Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

19082401
アイデア練り。
邪竜の翼2。

固有名の竜騎士、フランチャーのデザインがなかなか進まない。
竜騎士の変身後のデザインは実弟にお願いしたのでいいとして、変身前の人間の姿のデザインが難航している。

理屈で考えたデザイン要素が不足している、あるいは未整理であることが原因だと思われるので、理屈から考えるところをやる。

要素。
* 竜騎士
* 竜を狩る狩人
* 騎士
* 鎧
* 変身
* 仮面ライダー
* 戦士
* 西洋の戦士
* 変身ベルト
* 変身ベルトは肉体と一体化する設定なので素肌に直接付ける必要がある
* 変身ベルトと干渉しないようなゆったりした服
* ライアン・レイノルズ
* デッドプール

つまり仮面ライダーやデッドプールのイメージでピッチリした服装をイメージしていたんだけど変身ベルトが外れないという設定があってそのために肉体と一体化してしまうという設定にしたためにぴっちり衣装と相性が悪くなってしまったのがつまづきポイント。

2通りの解決策があるな。
1. ゆったりした服ベースにヒントを探す
2. 変身ベルトが肉体と一体化しているという設定を見直す

たとえばベルトじゃなくて首輪にすると衣装との干渉が少ない。しかし邪竜の翼1でナカヨシが首に模様のできる毒を食らったのでモチーフがかぶる。
肉体と一体化したベルトは肉体の中に沈んでいって普段は衣装と干渉しない、というのもあり。これかなあ。
しかし、現在の構想では変身前のフランチャーが竜無力化音波を発信するシーンがあり、この音波はベルトから出るので変身前の姿でベルトが露出している必要がある。
脚本を変更して変身前には音波を出さないようにしたらどうか。

いや、難しそうだな。

ベルトが肉体と一体化してしまっているがゆえのファッションを考えるべき。
方向は2つか。
1. 浴衣のようなゆったりした服
2. 干渉部分だけくり抜いたような服

ゆったりした服、いまいちピンとこないし描くのも大変。ベルト部分を避ける服で考えるかな。
例えば上下が一体化したツナギのような服で、ベルトの部分だけ開放口があってボタンやチャックで開閉できるとか。
上下が一体化した服、例えばデッドプールの全身スーツだってその系統のはずなのでデッドプールの服×ベルト部分開閉ギミックと考えれば打開策になるかも。
これが女性キャラだったら衣服の正中線の位置を前から後ろまでぐるっとチャック開閉可能にすればセクシーでいいんだけれど男性キャラの衣服でやっても別に嬉しくない。
開閉… 開閉ギミックか。鎧で言えば兜のバイザー部分。ロボットで言えば胸部ミサイル発射時のギミック。衣服で開閉ギミックというと? やはりファスナーとボタンくらいしかないか。戦闘時に使うのならボタンよりファスナーかな。ボタンもパチンパチン式になっていればいいんだろうけど。マジックテープという手もあるな。

上下つながった全身スーツで、ベルトのバックルの位置に水平にファスナーが付いてる。

| マンガについての考えごと | 12:58 | - | - | permalink |
19081701
グラブル、ついにセージになったぞ!!

邪竜の翼2進捗。脚本の第一稿が書けたので自分で読み直してしっくりこない点を列挙すること。
いまいち進みがよろしくないし別の単発マンガ描いて脱線したりが多いんだけど、「取組中のちゃんとした作品がある」というのはかなり安心感があって良い。

追加された着想:
* ウィークサッカーは競争原理を自らにも厳しく適用しているので、ナカヨシたちに挑まれた際にあえて戦う必要のない相手だけど勝負に乗る
* ウィークサッカーは敗れた際に敗者として素直に要求を飲む
* 百翼竜はユーモラスで飄々とした性格で、自分の受けた迷惑にはあまり頓着せず、人間という一貫性のない種族を面白がっている
* ウィークサッカーの宗教の聖堂はピラミッド型

没になった着想:
* ウィークサッカーの宗教は現在サービス開始前の準備中→すでにサービス中で競合と競ってる
* 聖堂は埋立地または盛り土の山の上に作られていて、建設中→すでにピラミッド型の聖堂が建ってる
| マンガについての考えごと | 18:01 | - | - | permalink |
19081101
アイデア練り。

竜騎士の話続き。

最近読んでる本からの学びを考慮に入れたい。
最近読んでる本:
悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える



ナチスドイツでユダヤ人絶滅事業の中心にいたアイヒマンが戦後捕まり、ユダヤ人の建てた国家イスラエルで裁判を受けた。
世界はアイヒマンに悪の権化的な凶悪な性格を期待したが、実際にはアイヒマンは命令に過剰に忠実な官僚的なだけの陳腐な人物だった。
哲学者のハンナ・アーレントはアイヒマン裁判を取材し『エルサレムのアイヒマン』という著作を発表。出版社や世論はアイヒマンやナチスを厳しく弾劾する内容を求めたが、ハンナ・アーレントが書いたのは我々自身がナチスやアイヒマンにすぐにでも陥ってしまうかもしれないという恐ろしさを警告するもので、世界中から大批判を受けた。

複雑な事象を複雑なままで受け入れることは難しく、不安が伴う。正義や悪を単純に区分けして示し世界を単純に理解させる/理解することが全体主義で、これはどの時代でも巷に溢れている。
「ユダヤ人が歴史を動かす陰謀の主体なのでユダヤ人さえ絶滅させればいい」というナチス的な考え方も、「ナチスドイツこそ悪の権化なのでナチスに関するものは徹底的に弾劾すれば良い」という考え方も、両方とも物事の複雑性を拒否しているという点で全体主義的であり、悪に陥る危険がある。

そんな感じの学び。これを今の練ってるマンガのアイデアに組み込みたい。

まず、現状の着想では「セブンイレブン本部が悪だからこれを叩き潰してスカッとする内容にしよう」というのが方針になっているが、これは物事を単純化させすぎているのでよろしくない。
そこで、悪役であるウィークサッカーに彼なりの正当性をもたせるべき。

ウィークサッカーのモデルをアイヒマンにすれば良い。
* 与えられた価値観に対して過剰に適応してしまう
* 官僚的で陳腐な(自分の固有の意見のない)人物

ウィークサッカーの価値観は経済の原理。自由競争、弱肉強食。
個々人がそれぞれ自分の利益の最大化に取り組めば世界全体での利益も最大化するという理論。
競争こそが神聖な事業である。だから竜騎士たちに競わせるし、自らも競争に参加している。つまりウィークサッカーは新興宗教の信者獲得数を別の宗教と競っている。

ウィークサッカー自身が厳しい競争に自ら身を投じていることを行動なりデザインなりで表現できると良い。
競争をキーワードにモチーフを探す。
* トラック
* ゼッケン
* ユニフォーム
* トロフィー
* 土俵
* リング
* メダル
* 競技場
* コロシアム
* ゴールテープ
* 表彰台
* 王冠
* 五輪
* 馬
* ボート
* パン食い
* 自動車
* 障害物
* 自転車

ウィークサッカーに食事シーンがあるならアンパンがいいかも。パン食い競走を連想させる食べ方ができればいいが。

ウィークサッカーは作中ではそんなにたくさん描きたくないので出番は限られる。その限られた出番の中で効果的に「競争が神聖」という哲学を表現できると良い。セリフだけでなく行動で示せると良い。

ウィークサッカーの宗教における十字架的なシンボルがあり、それが競争を表現する図像である。

ウィークサッカーの出番:
* 冒頭でナカヨシたちを勧誘する
* 人造神を作ってる業者に無茶振りする
* ナカヨシたちから竜騎士の解放を要求される
* 人造神を起動してナカヨシたちを襲わせる
* 人造神が倒され、竜騎士たちの開放を要求される

勧誘シーンで宗教の教義を解くときに競争原理について話す?
竜騎士の解放を要求された際、「競争が神聖なので竜騎士諸君には競争してもらっている」とか言う?

ウィークサッカーの宗教エンブレムは表彰台を図案化したものがいいかな。しかし、本来これは7payの象徴であったはず。競争哲学の要素を入れることでブレる? いや、ゼブンイレブン名指し批判からより抽象度の高いレベルへの批判に消化できるならそっちのほうが内容が深まって良いと考えられる。

一旦ここまで。
| マンガについての考えごと | 11:05 | - | - | permalink |
19072302
と思ったんだけどまだ政治ネタマンガのモチベーションが湧いてくるので再度検討。

政治要素のある映画を挙げて、みたいに回りくどいことを考えているからモチベーションだけ燻らせて描くところまで到達しないのだ。
恥も外聞もなく描きたいど真ん中をコンパクトにまとめて描けばいいはず。



私の政治理解には中心点がある。芯。ここが一番大事で、様々な政治的トピックもその根本をたどっていくとここに行き着くよねというポイント。

それが「自由-平等軸」だ。
なんだけど、この言葉はまだ私の中では決定稿ではなくもっといい言葉ないかなと探している。

言い換えをいくつか。
* 米国で言う共和党的なものと民主党的なものとをそれぞれの端に置いた軸
* 完全な無政府主義を一端に、完全なディストピアをもう一旦に置いた軸
* 独占-分配軸

説明。
私は政治の基本的な理解として、「対立する価値の軸を見出し、その軸上での自分の位置を考える」というのがあると思っている。

例。
原発をいますぐ全て廃止すべき - 原発はもっとどんどん作るべきという軸があるとする。
原発、いまは必要だけど徐々に減らしてなるべく早く全廃しようねという意見があるとして、それはこの軸線上の真ん中の「廃止すべき」寄りのあたりに位置することになる。

そういう、価値の対立軸を見出したらそれが政治のトピックであって、自分はその軸上でどの位置になるかなと考えたらそれが「政治を自分のこととして身近に考える」ということになる。



「自由-平等軸」がすべての政治トピックの土台にあると考えていると。


自由(独占):
* 能力があるものは能力の分だけ活躍し、能力の分だけ裕福になるべき
* 無能なものは本人の責任で無能なのだから貧困で構わない
* 自己責任の法則
* 究極的に言えばすべてが弱肉強食の原理が支配するのが正しい。つまり、無政府主義、マッドマックスの世界が極端な形
* 強いものはより強くなっていき、弱いものはより弱くなっていく傾向
* 米国で言う共和党的な思想。自由競争、小さな政府。
* 能力のあるものはどんどん成功することができる。
* 能力がなかったり不運だったりするものは際限なく落ちていく。


平等(分配):
* 裕福なものと貧困なものとの格差はなるべくなくすべき
* 裕福なものが裕福なのはたまたま運が良いだけ
* 貧困なものが貧困なのはたまたま運が悪いだけ
* いまうまく行っている者がいまうまく行ってない者を助けるべき
* 金のあるところから金を集めて金のないところに分配する
* せっかく優れた能力を持っていても成功の頭打ちがある。儲けるほど負担も増す。
* 能力がなかったり不運だったりしても最悪の状況までは落ち込まず、サポートを受けられる。
* 究極的にはすべての国民の富が同一レベルになる、共産主義ディストピアになる。
* 米国で言う民主党的な思想。福祉重視。大きな政府。


アメリカの政治では二大政党がわかりやすく対応する。
* 共和党(自由)-民主党(平等)

日本では曖昧なんだけど概ね以下のような理解。
* 自民党など与党(自由)-立憲民主党や共産党など野党(平等)


この理解の枠組が私の政治観の根本。
だから投票のときも野党に入れるか与党に入れるかの大雑把な判断は直ぐにできる。




じゃあ上記の理解の枠組みをマンガにしたとして、描く価値があるだろうか。
うーん

無い気がする。投票日前には「ボートマッチサイトを使おうね」というマンガを描いたがあれは実用的なハウツーとして一応客観的に価値が認められる内容だったと言えるが、上記の内容は私の個人的な見解なので一般化できるというわけではない。

それにいまブログに書いたことでかなり満足した。
のでこの構想はマンガにしなくていいか。様子見だな。
| マンガについての考えごと | 00:12 | - | - | permalink |
19072301
参院選の影響で政治への興味が特に高まっていて、まだ冷めていない。
個人的に政治の話題がかなり好きで、なんか政治を取り扱ったマンガが描きたいなというモチベーションを感じる。
なんだけど、少し浮かんでいる構想を書き出してみるとあんまり面白くなくて描こうというところまでいかない。
ここでもうちょっと練ってみて描けるネタにならないか検討してみようかな。


やりたいこと
* 自分は政治をこう理解しているという理解の枠組みを語りたい
* 自分は政治をこう楽しんでいるという、楽しみ方を語りたい
* 投票率を上げたい


つまり、ネタがあってオチがあってクスっとできるようなものの系統ではない。
ハウツーマンガみたいなノリになる。

で、脳内ネームを起こしてみると、セリフばっかで動きに欠ける。つまらない。
ピクファンとかでよく使う、セリフ部分だけ入れかえて枚数を稼ぐ形式でやってはどうか。

うーん。

有名な映画やアニメやマンガにおける政治要素を紹介して、「政治がわかるとコンテンツの面白さが倍増するぞ」というふうに紹介し、政治を身近に感じてもらうという構想。
この構想では「投票率が低いのは若い人の政治への理解度が低くて政治に興味が持たれていないのが原因だ」という仮説を暗黙の前提にしている。
しかし、そうだろうか。山田太郎氏が53万票を集めたように、実はネットでマンガを読むようなオタク層はそもそも投票率が高いらしい。だったら投票率を多少とも上げるために漫画を描くという場合、やる気が湧かない。

浮かんでる具体的な構想。
* アメコミヒーローのエックスメンを例に語る。
* アメリカにおける公民権運動(黒人が実質的な投票権を得るための政治運動)がエックスメンの時代的背景にある。
* プロフェッサーXはキング牧師の非暴力闘争主義を下敷きにしたキャラ
* マグニートーはブラックパンサー党のように暴力闘争の方針を下敷きにしたキャラ
* アメコミには政治要素が多くて、映画『スパイダーバース』の主人公、マイルズ・モラレスも「黒人のスパイダーマンがいてもいいんじゃないか」という問題提起から生まれたキャラ
* 映画やアニメも政治の知識があると楽しめる度合いが増すよ!

なんだけど、うーん。
文字の量が多い。
描くのがめんどくさい。

やっぱり保留だな。邪竜の翼2のアイデア練りのほうが大事だ。
| マンガについての考えごと | 22:08 | - | - | permalink |
19071402
Komifloというえろまんが雑誌定額購読サービスに登録してから定期的にえろまんがを読むようになった。
で、私はえろまんが家の先生たちへのリスペクトが巨大であるため、えろまんが作品のファンアートを描くことがたまにある。
pixiv交流企画に慣れているのでひとの創作キャラを描くことをポジティブでパワフルなコミュニケーションの手段として認識しているし、実践へのハードルも低い。

で、これまでの手応えでは、すごく喜ばれる。




雑誌のえろまんがというのは二次創作の同人誌と違ってちゃんとその作家のオリジナル創作で描かれるんだけど、そうすると毎回読み切りなので一人のキャラが1〜2話くらいにしか登場しない。なので版権のキャラと違って単発の創作読み切りのえろまんがのキャラが作者以外に描かれることがまずないといえる。
で、私は気に入った読み切りえろまんがのヒロインを描くことがある。すると喜んでもらえる。これは素晴らしいことで、プロのえろまんがの先生というと数千から数万の読者を持っている巨人であり、一読者に過ぎない私なんかはその前では砂粒みたいなものだ。
なんだけど、ファンアートを描くことで高い確率でその先生に喜んでもらうことができる。これはパワーバランスで言えば下剋上のようなものだ。

自分の好みにマッチしたえろまんがに出会うと感謝の感情が湧くので、その感情を昇華するのにファンアートを描くというのはとても割の良い選択だと思う。作者の方に喜んでもらえるし、私も嬉しい。WinWin。今後もやっていきたい。
| マンガについての考えごと | 18:49 | - | - | permalink |
19071301
ここ数週間、仕事で残業続きでヘトヘトで、マンガに割くエネルギーに乏しく、アイデアが前進してない。

そうそうそう、絵師さんにお金を払って絵のリクエストができるサービス「skeb」を利用して、絵柄の好きなプロのえろまんが家の先生に我がガチャ巫女さんを描いてもらった。
https://skeb.jp/works/9221

ご満悦。


最近、岡田斗司夫ゼミのガンダム講義に触発されて、ガンダムを第一話から見直している。
下記はYou Tubeで見られる無料版のガンダム講義のプレイリスト。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLGeprxivdjdUeuo9vBooAIHJtpJ67o_EK
私はニコニコで有料版を聞いてる。

で、細かく感想をつぶやきながら見ているので23分のアニメを見るのに二時間くらい掛かっているんだけど、これがとても面白い。
富野由悠季氏による演出はサラッと流し見しないで細かく細かく見ながらの鑑賞に耐えうるというのを岡田氏の講義で学んだ。
ガンダムってすごいなあ。


アイデア練り。
錬金術師のお話もせっかくいい感じのヒロインの予感がしてきてるところなんだけどいまいちモチベーションが上昇していない。
『メフィストフェレスのアイドル』『邪竜の翼』に比べると「ヒロインが受けている抑圧を解決する」という要素がないからだなというのが分析。
でも『マウンテンシーイング』でも別に抑圧があったわけではないから描けるはずではあるんだけど。

まあいいや。代替案が思いつけばそっちに移行してもいい。思いつかないなら錬金術師のお話をこねくり回していればいい。


錬金術師の話。
現状の流れ。
* 錬金術師の工房の遺跡が発見される
* コスモ(賢者の石の原料となる瓶)がふたつ発見される
 * 疑問:なぜ加工せずに瓶のまま残してあるのか
* 主人公ともうひとりの錬金術師が遺跡に入る
* ふたりは瓶をひとつずつ手に入れる
* 主人公は遺跡に転がってたハンドスピナーも入手する
* もうひとりの方の錬金術師が、瓶の中身から不純物を取り除くという方法論で賢者の石の錬成にチャレンジ
* 錬成は失敗し、頭部と胴体が離れた化物が生まれる
* 化物は頭部と胴体部で相争いながら暴れ、周囲を破壊する
* 主人公が賢者の石錬成にチャレンジしている
* 主人公の方法論は均一になるまで混ぜるというもの
* 瓶に入っているのには意味があると推理し、瓶から出さずに混ぜる方法を模索
* ハンドスピナーが磁力を持ってることに気づき、回して瓶にセットすると中身が回転する
* いろいろの速度や角度で試したところ、瓶の中身がいい感じに混ざる
* 瓶の中の液体が凝縮し、小さな人間の女性の形になる
* 女性の話。このまましばらくすると更に変形して賢者の石になる。この状態で瓶を開封すると賢者の石が手に入らないけど人造人間の状態で定着する。
* 暴れている失敗人造生物を止めるためにはプレ賢者の石人造人間のチカラが必要。
* 瓶を開けて人造人間を定着させる。
* 失敗作人造生物を倒す。


不満点。
* 「抑圧」がない。
* 「主人公による価値の選択」が弱い。
* 主人公が選ぶ行動が主人公にとっての損であることがもっと構造的に組み込まれていて欲しい。


錬金術師プロットの現状への不満から自分の求めてるプロットを逆算する。
* 抑圧された状況下にいるヒロインがいる
* 主人公にはヒロインを救うか救わないかの選択が与えられる。
 * 救わないほうが主人公の利益になる
 * 救ったほうが主人公の損害になる
* 主人公がヒロインを救う


錬金術師の話では主要なメソッドは「象徴」で、貧富の差が拡大するという社会的抑圧状況は「コスモ瓶の中身をエッセンスと不純物とに分離する操作」で表現しようとしている。つまり象徴層では抑圧状況の要素はある。でも不満。抽象度を高めすぎると自分自身がノリにくいのだろうと考えられる。


錬金術師プロットを調整して不満点を改善する、もしくは自分の満足度の高い構造になるような新規プロットを探す。
ここを押さえればいいというポイントは「抑圧されたヒロイン」だな。結局『邪竜の翼』に似てくる。
抑圧されたヒロインがいて、彼女が救われる、というのが大構造になっていると自分の満足度が高いらしい。

すると錬金術師の着想でのコスモ瓶のように、ヒロインに象徴的意味付けをできると象徴メソッドと噛み合うんじゃないか。

コスモ瓶で表現しようとした内容。
* 社会をどう運営するかについてのふたつの方向
1. 階層分断を進める方向
2. 格差是正を進める方向

弱者がより搾取され、強者がより甘やかされる社会に私は異議を唱えたく、日本の現状はそうなっているという認識。
政治の主要な役割に「資産の分配」があるというのが私の認識。多分日本は治安が良かったり生活インフラが整ってたりするんでそれらの重要度への評価が私には低いのだろう。だからかなり贅沢を言っているのかもしれないが、かと言って現状を是としているわけではない。格差を広げるべきではない。

だからヒロインを「搾取される弱者」とするのが良さそうだとまず考えられる。

抑圧(搾取)されるものを描く。
抑圧(搾取)するものを倒す。

単純な所が良いな。

最近ネットのニュースとかで怒りを覚える問題。
* 外国人労働者搾取
* セブンイレブン本部によるフランチャイズへの搾取
* 入管に収容されている外国人への人権侵害

こう見ると日本は外国人にとって地獄のような場所なのではないか。

セブンイレブン本部はここ最近のニュースを見る限り悪の権化に見える。私はフリーター時代にセブンでのバイトを数年やってたので贔屓のコンビニだったんだけどいまはとてもそんな気分ではない。

セブン-イレブン店舗乱立で閉店に追い込まれ失踪したコンビニ店オーナー妻が記者会見で訴え「本部は血も涙もない」

本部があり、フランチャイズがある。本部は本来フランチャイズの利益を助けるべきなのに、自らの利益のためにフランチャイズを犠牲にしてはばからない。フランチャイズはフランチャイズ同士での争いを強いられ、フランチャイズ同士が争うほどに本部が儲かる仕組み。これをマンガの題材にすればいいんじゃないか。悪の本部、搾取されるフランチャイズ。原点には本部による詐欺的勧誘がある。

セブンイレブン本部を象徴変換して巨悪を作る。
セブンイレブンフランチャイズを象徴変換してヒロインを作る。という構想。

こっちで考えてみようかな。すると錬金術師アイデアはプロットストックに突っ込むようだな。

一旦ここまで。


---

ネットのニュースを見て怒りを感じた時、「でもどこに訴えるわけでもないんだよな」と、怒りを持て余す。これをマンガに向けてみたらいいんじゃないか。
『冷たい船長』は日本における難民問題、「入管に収容されている外国人への人権侵害」から感じた怒りに端を発している。この系統。今回で言えばセブンイレブン本部への怒り。
実験だな。

---

詐欺的勧誘で思い出したのが魔法少女まどか☆マギカ。
セブンイレブン本部をキュウベエのような勧誘系悪の権化存在にしてはどうか。
で、魔法少女が増えるほどキュウベエは儲かり、魔法少女同士は殺しあい、魔法少女は辞めたがっている…
これ完全にまどか☆マギカだな! すでに完全に整合している。まどか☆マギカはセブンイレブン批判の話だったのか!!

ということでうまく描けたとしてもまどか☆マギカの二番煎じのようなお話になるかもしれない。それはそれで構わない。

| マンガについての考えごと | 19:40 | - | - | permalink |
19070701
アイデア探し。
今日一枚ぱっと描けるネタが欲しい。

最近の脳内トピックというと…
* ゲームは結局グラブルをポチポチやってるだけ
* サプチケで入手したゾーイが強くてお気に入り
* 光属性で最初に手に入れたSSRのアーミラさんが更に気に入ってきた
* ジョブも侍と賢者を手に入れた
* メインストーリーとサイドストーリー進めてルリアが仲間になった
* 参院選が近い
* ボートマッチサイトで投票先の参考情報を得た。
* 最近見た映画
 * スパイダーマンファーフロムホーム
 * スパイダーマンホームカミング(テレビで)
 * バニーレイクは行方不明
 * ベルフラワー
 * 日本のいちばん長い日(1967版)
 * ハンター(1980)
* 新しいウルトラマン、ウルトラマンタイガの第一話を見た
* 掃除用具のスチームクリーナーをポチった
* 時事ネタ
 * ペットボトルチャレンジ
 * タピオカミルクティーチャレンジ
* アマゾンプライムに登録した
* アマゾンのプライム・ビデオには映画が充実していてレンタル屋では見つからなかった映画がたくさんある


グラブルはゲームとして個人的トピックがあってもなんかマンガにしにくい。

マンガがいまいち思い浮かばないときのためにマンガが描けないマンガのシリーズがある。マドカさんというそれ用のキャラも投下してある。マドカさんでネタを考えるかなあ。
マドカさんは正体が島の魔女キルケーみたいなものなのでその正体や真の目的(来訪者を逃さないでなるべく島に引き止める)を明かしていくのはネタになるはず。
というかキルケーそのものにしちゃう? そうすると過去に島に訪れた英雄、たしかオデュッセウス?なんかの痕跡が見つかるかもしれない。それがネタになる?

Wikipediaから概要を引用。


キルケーは主にホメーロスの叙事詩『オデュッセイアー』やアルゴー船の冒険、海神グラウコスとスキュラの恋物語に登場する。
太陽神ヘーリオスの血を引き、
伝説的なアイアイエー島に住み、
薬草学と薬学について膨大な知識を持っている彼女は、
キュケオーンと呼ばれる調合飲料や、
毒、軟膏、杖、呪文を用いて魔法を使い、
人を動物に変身させ、自在に操って家畜とし、あるいは怪物に変えて破滅させる。
ホメーロスが彼女を《秘薬を使う魔女》と呼ぶとともに《恐るべき女神》《髪麗しい女神》など女神と頻繁に呼んでいることから、本来は月の女神ないし、愛のしかも不真面目な愛の女神だったと考えられている。


薬草や薬に詳しい。今のところ飲み物やキノコ料理を振る舞ってるのにその片鱗がある。クスリ属性をもっとネタにできそう。
キュケオーンという名称はFGOでの印象が強いので避ける。
家畜や怪物を飼っているというのはいいかもしれないけどそうすると別の人間の犠牲者になってくるから登場要素が増えてめんどくさくもある。

たとえば作中の私が「ああ〜人間やめて貝になりて〜〜」みたいに言うと叶えてくれる。


アイアイエー島ってどういう島だ。ニンジャスレイヤーと関係ある?
…Wikipedia見ても別に特徴のある島ではないな。一応、現在の地名に「キルケーの洞窟」というのがあるらしい。マドカさんは洞窟に住んでいると。いや、メイドの格好をしているからお屋敷に住んでるんだけど秘密の魔女工房は洞窟にあると。
アイアイエー島は現在での地図ではどこに当たるかははっきりしないけどイタリア西岸周辺ではあるらしい。イタリア料理とかワインとかが小道具になるかな。

ええとアイアイエー島に昔来た先客と言うとオデュッセウス。英語でユリシーズ。トロイ戦争で木馬の作戦を立案した智将。
オデュッセウスのWikipedia記事にもキルケーの情報がある。
* 声がうつくしい
* オデュッセウスは予めヘルメスから授かった「魔法を無力化する薬」を飲んでいたのでキルケーの薬による魔法をくらわずにすんだ
* オデュッセウスとキルケーは恋に落ち、一児をもうける。するとマドカさんには元カレがいて子持ちであるということになるな
* オデュッセウスに冥界に行く方法を伝授する
* 冥界にテイレシアスという予言者の知り合いがいる


キルケーのWikipedia記事、概要以外のところも読むか。
* 母親は海の女神ペルセーイス(諸説あり)
* FGOで有名な魔女メディアの親戚らしい(姉妹もしくは叔母)
* オデュッセウスとの間にもうけられたこどもには諸説あるらしい。どの説を取るかで人数とか変わるらしい。こどもには触れないほうが良さそうだな
* 飲み物を飲ませて動物に変身させ、軟膏を塗ってもとに戻す。使えそう。飲食物を出すときはヤバい狙いで、塗り薬を塗ってくれるときはデレた行動。
* 悪夢を見、海で頭を洗う。海で頭を洗うというのはマンガに使えそう。髪の毛がウェーブしてる由来。
* スキュラという腹から犬のような怪物が複数生えた女性の姿をした魔物がいるが、これはキルケーが呪いをかけて変身させたもの。
 * 海神グラウコスはクラタイイスの娘スキュラに恋をしたが、スキュラは彼を拒んだ。
 * そこでキルケーのもとにやって来て、薬草あるいは呪文の力で恋を成就させてほしいと依頼した。
 * ところがグラウコスに魅力を感じたキルケーは海神と恋仲になろうとする
 * グラウコスはキルケーを拒む。
 * キルケーはスキュラに嫉妬し、毒を使ってスキュラに呪いをかけておぞましい姿に変身させる
* というかキルケーはオデュッセウス以外にもいろんな英雄に恋をしている
 * 海神グラウコス(振られる)
 * ラティウム地方の王ピークス(振られる)→魔法でキツツキに変えられていまでもキルケーの住まいにいるという


諸説ある要素については触らないほうがいいな。母親、こども。

オデュッセウスと縁が深いけど一途な恋人ということではなさそう。かなり乱雑に恋をし、興味持った相手を養い、飽きると捨てる(家畜にしちゃう)。
オデュッセウス相手には薬が効かなかったときには次の手段として誘惑しているから、セクシーでえろいという設定はそのまま使えそう。

ネタになりそうなのは
* 予言者の友だちがいる。Lineとかで連絡取ってる。「占い師の知人」
* 父親が太陽神。電話して天気を変えたりできる
* 木馬のおもちゃやキツツキの置物が飾ってある
* 作者が人間やめたがると変身させてくれる。怪獣とか
* 作者を籠絡しようとする
* えろい誘惑者
* 飽きっぽい
* 作者に対して純愛を捧げるというわけではなく、飽きたら捨てればいいや程度の思い入れ
* 海岸に行くとスキュラが襲ってくることがある
* スキュラはマドカさんを憎んでいる


作者(俺が描かないとお前に出番はないんだぞパワー)VS魔女(魔法で豚に変えてやるからな)という側面がある。

アイアイエーって漢字にすると「愛々栄」だろうな。すると島にあるお屋敷の名前が「愛々栄邸」。いや、「愛々邸」?

一旦ここまで。
| マンガについての考えごと | 11:35 | - | - | permalink |
19070401
アイデア。

錬金術の究極の成果としての「賢者の石」と書いて「ユートピア」とルビを振る。錬金術が社会政策を象徴しているということの示唆にする。
主人公と敵対者の実験は同時に行われるのではなく、敵対者→主人公の順にやりたい。だから原料となる液体の量が限られている?
原料となる液体は社会の構成要素である人々とか資産とかを象徴している。こっちも判りやすいルビを振りたいなええと… ビープル? ソサイエティ?

どちらが実験を行うかで論争がある。これは選挙とか議会政治とかのプロセスを表現する。

最初に分離主義者が不純物を取り除いてエッセンスだけ抽出する方法で賢者の石錬成に挑む。
するとエッセンスの部分と不純物の部分とがそれぞれ害をもたらす。
* 毒ガスが発生する?
* それぞれがゴーレム化して襲ってくる?

社会階層の分断が進むと暴動とかの悪いことが起きるよということを象徴する。


一悶着あって問題を解決し、当初の濁った液体に戻すことに成功する。
それで次に主人公による錬成が実施される。

この話の中では賢者の石の秘密は「運動」にあって、特定の条件下で一定の方法で液体が混ぜ合わされている時、「液体が動いている状態」が賢者の石となる。つまり賢者の石とは比喩であって実際には液体であり、しかも運動中の液体である。
一定の条件下で一定のスピードなり方向なりで混ぜていると、液体が均一になって光る状態になる。この状態が賢者の石。温度とか撹拌速度とかの条件を変えると光らなくなる。

なので、鉛を金に変えるには鉛で作った攪拌棒か何かで液体を混ぜるとよいとされる?

賢者の石でなにをする?
* 鉛を金に変える
* 機械に命を与える
* 病人を癒す


今日はここまで。
| マンガについての考えごと | 00:21 | - | - | permalink |
19070301
メモ

路上錬金術師の倒し方。
主人公たちの当初の行動が進むことでダメージを受けていくので、3つ目の課題(募金)を済ますことで倒せる。

抽出がうまくいかないのはお前たちのせいだと言ってアイスブランドで襲ってくる。
主人公たちのうちひとり(ナカヨシ)が食い止め、もうひとりがとりあえず募金を済ます。
すると錬金術師が実験中だった抽出瓶が異常反応して爆発し、錬金術師はそれに巻き込まれる。
| マンガについての考えごと | 07:06 | - | - | permalink |
1/164PAGES | >> |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES