つまり、無能で無謀で無責任だった日本軍の大本営のいい加減な国のお偉いさんたちによって殺された犠牲者。

冒頭で行方不明になった博士も日本の学会(=お偉いさん)から追放された犠牲者じゃなかったか。
つまり、国に恨みを持った人間の集合がゴジラになってるんじゃないか。
なのでどうしても壊したいものは国家の中枢。どうしても殺したいのが内閣総理大臣。


なので、やっぱりラストで尻尾から発生している人型のものの解釈が私の場合は進化先ではなくて原材料ということになるなあ。
| 映画 | 22:44 | - | - | permalink |
16081101
映画ばかり見ている。

昨晩弟とシン・ゴジラの二回目を見てきた。弟はシンゴジラに興味なかったんだけどネタバレ気にしないから感想語ってと言われ私がまくし立て、それで弟も興味を持ったので見に行くことにしたという流れ。
弟はCGで仕事しているのでシンゴジラの映像クオリティの高さに満足したようだ。

二回目を視聴してまた思うことがあったので書こう。ネタバレあるので未見の方は注意。

気づき。
序盤の会議シーンで、農林大臣はオーストラリアに行ってるから不在という意味の字幕が映る。生存フラグが立っていたのだ。

最後の作戦で新幹線爆弾のシーンに入るときフリゲートマーチが流れる。



この音楽は初代ゴジラで爆雷攻撃の時に流れた曲だったらしい。人間がゴジラに爆発物で攻撃する際にこの音楽が流れるのだろう。

最後の作戦で放水車が登場するシーン。あんなに瓦礫だらけの道路走れないだろと思ったら車列の先頭にブルドーザーなど瓦礫撤去用の車両がいて瓦礫を押しのけていた。

作品全体のテンポの良さ、特に序盤の1カットあたり2秒程度で推移していくみたいなテンポの良さ、これ自体がこの作品の思想に沿っているということを感じた。
シンゴジラには全体を貫く論理がある。合理主義というか理性主義というか、「日本的なぐだぐだした生産性の低い無駄」の対極にあるものが全体を貫いている。
ゴジラが破壊するのはそういう「日本的な非合理な無駄」であり、主人公たちが体現するのが合理性。
で、その合理性至上主義の姿勢が映画の演出自体の思想にもなっている。
だからこの映画は、思想がありながらそれをセリフではなくストーリーと演出とで表現しているのだ。
これは非常に高度なことだと感じた。脚本だけに依存することなく映画という総合を用いて表現している。

春と修羅の謎。冒頭の、博士の船の中を調べるシーンで、折り紙と遺書と「春と修羅」の本が映る。折り紙と遺書の伏線は作中で回収された。春と修羅は回収がない。だからこれは視聴者が調べて解釈するための手がかりなのだと思う。私はまだ調べてない。

ラストでゴジラの尻尾から人型のものが複数飛び出ているのは何なのか。
私はあれ、ゴジラ(あるいはその一部)は人間から出来ているという意味だと解釈した。だから行方不明になった博士もその一部になったのかなあと。GMKゴジラでは「ゴジラ英霊説」が唱えられて、ゴジラは太平洋戦争で犠牲になったアジアの人々の魂のよりしろだということになっていたし。
日本の不合理の犠牲者が日本の不合理を破壊したいという思いからゴジラにくっついていくのではないかと。
でもネットで検索すると、あれはゴジラが更に進化すると人型のものを生み出すという説もあるようだ。あれは巨神兵で、あのあとあの世界はナウシカの世界になるのだと言っている人もいるみたい。私としては「スクラップアンドビルドで日本を良くしていくためにまずスクラップしてくれたのがゴジラ」という意見なので、あの後の未来はビルドに向かうはずであり向かう先は滅びではないと感じる。


今日はこれからXMENアポカリプスを観に行く予定。
自分のマンガのアイデアが行き詰まってるのでなんかヒントが得られればいいが。
| 映画 | 09:07 | - | - | permalink |
Go!プリンセスプリキュアの映画の感想
見た映画がひどかったので怒りを鎮めるために感想を書く。

見た映画は「プリキュアオールスターズ春のカーニバル」。
プリキュアオールスターズ映画で、ゴープリンセスプリキュアがメインになる回ですな。

私はシリーズによって濃淡はあれどプリキュアが好きで、とくにゴープリンセスプリキュア(のキュアマーメイド)とスマイルプリキュア(のキュアビューティー)が好きだ。
この映画を見ようと思ったのは、ゴープリがメインの映画だからなのと、この前見たプリキュアオールスターズ映画がかなり面白かったからだ。

この前映画「プリキュアオールスターズニューステージ3」を見たんですが、これがかなり面白かった。
これはハピネスチャージプリキュアがメインになる、プリキュアオールスター映画。
ただ、私はハピネスチャージプリキュアはあんまり好きではない。

そんなに好きではないプリキュアの映画がこんなにも面白いのだから、スキなプリキュアの映画は圧倒的に面白いに違いないという仮説。

だったのだけど、ゴープリの映画は駄作だったのだ。

好きなプリキュアの映画はくそつまらなかった。
そんなに好きではないプリキュアの映画は、かなり面白かった。名作だったのではないか。

ということでそれぞれの映画について語るのだ。


【プリキュアオールスターズ New Stage 3 永遠のともだち】
メインのプリキュア:ハピネスチャージプリキュア(そんなに好きじゃない)
傑作。
この映画での悪役は、「こどもを愛しすぎるあまりに過保護になり、抑圧的になってしまった母親」。
バクの妖精の母子が出てくる。悪夢を食べるバク。この母親が息子の未熟なバクを溺愛している。息子バクはまだ悪夢を滅ぼす力を獲得していない。
母親が、息子のために、人間の子どもたちを眠りの世界にとらえてしまう。幸せな幻想に満ちた夢の世界で子供バクと人間の子どもたちとは幸せに暮らす。
で、プリキュアがやってきて母親と対決してこどもたちを眠りの世界から開放する。
バクのこどもは、母親の過剰な思いやりに恐れを抱きつつもそれに反対することが出来なかったのだけど、母親にNOを突きつけることで成長し、悪夢を滅ぼす力を得て一人前になる。親離れして成長するのだ。
バクの母親も、自分自身がこどもの成長を阻んでいた障害だったと気づく。

この母親はもちろん、劇場に来るお母さんがたのことだし、バクのこどもは劇場に来るお子さんたちのことだ。劇場に来るお客さんがたに普遍的な成長物語を見せて視聴者自身の成長を促すというとてつもなく高度なことをやっている映画なのだ。
プリキュアの脚本ってすげえことやってるんだな!と感心した。
これはどうもプリキュア映画の平均点なのではなく相当稀有な傑作らしいということが「春のカーニバル」と比較したことでわかってきた。


【プリキュアオールスターズ 春のカーニバル】
メインのプリキュア:Go! プリンセスプリキュア(スマイルプリキュアとこっちとどっちを一位にしようか迷うくらいに好き)
クソ映画。
特に悪い点:
■ゲスト声優にオリエンタルラジオのふたりを起用していて、彼らの演じる悪役の出番が異様に多い。歌まである。演技も下手で歌も下手で邪魔でしかない。
■ドラマがほとんどなく、歴代プリキュアのCGによるダンスシーンが数珠つなぎで流れるだけ。
■歌番組のような作りになっているがドラマの構造がない。
ニューステージ3にあったような普遍的なテーマもないし、映画館にやってきた人々が当事者意識を持てるような要素もない。
売れっ子芸人やアイドル(モーニング娘がエンディングで実写で出てきて踊る)を登場させたことでドラマが犠牲になってしまっている。


ゴープリンセスプリキュアが好きなので映画の出来が良ければディスクも買っていいかなと思っていたのですが、春のカーニバルは買わなそうです。
ゴープリの単独映画(三本立てのやつ)も見たんですが、これもあんまり面白くなかった。ただ、春のカーニバルはそれと比較しても酷い出来だった。

魔法使いプリキュアメインのプリキュアオールスターズはまだ観てないんですが、これには先輩格としてプリンセスプリキュアの連中が出てくる。この映画が名作なら買ってもいいが…
予断を許さないですな。
| 映画 | 00:28 | - | - | permalink |
シン・ゴジラを観てきたので感想を
シンゴジラを見てきた。
感想。
以後、ネタバレになるので未見の方は注意してください。
続きを読む >>
| 映画 | 01:05 | - | - | permalink |
1/1PAGES | |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES