Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

17101503
ヤタの島の設計。

必要な要素 :
* 船着き場
* 砂浜
* ラーの鏡を祀る神殿
* 住宅地があり、それは一箇所に集まっている。
* 神殿と住宅地とは近接する。ミサイルの標的が一箇所で済むように。
* 神殿(教会)を囲んで住宅や商店などが密集する街の作り。


山をもたせる? 山があると絵が映える気がする。
しかし、山をもたせるなら何らかの意味が無いといけない。
台状の山があって町はその台の平たいところにある? 台状の平たいところの面積が限られているから重要施設が密集する。

この島は日本のメタファーでないといけない。日本といえば…山。細長い島で中央に山並みが通る。山を境にエリアが分かれる感じ。
しかし、それやるとエリアがばらけるな。

一方で台状の山といういかにも意味ありげなものをわざわざ理由なくもってくるのもよろしくない。

船着場のある周辺に集落がある。便利だから。そこに同時に、ラーの鏡を祀る神殿がある。そして、日本の象徴たる富士山っぽいシルエットの山があるが、これはとくに信仰の対象とはなっていない。信仰の対象になってたらラーの鏡はこの頂上の神殿に置かれそうだけどそれだとミサイル攻撃ターゲットがばらけるので。まあこれくらいのゆるい設定でいいか。
すると実在の島の写真を探すというよりはこの設計に従ってそれっぽく見える島の絵をでっち上げるということになるか。地図の作成が必要だな。


ドラクエ2のマップチップを使ったヤタの島。これを使おう。



次はマスターショット、というかエスタブリッシュメントショットだな。どういう場所なのかがわかる基本絵。
小さい村。日本風。漁村…
| マンガのアイデア | 17:40 | - | - | permalink |
17101502
ドラクエ短編、ヤタの村の女傑村長ラフ。
パラディン、おおかなづち系の見た目のハンマー、聖騎士の鎧?(ググったら出てきたやつ かっこよくて描きやすそう)。



彼女の名前はディアナの予定だったんだけど、日本っぽいほうが良いのか。ヒミコ? アマテラス? トモエ? シズカ? イモコ?ベンテン?
カズチにするか。日本の神で強いのは誰かと検索するとタケミカヅチと出て来る。今回のこのキャラの武器がハンマーで「鎚(ツチ)」なので、カヅチ。女性名っぽくも聞こえるしね。
| マンガのアイデア | 12:35 | - | - | permalink |
17100401
アイデア考え。
仕事で壁にぶつかっていて(これはプログラマー的な壁で、使いたいAPIがうまく動かないというやつ)、これがすっきりと解決しないと脳が解放されない。なのでマンガ脳に切り替わらない。

ドラクエ11でドラクエ欲が高まって、すこしドラクエ10をやったりなどしていた。利用券も買ってないのになぜかウィンドウズ版でログインできたんだけど、今日はログインできなかった。カムバック者には無料でつなげる期間があっただけでレベル50までなら無料でずっと遊べるということではかなったのかな?
でもカムバック者用の攻略本も買ったしクリスタも買ったので少し遊びそう。



ドラクエ短編のアイデア。

主人公が難民モンスターの信頼を得る下り。
島民とモンスターたちとが衝突した際、主人公がモンスターをかばうことで信頼を得るのがスムーズでいいんじゃないか。

島民と難民モンスターたちとが衝突する。
モンスターたちのほうが戦力が低いので袋叩きな感じになる。
主人公がモンスターたちにスクルトとかホイミとか掛けて守ってやり、その場を仲裁し、普段島民の使ってない場所へ避難させる。
この件で主人公はモンスターたちから信頼を得る。
それによって爆弾岩ミサイルの情報を得る。

なので時系列としては、
* ミサイルの脅し。
* 島民による話し合い。ここで「ミサイルの正体がわからない限り対処のしようがない」という話になる。ミサイル情報が求められる。
* モンスター難民たちとの衝突。主人公による肩入れ。バトルっぽいイベント01.
* モンスターたちから情報を得る。
* ミサイル対処の準備。
* ミサイル対処。バトルっぽいイベント02.

難民モンスターが人間の里に避難してくるのはおかしい?
野生動物っぽくなくて人間っぽいモンスターをチョイスすればいいか。

この前天空の城ラピュタがテレビでやったとき、上下動が豊富であることが指摘されていて、感心した。
上下動、取り入れられないか。
難民たちが姿を隠す場所は低いところにあり、住民たちは高い位置に住んでいる。すると高い山が海に沈んだような形の島になる。
山頂にひとが密集して住んでいる場所がある?
いや。山はやめておこう。山頂が目印になる→ボストロールの国から肉眼で見える気がする→狙いつけるための目玉モンスターが不要になる。
今回の着想に上下動を持ち込むのは難しいだろう。無理に入れなくていい。

週末にでも一旦脚本を具体的に書いてみて、色々足りないものに気づくだろうからそうしたらまたプロットに戻ってくればいいか。
| マンガのアイデア | 00:20 | - | - | permalink |
17100301
アイデア練り。

現在の課題 : 難民モンスターの抱える問題。主人公がそれを解決する。

ドラクエ的な典型的なトラブルで良い。ちょっとしたクエスト的なもの。
ドラクエ11のクエストをざっくり見る。
* 不思議な鍛冶や屋根登りといったゲームシステムのチュートリアル的なもの。
* どこそこに行ってこれこれを取ってきてくれ。おつかいもの。
* ○○というモンスターを倒してそいつが落とす○○をもってきてくれ。討伐もの。
* だれそれを探してくれ。人探し。

びっくりサタンが見せ場の多いモンスターなのでこいつ関係のクエストを設定できないか。
村には観光名物の有名な踊りがあってひと目見たいと思っている?
今回はゲームではなくマンガなのでマンガ的な課題? ページをめくったあとの最初のコマで集中線を使ったアップのシーンを見せろ!とか。

関連性…
島民の中心人物が踊りと関係ある?
びっくりサタンの要求は「踊らせろ」で、主人公がステージを用意してびっくりサタンが踊りを披露する? 島民たちは踊りに感動する。

島はどういう村なのか。
最初に爆破されるのは宮島の鳥居のようなイメージ。すると観光地? ただ聖なる場所というだけ?
島国・日本のイメージ。びっくりサタンと接点は…

主人公が活躍すべきなんだから主人公に属性を増やすべき?
主人公がその特徴を活かして島民/難民モンスターに対して貢献をし、それによって信頼を得る?
いや、違うな…

主人公が何かをして貢献し、それによって信頼を得る。何をする? 目指すべきなのはやはり象徴性。
島民の多くはモンスター排除論者だが、ある子供がモンスターたちに興味を持ち、びっくりサタンの踊りを見たいという?
難民モンスターのひとりが昔島民に助けられたことがあり、その時助けてくれた人を探し出してお礼を言いたがっている?

まて。
頼まれて何かをするのではなく、主人公が主体的に何か詩的なことをする?
pixivファンタジアでの自キャラの動きはこういうのが多い。

難民モンスターを警戒する島民。
島民を信用していない難民モンスターたち。
両者の融和を目指す。なにをする?
共通の敵がボストロールの国のボストロール。

炊き出し…? これだと島民→難民への施しにはなるが難民→島民への貢献にならない。
島民と難民が協力できるイベントがいい。餅つき? 盆踊り? 相撲? 競馬? 武道大会? ダンスバトル?
競馬はいいかも。モンスターの中にスライムライダーがいる。島民は… 馬?

まだパリッとしたアイデアが出ないな。
今日はここまで。
| マンガのアイデア | 23:51 | - | - | permalink |
17100201
## 役柄
* 悪役。ミサイルを飛ばし、脅迫する。
* 難民。脅迫を行ってる国から逃げてくる。
* 難民を排除しようとする者。島民。
* 難民をかばうもの。部外者。
* 難民を受け入れようとするもの。島民。
* 悪役の要求を受け入れるしかないと判断するもの。
* 悪役の要求を受け入れるべきではないと判断するもの。
* ミサイルの正体を伝える。
* ミサイルに対処する
 * メガンテを封じる
 * 眠らせる
 * 足払いで動きを止める
 * 爆弾岩を破壊する
* 目玉モンスターを探す
* 目玉モンスターを駆除する


## 勢力
* 島民
* ボストロールの国
* 難民
* 冒険者



キャラクターは少ないほうがいいので幾つかの役割を兼ねさせる。
難民モンスターの役割を増やす。爆弾岩対策に一役買う。
主人公以外に旅の冒険者を出さなくていい。
島民の協力者がパーティーメンバーになる感じ。

三人PTになる。
* 主人公の僧侶(旅の冒険者)
* 島民のうちの理解者。武闘家? 魔法使い? 戦士?
* 難民のうちのリーダー。

難民モンスターの役割
1. 島民を警戒する
2. 島民と和解する
3. 爆弾岩ミサイルについて情報をもたらす
4. 爆弾岩に対処する
5. 目玉モンスターを捜索して駆除する(この役割は副次的なものでいい)

1〜4までをひとりのキャラに集約すると?
ミサイルについての情報を知り得る立場。きとうし?
きとうしはマホトーン使う。したら爆弾岩にマホトーン使う役目? 主人公の僧侶とかぶる。
主人公がマホトーン使い、協力者のヒロインが物理攻撃特技使うイメージなので、補助系のことができるモンスターがいい。ラリホー、凍てつく波動、口塞ぎ… ももんじゃが口塞ぎ使わなかったっけ。誘う踊り?
主人公の放つマホトーン、一発目が失敗する。
協力者モンスターが1ターン動きを止める。舐め回し?誘う踊り?雄叫び?
主人公がもう一度マホトーンやって、今度は効く。
ヒロイン=アタッカーが倒す。
もしくはモンスター難民協力者が強い物理攻撃をできる? するとヒロインは女性魔法使い。ラリホーマを使う。

とらおとこが雄叫びを使うな。
ダークドリアードがラリホー。
マジックリップスがラリホー。
アルミラージがラリホー。
デーモンバウムがラリホーマ。どうも切り株系のモンスターはラリホー使うらしい。
アローインプが眠りの矢。
メイジももんじゃが口をふさぐ。
びっくりサタンが誘う踊り。

ドラクエネタなのでちょっと笑える方がいい。
すると誘う踊りがいいんじゃないか。びっくりサタン。はじめは島民を信用してなくて憎まれ口を叩くけど後にデレるというツンデレキャラにも向いてる。


難民モンスターたちに手を差し伸べる島民が、爆弾岩破壊の役を担う物理攻撃キャラ。
ワンダーウーマンをモデルにするか。映画でホットだし。きりりとした英雄的女性。


流れ整理。
主人公が島に着く。
正体不明のミサイル攻撃で隣国から脅されている。
要求を飲むべきか拒絶するべきかで村人の意見が割れている。
島民のひとりである女戦士の意見は? 島の人の安全が何より大事=要求を飲むのはやむを得ないと考える? だから要求されているのは光のオーブとかのモノであるとよい。
騒動があり、隣国から難民モンスターがやってきている。
島民との間で衝突。
主人公仲裁。
主人公の働きで島民と難民との和解を成立させる。
ミサイルの正体についての情報を得る。
ミサイル対策ができることが判明し、ボストロールからの要求は拒絶することに決定。
ミサイルとの対決。
危機回避。


すると考えるべきなのは島民と難民モンスターとの対立、および和解までの推移。ここでナカヨシが活躍する。するとはじめから難民に同情的な島民はいないとした方がいい。
まずモンスターから人間への敵意を解消しないといけない。
モンスター難民のうちのひとりが怪我してるなり病気にかかってるなりして危機的状況。伝染病がいいか? それなら島民がモンスターを排除する動機づけにもなる。
主人公が難民たちを助けることで難民が主人公を信頼し、ミサイル攻撃の詳細を教えてくれる。主人公がそれを島民に伝え、対策する。爆弾岩にマホトーンが効かなかったときに、難民モンスターの代表者のびっくりサタンがさっそうと現れて誘う踊りを行う。

難民たちの陥っているトラブルは? どうやって解決する? 歴代のキーアイテムが使えるといい。ラーの鏡… 渇きの石… 信じる心… 風のマント…

今日はここまでにしておくか。
| マンガのアイデア | 00:25 | - | - | permalink |
17100102
ドラクエ短編マンガアイデア練り。
主人公のアクションが少ないので主人公視点でプロットをまとめてみる。
主人公のTODOを列挙。主人公の僧侶が操作キャラだとして、何をこなしていけばストーリーがクリアになるかという視点。

島に渡る船上からスタート。
* 船上から、破壊された鳥居を確認する
* 村に行く
* 村長から話を聞く
* 騒がしい海岸に行く
* 島民と難民との争いを仲裁する
* 難民を村外れの廃教会(もしくは洞窟)に連れて行く(戦闘イベント?)
* 村人に話を聞いてまわる
 * ボストロールからの要求を飲むべきかどうかの議論をしている
 * 要求を飲む・飲まないで意見が割れていて、島民の間でも対立が芽生えている
 * 難民に同情した島民がおり、差し入れをくれる
* 難民への差し入れの品を受け取る
* 難民への差し入れの品を難民に届ける
* 難民からボストロールミサイル攻撃の正体についての情報を聞く
* 島民に情報を共有し、ミサイル攻撃対策をする
 * 対策可能であるということで「要求は飲まずにミサイル対策をする」という方向で島民をまとめる
 * 島民を避難させる
 * マホトーンかラリホーを使える冒険者を探す
 * 目玉モンスターを探す。これは島民だけでなく難民モンスターも協力する
* 飛んでくる爆弾岩への対処をする
 * 見つけた冒険者の協力者とともに対処する
 * 一発目を対処したあと、目玉モンスターが発見され、二発目以降を防ぐことに成功する
* 危機は回避され、難民モンスターたちは受け入れられる


浮かんだアイデア。
ボストロールの要求は「嫁にするから誰それ(名指し)をよこせ」。娘を要求する。
この娘が、難民たちに同情して差し入れをくれるひと。
娘を守ろうとする一派(家族や友人)と村を守ろうとする一派(村長たち)で対立する。

サブキャラ(ヒロイン)の女魔法使い。
主人公はマホトーンを唱えて、女魔法使いはラリホーマを唱える。

いや…
協力者の冒険者は武闘家?
飛んでくる爆弾岩に主人公がマホトーン掛ける
→一発目が失敗
→次のマホトーンの詠唱までの間に爆弾岩がメガンテを唱えそうになる
→女武闘家が足払いで動きを止める

いや
サブ冒険者は武闘家で良い。
主人公のマホトーンはうまく効く。
着地した爆弾岩をマホトーンが切れる前に破壊するのが武闘家の役目。

主人公はゾーン状態を使えて、武闘家はハイテンションを使える。

爆弾岩とんでくる。
→主人公の魔法の射程に入った瞬間にマホトーンを掛け、成功する
→着地前に爆弾岩がメガンテを唱える。封じられている。
→女武闘家がハイテンション状態で爆裂脚を放つ。
→爆弾岩を倒しきれない。
→爆弾岩がメガンテを唱える。
→魔法は封じられている。
→正拳突きで倒す。


ボストロールの要求は「嫁をよこせ」でいい?
キャラが増えてしまうのが難点。
しかし、難民に同情を寄せる島民ポジションのキャラが必要なので、このキャラに兼ねさせるのは悪くない。
いや待て。

島民と難民モンスターとの和解の橋渡しになるのが主人公。
島民に話を聞くうち、難民モンスターなら解決可能なトラブルを見つける?


主人公と難民たちがまず身を寄せようとする洞窟、島民は近寄らない。なぜなら凶暴なガメゴンが巣食っているからだ!
→まさかあの洞窟に行ったのではと心配した娘が止めに行く
→モンスターたちはガメゴンと既に仲良くなっている
→心配してくれた島民がいるということで難民たちが少し態度を軟化させる


うーんむ。
主人公は旅の僧侶? それとも土着の僧侶? 土着僧侶の方がMOBっぽくていい?

まだまだアイデアの熟成が必要だな。今日はここまで。
| マンガのアイデア | 23:46 | - | - | permalink |
17100101
ドラクエアイデア練り。

## 現時点でのプロット。

旅の僧侶。船(定期便)に乗ってある島国に向かってる。
僧侶の旅の目的。大きな目的は特になく、旅に生きる冒険者というだけ。直近の小さな目的としては観光名所になってる「湖に浮かぶ大木」とか「湖に立つ鳥居」とかを見に来た。
船上。夜。上空を何かが飛んでき、落下地点で大きな爆発が起こる。
次の日。船がその観光名所の前を通過する。それは爆発によって破壊されている。
僧侶が島の村に着く。

その村では住民たちが頭を抱えている。
村長に話を聞いてみると、隣国であるモンスターの国の王のボストロールから無理な要求(内容は?)を突きつけられて脅されているとのこと。
ボストロールは村の観光名所を爆破すると予告してそれを実行した。(自由自在にミサイルを飛ばせるんだぞということを見せつけたということ)

島民による問題対策が幾つか講じられる。
* 防空壕掘削
* 要求されているものの探索(もともと村にある宝物?)
* ボストロールの討伐を大国に要請

ちょっとした騒動が起こる。ボストロール国のモンスターの難民がボートでやってきたのだ。(難民=ボートピープルという連想が働くのでボートがいいと思う)
モンスターたちはボストロールの支配から逃れるために逃げてきた。(わざわざ船に乗ってきて逃げるのはおかしい?陸の別の国に行けば?)
モンスターたちは村の住人に見つからないようにこっそり隠れようとしていたところを見つかる? モンスターたちも村人たちを信用してない。
島の住人たちはモンスターは信用出来ないということで追い出そうとする。
モンスターたちは「別にお前らに迷惑はかけねえからほっとけ!」と硬い態度を示す。
主人公が両者をとりなし、一旦彼らを預かる。島のはずれの廃教会かどこかに行く。
モンスターのうちのひとりがスパイもしくは荒くれ者でなにか問題を起こす。
村人がモンスターたちを殺すなり追い出すなりしようと強く求める。

村は何らかの問題を抱えていて、避難民がそのひとつを解決する。
* ボストロールからの要求(内容による)
* 近海にクラーゴン的なモンスターが出て領民を困らせている
* 鉄鉱石鉱脈に巣食っているモンスターを倒す
* なくなっていた物を見つける

島に貢献したことで島民と難民モンスターとの間に信頼が芽生える。
難民モンスターから情報の提供があり、ミサイルの正体が爆弾岩であることが判る。
マホトーンやラリホーでの対策と、目玉モンスターの捜索が行われ、ミサイル危機は回避される。
ボストロール討伐の試みは失敗に終わる(大国は動かなかったとか)。



## メモ
主人公は「天使のような存在」=過去設定がなくどういう人物なのかの背景が薄い

最初の爆弾岩攻撃は「ミサイルを日本の上空を通過させて海に落とす」ことの表現とする。なので水の上あるいはそれに準じた場所に落とす。

地図を朝鮮半島と日本に似せておくと良い。左右とか上下を反転する。規模はずっと小さくて良い。湖に浮かぶ小島の村とか。なので主要な舞台の村は小島である。

島民と難民モンスターたちとの和解は双方向的な貢献のワンセットで根拠付けるといい。
* 島民のうちの有志がモンスターたちに食べ物や寝具を差し入れる。
* モンスター難民が能力を活かして島のなんらかの問題を解決する。

いや、難民モンスターたちは爆弾岩ミサイルの回避方法を教えるということで島に貢献できるのだから、その他の貢献は別に必要ないか。
ファーストコンタクトで島民が難民たちを追い出そうとする。
→主人公が一旦場を取り持つ。
→島の有志が難民たちに能動的な援助の手を差し伸べる。
→その恩返しとしてミサイル回避の情報を教える

ボストロールからの要求の内容によるな。
島民たちもその所在を知らない勇者(もしくは別の何か)を差し出せというのであればそれを難民たちが見つけるというくだりはあっていい。
そもそも村が宝として守っているアイテム(光のオーブとかみたいな)をよこせというのであれば難民が解決するという訳にはいかない。

ボストロールからの具体的な要求を考える。
象徴すべきなのは「北朝鮮がミサイルを背景に要求しているもの」なんだけど、それってなんだ? 北朝鮮はミサイルはむやみに撃ってる印象あるけどこれをよこせみたいな法外な要求してる印象はないが、知らないだけだな。きちんと調べてないからだな。資金援助じゃなかったかっけ。食料とか。要するに金をよこせということ。
まあだったら、メタファーに気を配りすぎなくていいな。ドラクエ的に処理していい。
* 勇者
* 光のオーブ
* 嫁にするから村娘をよこせ

島民(我々日本人)と難民モンスター(北朝鮮からの難民)という象徴があるから、この二者のやり取りと行末とをどう設計するのかにメッセージ性がこもることになるので、ここは慎重に設計するべきだな。物語のノリで作るのではなく最初にメッセージを確立してそれを表現する展開を割り当てるべき。

「難民は、武装難民などのリスクに対策した上で受け入れるべき」というのが私の主張になる。
すると、
* 難民は島民から危険視されている。
* 難民も好き好んでなれない土地に来た訳じゃないんだから友好的なわけではない。
* 難民リスクを描くべき。食料や家畜が盗まれるとか。対策は? この場合なら食料の配給で解決しそうだが。
* 寛容な態度で受け入れることが大事。「受け入れる」を具体的に示すイベントが必要。食料の差し入れだけじゃ弱い?
* 受け入れたことでポジティブな成果(爆弾岩ミサイルの無効化)が得られる。

「難民が国内の問題を解決する(たとえば勇者を見つけ出すとかクラーゴンを倒すとかみたいに)」とまで描いてしまうとそれは現実世界対応からの逸脱が大きすぎると思う。別に難民が救世主というわけではない。
難民が勇者を見つけ出すが差し出すことはやめにして隠す、という着想は今回の狙いとずれてくると思うのでやめておく。


現在の着想だと主人公が活躍しなさすぎる。ドラクエなのだから主人公が活躍するバトルがひとつくらいほしい。
→難民に紛れ込んだスパイを倒す?

いや、「難民には必ずテロリストが混じっている」と描くよりは、「難民には必ずテロリストが混じっているという風評だったが蓋を開けてみればそんなことはなかった」と描いたほうがいい?
ここは見識が問われるな。
* テロリストが混じっていると描くと現実での難民への偏見を拡大することになる可能性がある。
* テロリストが混じってないと描くと難民を無条件で無害な存在のように見せてしまってリアリティがなくなりメッセージ性が弱まる。

こうでどうだろう。
* テロリストが混じっているという風評はある。
* 蓋を開けてみたらテロリストはいなかった。
* しかし、別の形で、通常の人間の集団が起こすような範囲での問題はやはり持ってくる。

難民=テロリストというレッテルは拒否しつつ、しかし別の形で問題は抱えているよというふうに描く。

すると主人公が行う戦闘イベントはない?


一旦ここまで。
| マンガのアイデア | 13:30 | - | - | permalink |
17093003
ドラクエ短編アイデア練り。

独裁者の規模は国レベルじゃなくて村とか森とかのもっと小規模でもいいかもしれない。思いつくアイデアによる。
難民モンスターたちの人数は3〜4人くらい? 少なくて良い。

独裁者モンスターが周囲の村(国)に脅しをかける。
上空を通過する何らかの破壊行為を行う。
→空飛ぶモンスター(スカイドラゴンとかヘルコンドルとか)に大量の爆弾岩を運ばせて落としている。
→主人公たちは投下された爆弾岩がメガンテを使う前にラリホーで眠らせ、運んできたモンスターと戦い、そのモンスターにとどめを刺すのに爆弾岩を使う。すると爆弾岩の数は少ない方がいい?

難民たちの中に武装難民的な・反社会的なモンスターがいる。
* マネマネがモシャスで何かになりすます? スパイ。
* 別に好きで難民になったわけじゃねえという荒々しい性格のモンスター? 豪傑ぐまのような。

もし人間が独裁者から逃れてモンスターだらけの地域に逃げたとしたら、モンスターに溶け込もうとするよりはそのへんのモンスターを狩って生活圏を確立しようとするだろう。すると「人間の村を襲って乗っ取ればいい」という思想のモンスター難民がいてもいいんじゃないか?



ドラクエモンスター大図鑑という本に目を通していた。
名前にキングがつくモンスターが結構いるからそのうちのひとつを独裁者役にする?
海の魔物やゾンビ系みたいに統一感のある魔物の国にする?


この着想で優先順位の高い要素
* 北朝鮮による弾道ミサイルのメタファー
* 北朝鮮の独裁者のメタファー
* 難民のメタファー

モンスター図鑑にざっくり目を通したところ、「上空を通過する」を表現できるようなガッツリ空を飛べそうなモンスターはそんなにいない。
やっぱり当初考えついたスカイドラゴンとかヘルコンドルくらい。

弾道ミサイルの表現…
聖剣伝説2だったかな?大砲で長距離移動するのがあったけど、ああいう感じで何らかの物体を長距離飛ばすような技術、ドラクエであったっけ?
…思い浮かばないが、話の規模を小さくするなら「ギガンテスが爆弾岩を投げる」程度のことでいいんだな。破壊力がせいぜい建物ひとつを壊す程度のものであっても「上空を通過して落下地点に破壊をもたらす」という条件は満たされている。
すると小王国程度のモンスター独裁国で、爆弾岩をピンポイントで投げつける能力により周囲の国に脅しをかけている?
スカイドラゴンを飛ばして爆弾岩を落とさせるというものだとミサイルよりは爆撃(東京大空襲のような)の比喩に近くなる。
あーこうするか。呪文の暴走を利用する。暴走魔方陣か何かのスキルがあったはず。メガンテを暴走発動させられる技術を持った独裁者。すると暴走魔方陣が使えそうな魔物ということになる。
いや…

* 投擲能力
* 暴走魔方陣
* 爆弾岩

トロルキングが独裁者で、部下の魔術師に暴走魔方陣を使わせて自ら投げる?
投擲役も暴走魔方陣役も部下? 独裁者イメージの魔物もしくは人間…? 魔物使い?

この辺はあんまり考えてるとドツボにはまるな。適度ないい加減さでポイポイと決めればいい。
登場キャラは少ない方がいい。「独裁者」「投擲役」「暴走魔方陣役」と3人いるとめんどくさいので独裁者にどっちかをやらせてふたりにする。
魔術師系のモンスターだと私はドラクエ2に出てた悪魔神官とかあの辺りのビジュアルが好きなのであのへんからとるか。
あーまて。ベリアル・バズス・アトラスの三人… いや、三人にするのはやめよう。

投擲役・独裁者 : トロールキング
暴走魔方陣役 : 地獄の使い

トロールキング調べたらこいつバシルーラ使うな。
バシルーラで爆弾岩飛ばしたらどうだろう。すると魔法役のみでいい。
でも北朝鮮の無茶振りなやり方は頭良さそうな魔道士系より頭いかれてそうなトロール系のほうがそれっぽい気がする。

するとやはりトロールキングと地獄の使いがいいかな? いや、ボストロールと悪魔神官かな。

暴走魔方陣かけた爆弾岩を投擲する。
狙いを精密に定めるために現地に悪魔の目玉のような目玉系のモンスターを派遣している。


主人公たちの対策 :
1. 飛んできているのが爆弾岩だということを突き止める(難民モンスターからの情報?)
2. 飛んできた爆弾岩にマホトーンやラリホーを掛けまくって爆発しないようにする
3. 爆弾岩が爆発しないように倒す、もしくは縦穴に落として安全に爆発させる
4. 目玉モンスターを捜索・駆除することで今後の投擲脅しを予防する

すると、以下のふたつの情報を得るプロセスが必要になり、それをもたらすのが難民モンスターであるとすればストーリーがつながっていくんじゃないか。
* 飛んで来るのは暴走魔方陣を掛けられた爆弾岩
 →メガンテを封じることで爆発を避けられる
* 精密な投擲を行うために現地に観測用目玉モンスターが必要
 →目玉モンスターを徹底的に駆除することで完全ではないにせよ今後の予防ができる

すると、難民モンスターの構成はこんな感じか?
* おおめだま : 目玉モンスターの動向に詳しい。目玉モンスター発見の役にも立つ。
* きとうし : 悪魔神官の部下だったので爆弾岩投擲の現場を目撃している

なんにせよ目玉系モンスターと魔法系モンスター。しかし彼らはなぜ逃げてくる? 普段からボストロールによる搾取がひどい? どういうコミュニティ?
たとえばオークキング率いるオークの一族が難民、というのなら設定しやすい気がする。トロル族とオーク族とはキャラがかぶってるから迫害されているとかで。

難民モンスターたちをかばい、信頼を得ることでこれらの情報を得られるようになる。
→主人公の行動が問題の解決につながる。

一旦投稿。
| マンガのアイデア | 19:51 | - | - | permalink |
17093002
考え事。

ドラクエフォーマットで短編を作れないか。

* ドラクエはFFと違って1〜11までほとんど世界観が同じである。
* モンスターやアイテムの蓄積があり、プレイヤーがそれらの知識を既にある程度持っているという期待ができる。
* モンスターやアイテムを象徴的に利用することができる。

特定のドラクエの世界を下敷きにするのではなく、ドラクエ的世界の材料を使って小規模なオリジナル(というか匿名の)ドラクエ世界を作ってそこに物語を注入する。
* 現代日本社会の状況を反映させる。
* 物語としてありきたりでないように工夫したい。


現代社会的問題。
* 北朝鮮のミサイル威嚇や難民の問題
* トランプ大統領のようなポピュリズム的権力者
* 白人至上主義をはじめとする根強い人種差別

人種差別は種族差別として表現できる。モンスター差別とかマーマン差別とかくさった死体差別とか。


やはりアイデア湧きそうなのは北朝鮮をモデルにした独裁国家だな。
独裁国家から難民が逃げてくるが難民を危険視する避難先の住民から拒絶されるという問題。
独裁国家を治めるのは魔王的存在。歴代ドラクエで中ボスになった通常モンスターがいい。アームライオン? 百獣の王ライオンだからいいかも。でももっとずる賢そうなのがいい。要検索。
独裁国家の住民(難民)はモンスター。モンスターだから人間に嫌われる。独裁者モンスターとの組み合わせで迫害に説得力を持たせられるといい。王が猿なら難民は犬とか。歴代ドラクエで典型的に対立していた種族ってあったっけ? もしくはドラゴンが王で、リザードマンが難民。劣化版ドラゴンとかなりそこないドラゴンとしてバカにされる?

主人公は僧侶。難民をかばい、匿い、住民との融和に導く。

今回やりたい「物語としてありきたりでないような工夫」。
問題解決の試みが複数示されて、どれが達成されるかわからない。

問題 : 隣の魔物の国からモンスターの難民が逃れてくる。
* モンスターなんだから倒そう(つまり殺そう)
* 難民なんだから保護して村で受け入れよう
* そもそも魔物の独裁者が支配する魔物の国なんてものがあるからいけない。独裁者を倒そう。

これだとちょっと違う気がするな。
もし難民たちに疑わしい要素が全く無いなら保護するのが正解になるし、もし難民を装ったスパイだったら倒すのが正解となる。
そうではなく正解がない問題もしくは複数の不完全な正解があるというような問題であるといい。

ミサイルの要素を出すべきか?
独裁者は失敗続きとはいえ非常に危険な実験(隕石を落とす禁呪とか、いや過去作から既存の該当のものを探すべきか)を繰り返している?
それをやめさせるというのが目的?

難民問題自体は解決すべき問題ではない気がするな。付随エピソードにすぎない?
たとえばその独裁国が舞台となる村または周囲の国に対して無理な要求を突きつけてくる。これが問題となる。
* 従う
* 軍を送って対決する
* 暗殺者を送って暗殺する
* 経済的に封鎖して困窮させる

部分的な成功に留める?
独裁者モンスターが隣国に、「これこれをよこせ、さもないと禁呪でヤマタノオロチを復活させてけしかける」と脅す。
* 根本的解決 : 独裁者モンスターを倒す
* 部分的解決1 : ヤマタノオロチの復活を止める
* 部分的解決2 : 復活したヤマタノオロチを倒す
* 部分的解決3 : 要求を飲む

要求と脅し。
要求はドラクエ的に解決するか。「予言では勇者が誕生するのが今年だから探し出して引き渡せ」とか?
脅しは北朝鮮のミサイルを象徴したい。実際に実行可能なことが示されるがまずは別のターゲットに対して実行される?

北朝鮮ミサイルでのキーワードは「上空を通過」だったから、空を飛ぶ魔物を派遣して破壊を行わせるという脅しがいいと思う。
「封印を解く」「封印を解くのの阻止」だと、独裁者側からすれば再度封印を解けばいいよねということになって部分的解決とすら言えない感じになる。なので封印解除の阻止・復活の阻止系の解決は無しとする。
空を飛ぶ恐ろしい魔物というとスカイドラゴン系のモンスターという印象。じゃあスカイドラゴンでいいや。スカイドラゴンを派遣すっぞという脅し。
すると独裁者は脳筋タイプより頭脳タイプがいい。だいまどう? 悪魔神官?
魔術師系モンスター間で差別がある? 1系、2系、4系…
もしくは魔物使い/竜使い的モンスターっていたかな。

勇者がいないというのをひとつの特徴にしたい。
「勇者を引き渡せ」→勇者が見つからない だと、読者にイラつく謎を残すことになって良くない気もする。
大魔王を倒す際に必要なアイテム=光のオーブをよこせ、とかどうだろう。

あーでも待て。まだ戦えない勇者が出てもいいな。

難民が逃げてくる
→住民が疑う
→疑いを解きたいならいま国中で探してる勇者とかいうものを見つけ出せ
→難民たちが見つけ出す。モンスターだった? まだ赤子である?
→世界を良くするには勇者は守るべきということで見つからなかったと嘘をつく
→村人としては「じゃあ殺そう!」となる
→殺されればそれはそれで美しい気もする。私の主人公としてはここでもかばうだろうが。

ああでも勇者を出してしまうと勇者が魔王を倒すまで描かないといけない感じになるな。


買い出しに行かねば。一旦投稿。
| マンガのアイデア | 14:01 | - | - | permalink |
17071101
次のシーンの設計。
おそらく作業は週末になるだろう。平日はドラマデアデビルシーズン2を観るのに費やされると思われる。

怪獣の名前、バンドン(BANDON)にしよう。ウルトラセブンのパンドン(PANDON)に似てるけど一文字違うし、語呂は非常に良い。

バンドンが迎えに来る。
ナカヨシたちでバニラを送る。
マーメイドが別れを惜しむ。
バンドンが謝意を述べる。
バンドンとバニラが怒りを表明する。
バンドンが人間への報復の意志を述べる。
ナカヨシが、対象を人間と広く設定すると戦争になるので人守会に絞ってほしいと要望を述べる。

交渉の中身を設計すべきだな。

スタート時:
* 人間に報復する
* 首都を蹂躙する構想

最終的に修正される形
* 怪獣人間への迫害は犯罪であるという法を定めることを約束させる。

途中経由地点
* 報復の対象は人守会に限る。
* 殺人は犯さず、彼らの武力を集めた基地を襲って武力を破壊することで手を打てないかと要望する。


ひとを殺さないように要求させる。
怪獣側としてはあいつらが先に殺そうとしてきたという論法。目には目をの法則で言えば正当性はある。
説得の角度。
* 殺してしまったらさらなる復讐を呼ぶ。やはり戦争になる。
* 彼らの行動を変えることが目的なのだから脅しをかける程度で十分。
* 保有する兵器を破壊すれば脅しになるし金額的損害が大きいので再建は難しいだろう。

バンドンはこのエピソードでは確たる答えは返さず、「お前たちの言いたいことはわかった。後は俺達の問題だ」とかみたいに曖昧なことだけ言って、バニラとともに去っていく。
| マンガのアイデア | 00:37 | - | - | permalink |
1/40PAGES | >> |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES