Memo - Love & Comic - いしいたけるのマンガのサイト

Love & Comic 本サイトへ戻る

18051201
脳への浸透力が低いだろうと思って息抜きに始めたはずの艦これが浸透力が非常に強く、平日は艦これマンガばかり描いてしまった。
艦隊これくしょんのマンガ

推しは今のところいなづまちゃんになっています。

土日は創作の作業を進めるぞ!

描くべきオリジナル創作のアイデアを持っている状態でゲームの二次創作を描いてる現状が一番心安らかなのかもしれない。二次創作だけずっと描いてると「でもこれ自分の作品じゃないしな」「オリジナルを考えるべきだ」という思いが強くなっていくので。

でもせっかく創作マンガに取り掛かっているのに二次創作に意識がとられてるせいでオリジナルのクオリティがなおざりになったら本末転倒だ。
ヒロインが登場するところまで下書きが進めばモチベーションが上がるはず。

とにかく作業!
| マンガについての考えごと | 06:50 | - | - | permalink |
18050701
艦これでマンガを描くと思ってもみなかったほど反響が大きいのでつい描いてしまう。
んだけど、艦これに脳をとられすぎて取り掛かっている途中の創作マンガのほうのやる気が減ってしまったら本末転倒だ。創作マンガの息抜きに始めたゲームが艦これなんだから。

創作マンガの方は少しずつ下書きを進めている。まだヒロイン登場の所まで来てないが、ヒロインが登場するページまでくればモチベーションも高まりやすいだろう。

仮に優先的に取り組んだとしても艦これネタもすぐ尽きるだろうし、バランスよく取り組めればいいね。
| マンガについての考えごと | 01:28 | - | - | permalink |
艦これ転向について考える


艦これは今のところ初期艦に選んだいなづまちゃんが贔屓なんだけど彼女は初期艦に選ばれる率が第一位だそうですね。検索した記事によると4割弱!
選択肢は五人だから圧倒的支持率だ!
うーん私も結局人気キャラに惹かれるだけなのか…

考え事。

私は艦これを長い間思想的理由で遊ばないということをポリシーにしていた。
つまり、軍用艦は兵器である。特に艦これの元ネタになっているのは第二次世界大戦のもの(軍用艦や事件)が多い。萌えキャラを利用して軍用艦や第二次世界大戦への親しみをオタクに植え付けるという右傾化促進の効果があるのではないか。という危惧を抱いている。

それは今でもそうだな。なので心理的抵抗感はまだ若干ある。

ではなぜわざわざ艦これを遊び始めたのかというと、艦これ二次創作の世界に魅力を感じたからというのが大きい。
先日も触れたてらじんさんの作品を始め、提督が艦娘たちと仲良くイチャイチャしてるあの独特の世界観に惹かれ、自分も自分の鎮守府を描きたいという欲を感じる。

ちょっと立ち止まって自分自身の右傾化リスクのチェックをしよう。

確かに軍用艦への親しみの感情は大きく湧いている。
現状で贔屓の艦であるいなづまについての知識も少しついた。敵艦の乗員の救助にあたったとか、味方の艦と衝突して相手を沈めてしまったとか。

軍用艦や第二次世界大戦時の情報に触れる機会の増加を避けないことを右傾化と定義するなら確かに右傾化している。
しかし私としては「艦これはやるが軍国主義は拒絶する」といういいとこ取りをしたい。

認識を精密化するという戦略がまず考えられる。
軍用機大好きな宮崎駿なんかはよく「兵器好きと戦争好きとは違う」みたいなことを言ってなかったか。
これでいこう。
艦これは好きだが戦争は嫌いであると。

でもこれ実は、今までも普通に遊んでいたデスティニーとかガンダムとか、戦争を扱ったゲームであれば大抵のものに言えるんじゃないか。

いやでも待てよ。
艦これは史実を扱う。ミッドウェー海戦とか。フィクションと史実とでは重みが違う。ゲームで扱うことで美化して認識し、太平洋戦争肯定に傾きかねないのでは?
いや、どうも違うな。まるで私は「接すること、知ること自体が肯定である」という前提を持ってしまっている気がする。
現時点ではミッドウェー海戦やなんかの太平洋戦争の史実の詳細を知らない。今後も知ることはないだろう。しかし、艦これ経由で知る可能性はある。正しく理解するためにはまず知識が必要で、艦これ経由で歴史の知識がつくのならむしろそれは啓蒙的なんじゃないか。戦争を知らないで否定するよりも戦争を知った上で否定したほうが良い。知るための入り口として艦これは機能し得るのではないか。

例えばさっき書いた、いなづまの乗組員が敵艦の乗員を救助したエピソード。人道的エピソードではないか。太平洋戦争が鬼畜米英と洗脳された兵士だけで行われていたわけではないということが判る…かもしれない。鬼畜米英の教育をしだしたのとこの事件があったのと前後関係調べないといけないが。

うーん。言い訳じみているな。


私の恐れる着地点は、艦これなどのコンテンツ(アズールレーンとかガールズアンドパンツアーとかも入ってくるのだと思う)を愛するあまり、戦争(特に太平洋戦争)を是なるもの・正しいものとして肯定し始めるということである。

うーむ。

これは、別に難しいことじゃないかもしれないな。
殺人事件を描く探偵ものフィクションが殺人を肯定しているわけではない。
ロリコンえろまんががロリコン性犯罪を肯定しているわけではない。
フィクションであるからこそ危険物を取り扱い得るということでもあるかもしれない。

そんなところにしておくか。
「本物の戦争を好きにならないように注意しながら艦これを遊んでる」みたいに言っておこう。

| マンガについての考えごと | 20:12 | - | - | permalink |
18050401


創作マンガの息抜きに艦これマンガを描く。

今日明日中には創作マンガの方の第一ページ目を描いてしまいたい。1ページ目さえ描けてしまえば作業が軌道に乗る確率がぐんと上がるので。

艦これに脳をとられすぎないようにというのが現在の警戒点ですな。
| マンガあり | 10:49 | - | - | permalink |
18050301
考え事。

現在は脚本を練っているところ。

台詞を真っ直ぐにするかふざけさせるか問題について。
なるべくコメディ調にしたいので台詞をデッドプールみたいにふざけさせたい。

「そこのおまえ!待て!」「待てと言われて待つやつなんているかよ」みたいにヒネリのない台詞にするとつまらない。
「そこのおまえ!かに座だったら待つことが今日のラッキーアクションだぞ!」「えっまじ!俺かに座だよ!でも木曜日は占いと逆のことをする日に決めてるんでね!」みたいにすれば、面白いかどうかは置いておいてヒネリは効く。

で、ひとつの方針を定めたい。
* 重要度の低いお決まりの台詞はなるべくふざける。
* 重要な台詞は誤解なく意味が伝わることを優先する。

「何っ!」とか「ぶっ殺してやる!」みたいなお決まりの台詞は省略すら可能な決まり文句で、実は吹き出しの中にどんな文字列が入っていても大した違いがない。
なのでそこはひねっていく。

愛の告白だとかの重要なシーンは、捻った言い回しよりも重要な「聞きたい台詞」がある。そういうところでは意味を優先する。
「僕と結婚してほしい」みたいな台詞があり、ヒロインによるそれへの返答の台詞を考えるとする。
「日ペンの資料取り寄せないとね」みたいにひねった台詞だと通じないかもしれない(婚姻届にサインしないといけないだろうからきれいな文字を書けるように美文字の稽古をしないといけない=答えはイエスだといっている)。
なのでこういう重要な箇所では「いいよ」みたいに工夫がないぶん意思が誤解なく伝わる文字列をチョイスするべきだろうという判断。


作業の合間に休憩がてらなにかゲームをやりたいなと思ってやるゲームを探していた。
気合の入ったゲームをするならスイッチのゼルダやスプラトゥーン、PS4のファークライ5をやりたいんだけど、今ガッツリしたゲームをやって脳をゲームモードにしたくないからちょこちょこスマホゲームをインストールしてはアンインストールするというのを繰り返していた。
そしてついに私も艦これに手を出し始めた。
艦これは兵器が元ネタなのでどうも思想的に躊躇があり手を出してこなかったんだけど、Twitterでつながっているてらじんさんという方の艦これ二次創作がすごく好きで、それでやってみる気になったのですな。
初期艦にはいなずまちゃんを選んだ。ちっちゃいくせに母性に溢れてて「この子を選ぶようなのはダメ人間だろ」と思いつつ数十分悩んだ挙げ句選んだと。

創作マンガの息抜きに艦これマンガをちょこちょこ描いてもいいかもですな。脳のモードを奪われない程度のコミット深度で。創作マンガ第一!


アイカツフレンズの第一話を見た。
アイカツやプリパラ、一時期重点的に見ていたけれど、アイドルものは私がディープに関わっていくジャンルではない気がするというのが現在の結論かな。
この前アイデア出しの際に女の子のかわいいところを目撃しようと思ってアイカツのステージパートを動画で見直していたんだけど、やはり歌と踊りが素晴らしい。で、歌と踊りの表現はマンガ向きではない。アニメ、動画向きだ。
私が力を入れやすいのはお話を作るところであって動画を作るところではない。アイドルジャンルをきちっと作っていくなら動画表現に行くのは避けられないなと感じる。なので、私の趣味嗜好とアイドルものジャンルとは相性が噛み合わないように感じる。
なので、アイカツクラスタやプリパラクラスタのようなディープなハマり方ではなく、好きな作品のひとつ程度の深度に落ち着きそうだ。

作業の続きしよう。
| マンガについての考えごと | 23:01 | - | - | permalink |
18043001
主人公の僧侶。



* テーマカラーは緑と黄色。
 * 最近読んだネット記事によると人を元気づける色らしい。
 * 自然をイメージした色。
* 武蔵坊弁慶のような頭巾(裏頭頭巾 かとうずきん)。
 * 戦闘力がある僧侶なので。
 * フードを外しても首を隠すことができる。
* 袖が大きくてゆったりしてる。
 * サンドマンが隠れているのが袖の中。

他にデザインしておくべきもの。
* サンドマン
* エルダードラゴン
* 教会とその周辺の舞台(参考写真を決める)
* 竜の洞窟(参考写真を決める)


サンドマン 手のひらサイズ


エルダードラゴン 5メートル位?

| マンガについての考えごと | 11:03 | - | - | permalink |
18042901
敵対者のデザイン。
主人公が和風の僧侶なので敵対者は一神教的な神父のイメージ。
主人公は自然信仰に近く、緑や黄色と言ったナチュラルカラー。
敵対者はモノクロ。

既存のキャラ・人物にモデルを求めていった結果、アメリカの第七代目大統領アンドリュー・ジャクソンをチョイスした。奴隷農場主。



敵対者はあんまりパワー入れては描かないだろうから設定も軽めで。

敵対者にも好かれる要素を入れると深みが増す。工夫できるかな?
原稿に入ってからその場で思いつく即興みたいな末端のレベルで愛嬌要素が入れられればいいか?


「感情から書く脚本術」からの学び。
未来に期待をもたせることで読者の興味を維持させる。
どういうことか。

例えば作戦会議のシーン。これこれこういう手順で行動するよと、未来の予定を説明する。すると読者はその作戦が終わるまでは未来が気になる。作戦通りに行くのかいかないのか。
さらに言えば、作戦会議の出席者の誰ひとり知らない「失敗の原因となりそうな要素」を読者は知っているとする。すると、作戦の成り行きがより気がかりになる。

このタイプの展開が構造に取り入れられてるのは… オーシャンズ11とかじゃないかな。大きな犯罪計画を描くもの。

最近見たアヴェンジャーズインフィニティウォーで言えば…
以後ネタバレ含むだろうので未見の方は注意。

未来を予告するシーン。
* 「サノスがやってくる」と地球に伝える。
* 俺は武器を作るためにどこそこへ行くと言って出発する。
* リアリティストーンを守るためにノーウェアに行こうと言って出発する。
* 自分が頼んだらお前の手で殺してくれと約束させる。
* ストーンが揃えば指を鳴らすだけで何でも実現可能だと予告する。
* 即席メンバーでサノスと戦うための作戦会議を行う。
* ストーンを手に入れるには犠牲が必要だぞと忠告させる。

先の展開を予告したりほのめかしたりすることは基本テクニックなんだなということが理解できた。
逆に言えば、何を期待して見ていればいいのかわからない作品は見てるのがキツイんだなということだ。関わっている事件もないような日常物で、主人公たちが何をしようとしているのかの言及もなくただ時間が過ぎていくのを眺めているようなのは辛い。街に買い出しにでかけたら偶然昔の恋人に鉢合わせるかもしれないけど、突然イベントが起こるのと予告がされているのとでは期待度が違う。友達か何かとの会話で「そういえばあいつこっちに帰ってきてるらしいよ」みたいな情報が予め提示されていれば、わざわざ鉢合わせそうなところに出かける心境にも感情移入できるし「出かけたら会えるのかな?」みたいな注目ポイントを読者に与えることもできる。

pixiv企画マンガで私のキャラはよく「自分はこれこれこういう考えだからこれこれこういう方針で行動しようと思う」という予告をわざわざするだけの投稿があるんだけど、無意識にやってたけど結構重要なアクションだったのかもしれないな。


先の行動の予告以外にも未来を予感させるテクニックと言うとあといくつか紹介されてた気がする。
* 謎の提示。読者に好奇心をもたせてその開示まで興味を維持する。
* 読者にだけある情報を開示する。登場人物たちがそれに気づかないことに読者が気をもむ。時限爆弾が仕掛けられてるとか。
* 読者にだけある情報を開示しない。謎掛けと似てるか。情報が明かされるまで読者の興味を維持する。

ひとつの工夫が興味を引いている時間がものの数秒であるような細かいレベルのものから作品全体に構造を与える大掛かりなものまである。とにかくなるべくこういう工夫入れるといいぞということみたいだ。
| マンガについての考えごと | 21:43 | - | - | permalink |
18042801
竜のヒロインのカラー考え。


* 顔面を人間の肌にするか竜の肌にするか。
* どういうカラーリングか。

どうも、顔面は人間肌のほうが自分の好みだ。

色は青ベースで考えてたんだけどマーメイドと丸かぶりするので褐色肌ベースにすることでずらそうかと思う。

大人時、少女時、幼女時
| マンガのアイデア | 20:34 | - | - | permalink |
18042701
アイデア練り。
キャラデザイン。

主人公はいつものナカヨシのバリエーションだろうから後回し。今回はちょっとロマンチックな展開にしたいので年齢をそれなりに若く。20代。
僧侶で、マントを羽織り、首の隠れるマフラー的なものをつけて、簡単なキャンプ用品が携帯できるようにバッグを持ってる。
* マント : サンドマンが隠れてる
* マフラー : 首の蛇の呪いを隠す
* 荷物 : 料理を作るくだりがあるので

まず重要なのはヒロインだ。

竜の亜人。
* キバ
* ツメ
* 尻尾
* 翼が片方
* 目は爬虫類系にする?
* 舌も蛇っぽく?

髪型と性格をどうするか。
ぱっつん前髪だと私のいつもの脳内嫁のえりかさん系になる。スターシステムに乗っかる。
しかし、女子キャラは今後は作者にメリットがある脳内嫁としてではなく読者にメリットのある感情移入ターゲットとして作る方針ではなかったか。
髪型の選択はそのへんの決断を必要とする。一旦保留。

性格。
モデルはダーリンインザフランキスのゼロツーなので、特に幼少時はゼロツーが下敷きになる。
* 人間味が少ない
* 獣的
* 知能レベルは? 会話シーンがあるから言葉がわからない程度まで低いと困る。

大人の姿と少女の姿のときのイメージがつかめていない。
幼女のときは野生寄り。ガウガウ言ってる感じ。一人称を名前で呼ぶような… 名前あるのか? 誰が付けたんだ?
名前をつけてあげる必要があるのでは?

大人の姿の性格付けを決めれば中間の少女時の性格もだいたい分かる。
いつものえりかさん系だったらどうなる?
* クールな感じ
* 低出力な感じ
* 感情表現は豊かではない

今回の竜のヒロインは?
作中の時間は凝縮しているわけだから少ない根拠で巨大な影響となってあらわれてもいい。
主人公によるポジティブな声がけによって成長するので、光属性の育ち方をするはずだ。真っ直ぐで素直な感じ。

かといってハーレムもののヒロインのようにただ主人公をいい気分にさせるためだけの存在にはしたくない。読者が感情移入できるようであるのが理想だが。
あーでも待てよ。どうも、感情移入というのは、物語の展開が作るものらしい。そのキャラがどういう性格なのかという静的な要素ではなくそのキャラがどういう事態に巻き込まれるのかという動的な要素が重要らしい。これは「感情から書く脚本術」からの学び。
さかなに感情移入することは出来ないが、迷子の息子を見つけ出したくて必死に探し回るさかなには感情移入できる。するとさかなであることは実はどうでもいい。

ヒロインの性格設定も、読者に感情移入してほしいという観点から言えばどうでもいいのかもしれない。だったら自分の好みで設定してしまってもいいとも言える。

うーん。

うむ。今回はスターシステム導入してえりかさんでいこうかな。
ドラクエのマンガとメフィストフェレスのアイドルではあえてえりかさんキャラを避けた。結果、彼女たちは揮発性のキャラになった。作品を超えてキャラとしての一貫性が継続するというスターシステム棚には並ばなかった。

今回のお話は愛のお話でもあるんだけど、そうするとヒロインをえりかさんにしたいという気持ちが強く動く。読者の感情を動かすマンガを描きたいわけなんだけど、ということは描き手である私の感情が強く動く要素には素直に従うべきではないか。
なので、ヒロインの描き方に課題を設けるなら、えりかさんを避けるという方向の努力をするのではなく、えりかさんのキャラを深めるという方向の努力をしたほうが得るものがあるんじゃないか。
なんだかんだ言って10年以上描いているキャラで、私の中でスターシステムで運用されてるキャラのトップ2だし。このまま一生描き続けて深めていくのが良い。比較的新しいバリエーションではヒーローズアンドヴィランズのマーメイドと、ガチャ巫女さん。

どう深めるか。今回の役によってどういうチャレンジをするのか。
目標としては?
* 読者に感情移入してもらう
* 読者に好きになってもらう
* 表現するものを深める
* より自律的に動いてくれるようにキャラクターを深める

キャラを深めるヒントのひとつに「自分の人格の一部を分与する」というのがあった。
ナカヨシとえりかさんとで似たところを作る、ないし見出す。
哲学を持つところ? 理屈っぽさ? えりかさんはいつも理屈をこねない。今回の竜のヒロインも理屈をこねられるほどの教育を受けていない気がする。そこをあえて理屈に寄せていく?
えりかさんは10年以上描いている割には特徴が少ない。そこがミソなのかもしれないが。人形っぽいというか空虚というか。ドラクエの主人公のような空虚の器なのか?
無感情系ヒロインとは言えるな。えりかさんの直接のもとになったキャラはエロゲ「虜ノ姫」のヒルダだ。
そうか。それが特徴だった。無感情系。低出力。感情が表に出る回路が狭い。これはすでに私自身の特性が分与されているんだな。
感情をコントロール(抑圧)する回路が精神に備わっていて、それの働きが強いというさまではないか。

成長するごとに… 落ち着いていく。調和の取れた人格になっていく。結局完成形はナウシカみたいになるんじゃないか。悟り系。
今回の竜で言えば、竜性というのは野生のことだ。幼女の頃は野生児…というか
狼に育てられた少女のようなもの? しかし調和を得ていくのは教育によるのでは?
いや、こうだな。不安定→安定。衝動性→秩序。つまり、精神の安定は安定した人間関係から生まれる。
筋道は通るんじゃないか。

じゃあ幼女の頃の不安定さをどう表現するか。
* 洞窟の入口の結界に凶暴に体当たりを繰り返す
* 片方の羽で飛ぼうとして墜落し、悔しさで泣く。
つまり、心の反応に振り回されるという動きがあるといい。

少女形態のときは?
顕著なのは言語能力の発達であるべき。すると幼女のときはカタコト。
「うん わかった そうする」的なカタコト喋りが
「はい わかりました そうします」と丁寧語になる? 感じ取れるのは社会性。社会性?
たったそれだけの接触で社会性が身につくはずはないとかいう常識的なツッコミは不要。作中の時間は凝縮されてるし竜は神秘の生き物なので理屈は超越して良い。
重要なのはその表現が意味する内容が作品のコンセプトに沿っているかということだ。
どうも丁寧語は使わせたくないんだよね。ヒロヴィラのマーメイドが丁寧語じゃないから…
いやまて。社会性が芽生えて照れの感情が出てくる。だから感情的距離を置くために丁寧語になる。よそよそしい親戚のおとなしいいい子みたいに。
で、大人形態になって逆に口調が打ち解ける。感情に対して素直になったという表現?

すると感情に戸惑っている少女形態で主人公と一緒に寝ることになるんだけどうーん。
主人公と一緒に寝るのは幼女形態のときであるほうがいい気がする。
で、朝起きたら脱皮してて少女になっており、丁寧語でちょっとよそよそしくなってると。
「おはようございます」かな。少女形態第一声。


今日はこの辺にしておくか。
| マンガのアイデア | 00:52 | - | - | permalink |
18042601
プロットも大体煮詰まってきた気がする。
そろそろキャラクターのデザイン含めた作り込みが必要だな。ヒロインはどういう口調なのかとか。敵対者も。それぞれのキャラ名も。
| マンガのアイデア | 00:23 | - | - | permalink |
1/424PAGES | >> |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES